DIGISTYLE KYOTO

京都ご利益めぐり~最高の「縁起もの」を求めて

Translate this page :

一覧へ戻る >

御利益その3 【インコ・文鳥守り】がん封じ・健康・因幡堂(平等寺)

2019/07/12

思わず「可愛い!」と、叫びたくなるようなお守りたち

 

こんにちは。

最近パンダライターを名乗り始めた二木です。

パンダ好きなんですよね…可愛いから。

 

さて、みなさん可愛いものはお好きですか?可愛いものって、一つ持っているだけでちょっとテンション上がったりしません…?今回は持っているだけでテンションがあがる「in幸(インコ)守り」をご紹介します。

 

可愛すぎる鳥のお守り

 

セキセイインコの「in幸(インコ)守り」

 

見てください!こちらを見つめる無垢な瞳!可愛すぎる!!

これが因幡堂(平等寺)の「in幸(インコ)守り(1体 500円)」です。無病息災のご利益を持つお守りで、写真のセキセイインコの他に、オカメインコ、さらに文鳥(4色)があります。

 

文鳥の「in幸(インコ)守り」は、白、黒(桜文鳥)、シナモン、シルバーの4種類。写真はシルバーです

 

なぜこんなに種類があるかというと、参拝者の「うちのコと同じ種類のお守りが欲しい!」という声に耳を傾けた結果、オカメインコや文鳥(に至っては4色も!)が誕生したのです。さすがお寺…慈悲深い御心に感謝です!

 

文鳥は4種類も!並んでいる様子もたまりません……!!

 

お守りが生まれた意外な理由

 

セキセイインコ(左)とオカメインコ(右)

 

このお守りが生まれた理由、それは子どもの健康を願う親の気持ちからでした。

小児病棟に入院している子ども達の部屋には、病気の完治を願ってお守りが飾られていることが多いそうなのです。通常のお守りだと何とも「いかにも」な感じがして、お守り独特の存在感を放っていました。子どもの病室になんともイカついお守り。「もう少し可愛いものはないのか」という親御さんの声から、このお守りが誕生したのです。

 

お話を聞かせてくれた、住職の大釜諦順氏

 

それにしてもなぜインコなのか。住職の大釜諦順氏に伺いました。それはズバリ『語呂合わせ』。幸せが来ますように、IN 幸せ、IN幸…インコ!というわけで、インコが選ばれたのです。そして、できるだけ馴染みのあるインコということで、セキセイインコとオカメインコのお守りが誕生しました。私も昔、飼ってましたよセキセイインコ。

 

本物の鳥を意識した本格派

 

たくさん並ぶと可愛さも倍増……!

 

しかもこのお守り、ちょっとした色合いや表情、模様などが非常に良く出来ているんです。そこも鳥好きさんの心をガッツリ掴むポイントに。種類が多いのも魅力的ですよね。

 

「縁結びのお守り」。ボタンインコ3色、コザクラインコ3色

 

さらに縁結びのお守りも。インコには「ラブバード」と呼ばれる種類が存在します。なぜラブバード?それはその種が愛情深く、パートナーと非常に強い絆を結ぶから。ラブバードは、一目惚れでつがいとなり、生涯同じ相手と添い遂げるのだそうです。

 

そのラブバードにあやかったのが、「縁結びのお守り(2体セット 1,000円)」。9種類のラブバードの中から、ボタンインコとコザクラインコの姿を模したお守りです。各3色ずつあり、パートナーと一緒に持つのが良いとされているので、2体セットになっています。新たな縁を求めるというよりは、お互いが持っていることで今あるご縁をより強く結ぶという、縁結びのお守りです。しかもこのお守り、飼鳥を専門に扱う「飼鳥専門店 Coa’s Tree」がお守りのデザインを担当。毎日鳥と接する、鳥のプロたちが手がけたお守りだからこそ、その可愛らしさを余すところなく表現できているのですね。

 

「縁結びのお守り」は大事な人と、ペアで持ってくださいね

 

前回は浮気封じの神社をご紹介しましたが、浮気を封じた後に、このお守りを持てば、完璧じゃないですかね!?

 

 

>渾身の新作!

スポット情報

店舗名 因幡堂(平等寺)
住所 京都市下京区因幡堂町728
電話番号 075-351-7724
営業時間 6:00〜17:00
交通 地下鉄 五条駅より 北へ 徒歩5分
阪急   烏丸駅より 南へ 徒歩5分
京都駅から市バス 「烏丸松原」よりすぐ
駐車場 なし
ホームページ http://inabado.jp/index.html

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

京都ご利益めぐり~最高の「縁起もの」を求めて一覧

二木繁美

ライター:二木繁美

学生&独身時代を京都で過ごしたイラスト&ライター。 イラストレーターとして活動しつつ、おでかけ記事を中心に執筆。好きなものはパンダと新幹線。一眼レフで写真も撮ります。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる