DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節季レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第3回 〝立夏(りっか)〟に「実山椒のテリーヌと新ジャガイモのすり流し」を

2020/05/05

京都の街中にありながら、お店の引き戸の扉の向こうは、ゆっくりと時間が流れる…。西村めぐみさん、由香さん姉妹が、自ら改修した京町家で営むカフェ「まつは」のそんな優しい雰囲気とお店の味を家でも堪能してほしいと始めた連載も第3回となりました。今回は、この季節になると必ず作るというお料理2品のレシピを紹介してもらいます。

 

取材のスタートは、山椒が八百屋さんの店先に並び始めるのをみるとワクワクするという会話から。友だちに誘われて、山に採りに行くこともあるそう。

だけど…、山椒って下処理がちょっと面倒な食材だなぁ、との私の思いを見透かしたように、「このテリーヌは、軸がちょっとくらい入っていても平気なんですよ」と、めぐみさん。「取れる分は除きますが、残ってても『まぁ、いい!』くらいに考えて作ってもらえたら。季節の恵みを、気軽に楽しめる自慢のお料理です」とにっこり続けます。ああ、この大らかさよ~。これが、当連載の魅力のひとつでもあります。

 

 

今年の〝立夏〟は55

〝立夏〟は、春分と夏至のちょうど中間の日。暦の上ではこの日から夏が始まるとされていて、今年は5月5日にあたります。

すがすがしいシーズン、「まつは」の中庭の新緑も美しく、風薫るという表現がぴったりです。ちなみに、庭の中央にある桂の木は6年前のお店を始める直前に植えられたもの。当時は姉妹の身長と同じくらいの高さだった木は、今やまっすぐ天へ向かうように伸び、食事で来店した庭師さんに「良い桂ですね」と感心されるほどに。この日は、桂の木の下にテーブルを運び、ホームパーティーのようなイメージで料理の撮影を行いました。

 

「実山椒のテリーヌ」は、みそを使った和風テイスト。たっぷりの実山椒がピリリとさわやか、ベースとなる鶏ミンチの生地は豆腐を混ぜこんで、しっとりとなめらかな食感に仕上げてあります。「新ジャガイモのすり流し」は、動物性のものを一切使わず、シンプルな素材のうまみを際立たせた一品。テリーヌとの相性を考えて、やわらかな味わいのままで完成としましたが、好みやシーンに応じて、粗びきこしょうを振ったり、オリーブオイルをまわしかけたりしていただくのもおすすめです。

 

>さぁ、お待ちかね。レシピをどうぞ

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節季レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

まつは西村めぐみ(姉)、西村由香(妹)

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる