DIGISTYLE KYOTO

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【ベニヤンマ】伏見区・中書島に昼から呑めるアテ旨酒場がオープン!100本超の日本酒庫にビックリ!

2023/09/03

まいど!京都の酒屋・藤松です!

 

今日は京都市伏見区にあるお店をご紹介しますよ!

私も大好きな、昭和の風情を残す街・中書島にこの7月にできたばかりの「ベニヤンマ」さん。

京阪駅前から続くメインストリートを北へ行き、町中華の名店・揚子江さんのドンツキを左へ行ったら見えてくるのはこのビビッドなこのノレン。

そしてトンボのイラストの看板が目印。

看板にもお店が15時から、とあるね~。

そう、こちらはなんとも嬉しい昼呑みを楽しめるお店!

 

中に入るとこんな感じ。

ど真ん中の厨房を囲む形で木のカウンターテーブル席になってます。

 

店主の木村さんが「大好きな日本酒と、それに合うアテを提供できる店を京都でやってみたい」と、この地を選ばれました。

ええセレクトやん、中書島!近くには見学・試飲ができる酒蔵や昼呑みを展開してる店もあるし、酒好きにはたまらん場所やと思いますわ!

 

日本酒にこだわってるお店やったら、さっそくオススメをいただきましょか。

まだまだ暑い暑い残暑の京都やしね、冷酒で!と、冷蔵ケースを見ると・・・

12度で管理しているものと・・・

 

5度で管理しているお酒に分かれてる!

「やっぱりお酒によって最適な温度があるので、使い分けてます」って、すごいこだわり!

いいやん、めっちゃいいや~ん。

 

アテに選んだのは「鶏胸タタキ肝醤油(700円 税込)」

それに合う冷酒ってことで、新潟の阿部酒造さんの「あべ(900円 1/2合 税込)」というオススメを選んでもらいました。

ラベルには「野田」と書いてあるけど、これは使ったお米を収穫した田んぼのある土地の名前とのこと。

 

ではさっそくカンパイ!!

しっかり冷えた「あべ」をゴクリ。香りはフルーティやけど、キリリとドライな味わいやね!一杯目にベストチョイス。

そしてペースト状になっている自家製の肝醤油をたっぷりつけて、タタキもいただきま~す。

肝醤油に使う肝も、その日に鶏肉屋さんから新鮮なものがある時だけ仕入れて作るというだけあって、めちゃめちゃウマイ!臭みはもちろんゼロ、ZERO!鶏胸肉に絡まって、クセになる、そしてお酒がすすむ味わいですわ。

 

九州出身で、福岡や大阪、さらには海外を含めたいろんなお店で腕を振るってこられた木村さんがつくるメニューはほんまに幅広い!

仕入れに行って、いい食材に出会ってからメニューを考えられるそうなので、基本的には日替わりでメニューも変わります。

そしてドリンクメニューはこんな感じ。

お~、やっぱり日本酒豊富やね~。

次は何にするか悩ましいな・・・

ん?「2F酒庫ご自由にどうぞ、飲みたいお酒があればお持ちいただきスタッフにお渡しください」・・・だと?

見せてよ、見せてよ、日本酒庫!

というわけで階段をあがると、ドーンと日本酒が勢ぞろい!

反対側の壁にもたくさん!

「既に100本は超える銘柄が揃ってしまいました。でもこの棚だけでは足りないので近々ここにもう一つ棚を増設予定で・・・」と木村さん。

マジか!

まだ増えるのね!楽しみが止まらないわ。

でも、ここからセレクトするのも大変よね。。。日本全国津々浦々、いろんな銘柄が揃ってるし、、、

酒屋の私も初めて見るようなお酒も、、、こうなったらジャケ買いや!!

と、こちらをセレクト。

シン・ツチダ。

めっちゃオシャレなラベルでしょ。

 

「これやったら、ぬる燗がいいですよ」とオススメしてもらったので、暑い夏にあえての燗酒、いっときましょか。

もちろん燗酒にもこだわり満載。

湯せんで燗をつけてもらいます。グラスはビーカー?と思ったら耐熱ガラスのHARIOの酒器なんですって。

おもろい酒器があるんやな~。

 

と、ぬるめの燗酒にしてもらった「シン・ツチダ 1/2合 700円」

そしてこいつにぴったりというメニューを注文。

炭火でじっくり焼いてもらったのは「緑なすとフルーツ人参の炭焼き(650円 税込)」。おしゃれな盛り付けやな~。

こちらの「シン・ツチダ」は完全無添加で、昔ながらの生もと造りのお酒。

微生物たちが生み出した、奥の深~い味わいで、ぬる燗がぴったりと実感。

 

そしてこの焼き野菜には山形県の「あけがらし」という醤油調味料をディップ。

炭で焼かれて中がトロットロになった「緑なす」に少しつけて食べると、これまたウマイ!!

もちろん日本酒との相性も間違いない、発酵の織り成す食のコラボ、最高すぎるね。

 

旬の食材を使いこなして、日本酒に合うメニューを次々に生み出す木村さん。

また1か月後くらいに秋を感じられるアテを楽しみに行きますわ~!

(1か月後は涼しくなってますように!笑)

スポット情報

店舗・施設名 ベニヤンマ
住所 京都市伏見区西柳町73-6
電話番号 050-5600-9088
営業時間 15:00-22:30(L.O.22:00)
交通 京阪中書島駅下車徒歩約5分
ホームページ https://www.instagram.com/libelulabeni/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!一覧

ライター:藤松幸一

南区の業務用酒販店・株式会社ふじまつの社長。 美味しい料理とお酒大好きな1975年生まれ。 『飲食店のトータルサポート』 をテーマに、ただ売るだけでなくお客様がご繁盛して頂ける環境づくりをお手伝います。 面白おかしく、たまには真面目に素敵なお店情報をお届けします。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

三月花形歌舞伎【南座】

【その他イベント】

三月花形歌舞伎【南座】
2024/03/24まで

下京・南まちなかアート

【まちあるき】【アートイベント】【ワークショップ】

下京・南まちなかアート
2024/03/20まで

きものでおでかけ・入場無料

【きもの・ゆかた】【その他イベント】

きものでおでかけ・入場無料
2024/03/31まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる