DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第13回 〝寒露(かんろ)〟に「蓮根と奈良漬のしゅうまいと茗荷のおひたし」を

2020/10/16

 

アレンジの幅広さなども楽しめる一品

 

しゅうまいのタネは、餃子の皮に包んで焼いてもまた違った味わいに。「アケビを食べたあとの皮に詰めて焼くことも。タネはレンコン抜きで作って、スライスしたレンコンの上に乗せて、ハンバーグのように焼いてもおいしいですよ」と、めぐみさん。さまざまに応用できるのも、嬉しいポイントです。

また、薬味の定番・ミョウガは、おひたしにすると、意外な存在感を発揮。「ミョウガの千切りは、薄くすると口当たりが優しくなり、厚みがあるとザクザクとした食感が楽しめます。切り方で、味わいもビジュアルも変化するのが面白いです」と、由香さんは話します。メイン材料ひとつで、手早く作れる一品は覚えておくと重宝しそうですね。

 

今回の、トップ画面の器のコーディネートは、由香さんが担当。春慶塗りの三段重の一つを使い、しゅうまいやおひたしを皆で取り分けて食べるイメージで盛り付けてあります。

「実は、この重箱、以前、地域のバザーで手に入れました」と、お二人はにっこり。さすが! 可愛いもの・素敵なものは、日常のなかでも見つかるのですね~。「お重は取り回ししやすいので、持っていると便利ですよ」とも。赤みがかった透明感のある重箱は、どちらかというとシンプルな見た目のお料理も、華やかに引き立ててくれます。

 

▲菊の花を模した取り皿は、おそらく昭和の製品で清水焼団地のデッドストック。マットな白い色合いと、中心に入った赤い花芯のアクセントが気に入っているそう。

 

▲取材の終わりごろ、めぐみさんのお子さんが登場。笑い声が響く店内は、さらになごやかな雰囲気に

 

▲お子さんの幼稚園のイベントなどの様子も見ながら、11月以降は営業日を増やしていく予定とのこと

 

▲まつはの庭のホトトギス。「大好きな花。地植えしようと株を買ってきたところです」と、めぐみさん

 

 

 

―次回は〝霜降(そうこう)〟をイメージしたお料理のレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter

【アートイベント】【オンライン配信】【町家】

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter
2021/12/05まで

アグネス・イルミネーション 2021

【ライトアップ・イルミネーション】

アグネス・イルミネーション 2021
2021/12/25まで

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ

【展覧会】

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ
2022/01/23まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる