DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第13回 〝寒露(かんろ)〟に「蓮根と奈良漬のしゅうまいと茗荷のおひたし」を

2020/10/16

 

「蓮根と奈良漬のしゅうまい」

刻んだ奈良漬入りでバシッと

味が決まってタレ要らず

 

材料(作りやすい分量)

豚ひき肉…200g

レンコン…90g

ショウガ…1かけ

奈良漬…5切れくらい

塩…2g

しょうゆ…小さじ2

紹興酒…大さじ2

片栗粉…大さじ1

酢…大さじ1

しゅうまいの皮…10枚

 

作り方

①豚ひき肉に塩、しょうゆ、紹興酒、片栗粉を加えて混ぜ、冷蔵庫で寝かせておく(冷えているほうが、形がつくりやすくなる)

②レンコンを米粒大のみじん切り、ショウガは繊維を断つ方向にせん切りにし、酢であえる

③奈良漬はできるだけ細かく、みじん切りにする

④❶❷❸をボウルに入れ、練るように混ぜる

⑤しゅうまいの皮で❹を包み、蒸し器に入れて強火で約10分蒸す

※奈良漬の量はお好みで。たくさん入れるほど、〝おつまみ感〟が増します

 

 

「茗荷のおひたし」

スダチを絞って

爽やかな香りをプラス

 

材料(作りやすい分量)

ミョウガ…5個

スダチ…1/2個

濃い口しょうゆ…小さじ1

かつおぶし…5g

 

作り方

①ミョウガは縦半分にカットし、せん切りにする

②スダチをぎゅっと絞って果汁をかけ、軽くあえる

③濃い口しょうゆを加えて全体をざっくりと混ぜ、器に盛って、かつおぶしをかける

※ミョウガの辛みなどが気になる人は、さっと湯通ししても

※かつおぶしは混ぜ込んでもおいしい

 

 

 

>レシピや器などについてあれこれ

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter

【アートイベント】【オンライン配信】【町家】

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter
2021/12/05まで

アグネス・イルミネーション 2021

【ライトアップ・イルミネーション】

アグネス・イルミネーション 2021
2021/12/25まで

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ

【展覧会】

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ
2022/01/23まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる