DIGISTYLE KYOTO

京都亀岡の良きトコ広め隊~魅力あふれる”かめじん”を訪ねて~

Translate this page :

一覧へ戻る >

亀岡でもぞくぞくスタート!テイクアウトマップを頼りに、おいしいもん買ってお店を応援しよう【第二弾】

2020/04/27

 

こんにちは。亀岡担当のデブ子デラックスです。

 

コロナウィルス感染症の流行が収まらず、非常事態宣言が発令されました。東京都は今年のゴールデンウイークを「命を守るステイホーム週間」と位置づけ、外出自粛を強く求めているほどです。

 

関西でも同様の動きが広がっていて、公共施設や娯楽施設が休業になったり、飲食店ではテイクアウトのみの営業になっていて、亀岡も例外ではありません。私がよく行くお店も、ほとんどがテイクアウト営業に切り替わり、店内でくつろげず寂しい日々を送っています。

 

辛く苦しい状況ですが、どのお店も生き残りをかけて必死で頑張っておられます。これからも営業してもらいたいから、少しでも売上に貢献したい…!

 

そんな折、亀岡市では「出前でうちメシ応援キャンペーン」がスタート。自宅での食事がオトクに楽しめるように、世帯ごとにクーポンチラシが配布されています。クーポンの使用は「亀岡うちメシ応援キャンペーンマップ」に記載の登録店舗に限られるようですが、割引になるのはありがたいですよね(かめじんがうらやましい)!

 

また、サンガスタジアムに関わっている安田良平さんという方が、独自にマップを作成されています。「亀岡でテイクアウト&おみや(お土産)ができる飲食店」というマップで、100店舗以上の情報が集められています。とても便利でわかりやすくて愛用しています。

 

ということで、今回も安田さん作成のマップを頼りにテイクアウトしましたのでご紹介します。かめじんもそうでない方も、参考にしていただければと思います。

 

※メニュー内容や営業時間など、いずれも4月24日現在の情報です。状況は日々変化していますので、来店の際は最新情報をご確認ください。

 

1.旬菜佳肴 Kocorono(しゅんさいかこう こころの

JR馬堀駅からから徒歩5分ほどの場所にあり、地元野菜や産地直送の新鮮な魚介がふんだんに使われた、和食がいただけるお店。普段はカフェのような和モダンでカジュアルな雰囲気の中、コース料理が味わえます。ランチは1,500円(税別)からとリーズナブルで人気があります。

 

以前から弁当販売はありましたが、現在は加えて惣菜や刺身も販売されています。今回は「松花堂弁当」1,500円(税別)を購入しました。前菜盛り合わせ、造り、天ぷら、自家製ちりめん山椒が乗ったごはん付き。

 

蓋を開けた時の、見た目の美しさに目を奪われます。そしておかずのどれもが、丁寧に作られていておいしい!刺身の下には保冷剤が敷かれていて、細やかな配慮もうれしいです。和食なので、老若男女違和感なく食べられるのでは。ちょっと贅沢をしたいときや、頑張った日のご褒美に良さそうです。

 

お弁当は全4種類で、オードブルも注文可能ですが、いずれも前日までの要予約。惣菜は当日でも買えますが、完売次第終了なので、予約をした方が確実です。その日の内容はFacebookで告知されますの、参考にしてください。

 

<旬菜佳肴 Kocorono(しゅんさいかこう こころの)>

住所:京都府亀岡市篠町馬堀南垣内21-30

電話: 0771-55-9063

営業時間:11:00〜19:00(通常営業無期限自粛中)

定休日:月曜日

アクセス:JR馬堀駅より 徒歩約5分

Facebook:https://www.facebook.com/kocorono.103/

 

2.りょうり洒落(しゃらく)

1998年創業、JR亀岡駅徒歩1分のほぼ駅前にあるお店で、長らく市民に親しまれている料理屋。落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりと食事が楽しめます。

 

ランチは2種類用意されていますが、限定20食のハンバーグランチがイチオシで、ファンの多いメニューです。テイクアウトできるのは「ハンバーグランチ」900円(税込)のみ。ソースはデミグラスソースかポン酢から選べるので、今回はポン酢で。売り切れることもあるので、電話で予約をして購入しました。

 

厚みのあるハンバーグは、ふんわりしていて優しい味わい。柔らかいけど肉の旨味がしっかり感じられ、とてもおいしく食べごたえもありました。さっぱりポン酢と大根おろしの相性もバッチリでした。たっぷりの野菜に副菜、みそ汁がついて900円はお値打ちですよね。気合いを入れたい日は、洒落のハンバーグでお肉チャージしてみては?

 

テイクアウトの他、通常営業していて飲食が可能ですが、ランチタイムのみの営業ですのでお気をつけください。袋は有料で30円必要なので、マイバッグ持参でお願いします。

 

<りょうり洒落(しゃらく)>

住所:京都府亀岡市追分町大堀17-1

電話:0771-25-8441

営業時間:11:30〜14:00

定休日:日曜日

アクセス:JR亀岡駅より 徒歩約1分

Facebook:https://www.facebook.com/sharaku1998/

 

3.スペイン料理 Sarten(サルテン)

スペイン語で「フライパン」という意味のサルテンは、2019年8月にオープンしたお店です。オープンして1年弱ですが、すでに人気で予約が取りにくいほど。カフェのようなオシャレな店内で、パエリアなど自慢のスペイン料理が味わえます。

 

4月半ばよりテイクアウトのみの営業になっていて、店内飲食は不可。「おうちサルテン」という、テイクアウトメニューが並ぶページが開設されています。昼メニューは2種類あり、今回は「パエリアランチセット」1,500円(税別)を注文。パエリアは、海の幸のパエリアか、鶏とキノコのパエリアから選べるので、鶏とキノコのパエリアに。他に焼き野菜が付きます。

 

美しく盛られたパエリアは、間違いなく食欲がそそられるやつ!味付けはもちろんシャキシャキな野菜も、大ぶりな鶏もめっちゃおいしい!自宅で絶品パエリアが食べられるなんて幸せです。なお、パエリアランチは前日までの予約制で、今後内容が少し変わるとのことなので、注文の際にご確認ください。

 

夜はパエリアの他、前菜やアヒージョ、メイン、デザートとたくさんのメニューから注文できて、さらに魅力的です。予約は電話・メール・Instagramのダイレクトメッセージのいずれかでお願いします。

 

<スペイン料理 Sarten(サルテン)>

住所:京都府亀岡市横町41アーバンライフ吉祥105号

電話:0771-55-9801

営業時間:ランチ・11:00〜14:00/ディナー・17:00〜20:00(予約のみ)

定休日:月曜日

アクセス:JR亀岡駅より 徒歩約15分

ホームページ:https://sarten-takeout.jimdosite.com/

 

5.cafe nouka(カフェ ノウカ)

JR千代川駅から山手を目指し、「森のステーション かめおか」を超えた集落にある古民家カフェ。ギャラリーとしても活用されていて、展示会も定期的に行われます。

 

オーナー夫婦を中心に数名のスタッフで切り盛りしていますが、店名の通り本業は農家。農家ならではの自家栽培のお米や野菜がふんだんに使われていて、旬の味が活きたランチがいただけます。

 

現在はテイクアウトのみで、「vege lunch box」1,080円(税込)の他、惣菜やドリンクが販売されています。内容は週替りで、この時のメインは手作りがんもの蕗のあんかけ。ほかに、たけのことスナップえんどうの和風バター炒めや、じゃが芋の春菊のジェノベーゼソース和えなど、とれたて野菜を使った副菜が並びます。別添えのごはんには、この地区名物のチョロギも入っていて、どれも色鮮やかでおいしそう!素材から元気がもらえそうです。

 

店内では、野菜やお米も販売されているので、一緒に購入して自宅で料理するのもいいですね。

 

ランチBOXは前日までの予約制ですが、この先内容が変わるかもしれないとのことなので、詳細はお問い合わせください。

 

 

<cafe nouka(カフェ ノウカ)>

住所:京都府亀岡市宮前町神前障子53

電話:0771-26-5648

営業日時:木・金曜日・11:30〜15:00/土曜日・11:30〜17:00

アクセス:JR千代川駅より 亀岡市ふるさとバスで15分

ホームページ:http://cafe-nouka.com/

 

ほかにもたくさんのお店で、テイクアウト販売が行われているので、Googleマップやさまざまな情報を参考にしてみてください。無理に出かける必要はありませんが、気になるお店があれば、応援の意味も込めて利用してみてはいかがでしょうか。

収束の兆しが見えない状況ですが、おいしいものを食べて元気に乗り切りましょう!

 

>>亀岡でもぞくぞくスタート!テイクアウトマップを頼りに、おいしいもん買ってお店を応援しよう 第一弾はこちら!

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

京都亀岡の良きトコ広め隊~魅力あふれる”かめじん”を訪ねて~一覧

デブ子デラックス

ライター:デブ子デラックス

生まれも育ちも住まいも京都市西部の、走って撮って食べて書く「食べランライター」。街ナカより南丹や京丹波など地方が好きで、趣味は食べ歩き・写真・マラソン。明日死ぬかもしれんから、今日食べとく今日行っとく今日会っとくがモットー。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる