DIGISTYLE KYOTO

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト

Translate this page :

一覧へ戻る >

京都伏見をえこひいき!?女性カメラマンが歴史を刻む。深草に新しくオープンした「伏見の写真館 これから」

2024/01/30

こんにちは!深草地域ライターのひさのんです。

新しい年になりましたね。今年はどんな1年になるのかな~?とワクワクしている今日この頃…☆

そんなワクワク気分にピッタリなとーっても素敵なお店がオープンしたのをご存知ですか?

 

墨染駅から徒歩約1分!の位置するこちらの店!

その名も、、、「伏見の写真館 これから」!!

 

こちらで素敵な写真を撮っておられるのが、この方!

中田絢子(なかたじゅんこ)さん☆

明るい笑顔がとっても素敵ですよね♪気さくで話しやすく私の大好きな方です☆

 

絢子さんは以前から深草で写真館をされていたのですが、今回こちらに新しくスタジオを移転オープンされることになりました!

 

さっそくお邪魔してみましょう!

日当たり抜群で、とっても明るいこちらは打ち合わせスペース☆

緑もたくさん置かれていて、日の光が暖かく、ゆったりした気分でお話できる空間になっています。

 

そして次は、実際に写真を撮るスペース☆

L字の照明がオシャレ!広々とした空間で良い雰囲気ですよね。

 

さて、ココでみなさんに質問です!

この写真を撮る空間ですが、普通のお部屋とは違う部分があるのにお気づきでしょうか???

この部分なのですが…

私はこの壁を見た時に、壁がまぁるくなってて、なんてオシャレな造りなのかしら~♪と思いました。

ですが、実はオシャレのために壁をまぁるくされたワケではないんです!

この理由がわかった方はかなり凄いですよ!!

 

それでは、みなさんも一緒に考えてみてください☆

 

こちらは普通のカクっとなった壁をバックに撮った写真です。(モデルが私ですみません…笑)

で、こちらがまぁるい壁をバックに撮った写真です。

2枚の写真を比べて、なんとなく違和感を感じていただけるだけでも嬉しいのですが…

モデルの表情が若干違う?…う~ん、確かに。

いえいえ!そういうことではないです!笑

 

私の頭の上を見てください。

さて、わかりましたでしょうか?

 

そうなんです!

まぁるい壁で撮った方は私の頭の上に壁の線がないんです!!凄くないですか!?

せっかくスタジオで写真を撮ってもらったのに、背景に壁の線が映り込むのはなんか残念ですよね。

でもこのスタジオではそんな心配はありません!

まさにとことん写真こだわる絢子さんだからこそ出来た計算されたスタジオ☆感動です!!!!!!!!!!!

 

このスタジオで写真を撮っていただけるのは当たり前なんですが、絢子さんは出張撮影もされていて、撮影の機材を持って、あらゆる場所に出向かれています。せっかくならお気に入りの場所で写真を残したい!という方も多いと思います。ぜひご相談されてみてくださいね♪

どんな些細なことでもしっかりお話をして、疑問点を消化してから撮影に臨めるので、安心してお任せできますよ。

 

深草の歴史を刻む写真館

さて、少し話は変わるのですが、、

みなさんはスタジオがあるこの場所。以前は何があったかご存知ですか?

 

元々この場所は別のご夫婦が何十年も「タツタスタジオ」という写真館を経営されていていたんです。

こちらが当時のタツタスタジオさんです。

きっと利用されたことがある方も多いと思います。こちらのタツタさんは4年前に閉店されてからシャッターが閉まったままでした。

それを知った絢子さんのお知り合いの方が、奥様に「とっても素敵なカメラマンさんがいるよ!その方が新しいスタジオを開くためのスペースを探しているんだけど、このスペースをもう一度写真館として使うのはどうかな?」とお話をされ、今回の移転が決定しました。

こうやって形が変わってもずっと引き継がれていくのって素晴らしいですよね。

タツタさんの奥様も「良い方にまた写真館をしていただけて凄く嬉しいです!」と仰っていました♪

 

繋がりを大切にされる中田さん

そんな深草を愛してやまない絢子さんですが、深草でスタジオをされているだけではありません!

深草地域をより楽しく、より面白くさせたいと思われていて、墨染ショッピング街の方々と協力し、様々な活動をされておられます。

先ほど、スタジオを移転されるにあたってお知り合いの方が仲介に入って下さったとお話しましたが、その方もこメンバーの1人で商店街の副会長さんなんです!

深草は本当に人と人の繋がりが深い町だなと改めて思いました。そしてそんな繋がりをとっても大切にされている絢子さん。先日、深草にある墨染寺さんで写真展を開催されました。商店街の繋がりから墨染寺さんのご主人とお知り合いだった絢子さんが、写真展をさせていただけないかとご相談され、開催が決定したそうです。

 

写真展の名前は「深草点描」

その名の通り、深草のあらゆる場所を撮った写真を展示するというもの。

私もお邪魔しましたが、何度も見ている風景なのにハッキリと場所が思い出せない。この道は何度も通ってるはずなのに…と思う写真がたくさんありました。そして写真を見ながら、どこか懐かしいような、でも新鮮さもある何とも不思議な気持ちなりました。

今回の写真展とは関係なく、絢子さんは日々伏見の町を歩きながら写真を撮られています。

特別なモノを撮るのではなく、私たちが普段見ている景色や街並みの写真です。私たちは普段なんとなく通り過ぎているモノを写真に撮ったりはしないですよね。でも町はどんどん変化し、以前そこに何があったのか思い出せなくなっていることも少なくないですよね。

絢子さんはそんな何気ない日常を写真に撮り、未来に残したいと思われています。

スタジオで写真を撮られる時も同じです。今この瞬間を写真に残すことで、その時その人がどんな風に過ごし、これからをどのように生きていきたいのかを考えることができる。そしてそれが出来るのは写真であり、写真館の使命である。

そんな想いを持って、日々たくさんの写真を撮られています。だからなのか、絢子さんが撮られる写真はとても暖かく、優しい人柄が滲み出ているように感じます。

これからもこの深草で、写真館を通してたくさんの方と出会い、レンズを通してたくさんの歴史を残していきたいと仰っていました。

 

私個人としては、また深草の写真展を開催していただきたいなと思っています☆

 

いかがでしたか?

とっても素敵なカメラマン中田絢子さんに、人生の素敵な瞬間を撮っていただきたくないですか?

想像しているより何倍も何十倍も素敵な写真になること間違いなし!ですよ(^^)

 

気になった方はぜひ一度、「伏見の写真館 これから」を検索してみてくださいね♪

 

※事前予約制です

スポット情報

店舗・施設名 伏見の写真館 これから
住所 京都市伏見区深草北新町641-2
交通 京阪墨染駅下車 徒歩約1分
ホームページ https://nakatajunko.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト一覧

ライター:國賀緋沙乃(ひさのん)

日々、子どもと一緒に出かけられる場所を探している深草在住のママライター。2人の子どもを育てながら、ママ同士の繋がりを広げるために親子で参加できる講座などをしている。好奇心旺盛で人が大好き!喋り始めると止まらないが、実は人見知り。 子育てを頑張るパパママにほっこりできる場所や情報を届けたいと思っています!

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる