DIGISTYLE KYOTO

京都の市&マルシェで遊ぶ

Translate this page :

一覧へ戻る >

【ル・マルシェ】京都でおフランス気分を味わえるスポットへ♪

2017/05/23

ギラギラと日差しがまぶしい、五月晴れの5月21日、京都百万遍の「ル・マルシェ」に行ってきました!

毎月1回日曜日(不定期)開かれる、ena farm主催、アンスティチュ・フランセ関西が共催のイベントで、ガーデンにフランスの食材や手づくりのパンやスイーツ、お惣菜、雑貨やアクセサリーなどが所狭しと並びます。

 

時間によっては、アーティストの素敵な演奏を聴きながら、テラスでお食事やお茶を楽しむことができるのだとか。

私たちは10時30分ごろに到着したため、あいにく耳にすることはできませんでしたが、フランスのマルシェの雰囲気はしっかり味わえました。

 

蚤の市や手づくり市に行く際は、欲しいものの目星を立てて向かいますが、マルシェは「雰囲気をとにかく楽しむ!」が私の信条です。

 

それでも、はちみつをすすめられ「美味しい!」と、購入しました。「B.I.O.NC」さん。ニューカレドニアのはちみつを紹介しているそうです。

 

ちなみに、ニューカレドニアはフランス領ですね。行ってみたい!

 

フランスにちなんだお店が多いのかと思いきや、そうでもなくて、敷地内にはスペインのパエリアやベルギービールも売られています。

 

あまりの暑さにのどを潤したく、美味しそうなソーセージに惹かれて、「Doitsu Link」さんの、ドイツ焼きソーセージ2本+ポテトサラダドイツ風手創ピクルス入550円と、白ビール500円を購入しました。

このソーセージが、ほんっとうに美味しかった!

お肉の歯ごたえがしっかりしていて、ジューシーなの!お土産に買って帰ればよかった。

 

この日は夫と、2歳になる双子の娘も一緒で、彼らは鞍馬口が本店の「Latte Art Junkies Roasting Shop」さんの、アイスコーヒー400円とキウイ・スムージー600円、オレンジのパウンドケーキをチョイスしていました。

 

青空の下でいただくお食事は、ほんっとうに美味しい。

 

暑くなってきたのと、人がどんどん増えてきたこと、双子がぐずりだしたこともあって早々に、おいとまします。

 

帰りぎわ「ガレットを食べている人がいる!」「焼き菓子チェックしたかったー」と、かなり後ろ髪をひかれましたが……。

 

そんな時、「いかがですか?」と「クララ茶」さんにハーブティーをすすめられ、購入しました。チャイにして飲むんだ。

 

というわけで、今回の戦利品です。

 

マングローブのはちみつ1300円と、はちみつのディスペンサー2000円。そして、チャイにもなる、スパイス茶500円でした。

また、行きたいなあと思います!

 

そうそう、後で知ったのですが、館内のル・カフェにフードやドリンクを持ち込んでいただくこともできるのだとか。

もちろん、ル・カフェが提供するお食事なども楽しめます。

これからの季節、要チェックですね。

 

スポット情報

店舗名 ル・マルシェ
住所 京都市左京区吉田泉殿町8アンスティチュ・フランセ関西、ガーデン
営業時間 時間:11:00~16:00 (毎月1回日曜日(不定期))
ホームページ https://www.enafarm.jp/%E3%83%AB-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8/

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

京都の市&マルシェで遊ぶ一覧

小野糸子

ライター:小野糸子

自作他作問わず、手作り1点ものが大好きでいずれは自分ブランドの品を作りたいが、ジャンルを定めきれていなく、少々迷走している京都在住の編集者。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる