グルメ・お土産

2020.05.05

 

「実山椒のテリーヌ」

 

包み焼きで、ジューシーな仕上がりに

 

材料(18㎝×9㎝のパウンド型1本分)

鶏ミンチ肉(できればモモ・ムネを半々でミックスしたもの)…500g

実山椒…大さじ3くらい

タマネギ(中)…1/6個

溶き卵…1個分

粉豆腐(なければ高野豆腐をすりおろしたもの)…大さじ4

とろろ昆布(ほぐしておく)…ひとつかみくらい

砂糖(できれば、きび砂糖)…小さじ2

合わせみそ…大さじ3

 

作り方

①鶏ミンチ肉は、冷蔵庫でよく冷やしておく

②タマネギは細かめのみじん切りにする

③深めのボウルに❶❷とそのほかの材料全てを入れ、粘りがでるまで混ぜる(鶏ミンチ肉が温まらないよう手早く混ぜること。肉の油分が流出せずしっとりと仕上がる)

④パウンド型にクッキングシートを敷いて❸を入れる。上面を平たくならし、クッキングシートで包むようにする

⑤160℃に予熱したオーブンの天板に❹を置いて水を注ぎ、湯せん焼きする(40~50分)。クッキングシートの上から押さえて、プリッとした弾力が感じられるようになったら焼き上がり(フワフワとやわらかい感触であれば、もう少し焼く)

⑥オーブンから出して冷まし、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。食べる前に、好みの厚さにスライスする

※実山椒は生でも塩漬けでも。塩漬けの場合は、合わせみその分量を減らすなどして調整を

※粉豆腐は片栗粉などで代用してもOK。違う食感が楽しめる

 

「新ジャガイモのすり流し」

味付けは塩のみ。ノンオイルで、

ヘルシーな〝和風ポタージュ〟

 

材料(4人分)

新ジャガイモ(中)…2個

だし昆布…6㎝角くらいの大きさのもの1枚

塩…適量

クレソンの葉(トッピング用)…適量

 

作り方

①だし昆布を水500cc(分量外)に2時間ほど浸けておく

②新ジャガイモはよく洗い、皮ごと6等分くらいの大きさにカット

③鍋に❶❷を入れて弱火にかける。沸騰し始めたら、だし昆布を取り出す。中火にし、さらに煮る

④新ジャガイモが軟らかくなったら火から下ろす。ハンドブレンダーで攪拌(かくはん)し、塩で味を調える(水分が飛んで濃厚になり過ぎた場合は、熱湯を足してほど良い濃度に調整する)

⑤器に注いでクレソンの葉を飾る

※今回、新ジャガイモは、なめらかな食感になるメークインを使用。男しゃくだと、ホクッとお芋らしい仕上がりになる。好みに応じてチョイスを

※ハンドブレンダーがない場合は、マッシャーなどでつぶせばOK

※熱々でも、冷めても、どちらでもおいしい。冷蔵庫で冷やしても

 

>レシピや器などについて、あれこれ

Information
店舗・施設名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/
  • 公式LINE
  • 公式Facebook
  • 公式X

RANKING
SCROLL TOP
pagetop