DIGISTYLE KYOTO

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【洋風居酒屋 水田食堂】飲んで楽し!食べて旨し!京都市役所前からすぐに誕生したカウンター酒場の手作り焼豚&イカ墨ソーセージで乾杯!

2022/12/28

毎度っ!京都の酒屋・藤松です!

 

気づけば今年も終わりですね、あっという間の1年でした。

この年末年始は久々に行動制限がないということで、外食に行かれる方も増えるんじゃないですかね。

やっぱりこの季節はプロの味を楽しまなきゃね!

 

さて、今回紹介するのは京都市役所前(河原町御池)に先月オープンしたばかりの「洋風居酒屋 水田食堂」さん。

河原町御池からひと筋南へ行き、東に入ったところにある「田中ビル」の2階です。

階段を上がってお店に入ると、そこはカウンターだけで営業されているお店。

カウンターの中にいるナイスガイが店主の水田さん。

私と同い年ってこともあって、めっちゃ応援したくなるよね。

 

もともとはAce Cafeやin the Soup.といった京都のおしゃれなお店で腕を振るわれていた水田さんが「お客様の顔が見えないキッチンではなく、カウンターでお客さんとのコミュニケーションを楽しみながら料理やお酒を提供できる場を生み出してみたい」と、満を持して独立オープン!

 

メニューを見せてもらうと~

今までの経験から、さまざまなアラカルトが楽しめるカフェメニューやグリルなどガッツリビストロメニューなどを織り交ぜながらも「居酒屋メシ」も揃ってます。

あ、でもこのメニューを見てたら「まだまだ未完成、たくさん作っては他のメニューにもチャレンジしてるので、次に来られたら変わってるかも!」と注意が!笑

いいやんいいやん、どんどん進化するメニュー、通うのが楽しみになるわ。

 

さぁ、今日はソロ呑みの私、ここから何を選びましょか!

ま、まずはビールやけどね!

「水田食堂」ロゴが入った、オリジナルのグラスがええやん。

アサヒ生ビール「マルエフ」(800円)

 

最近、マルエフのお店増えてるよね。ガッ〇ー効果?

はーい、「おつかれ生です!」

 

そして水田さんがこのお店をオープンされるにあたって取り組んだ新ラインアップとして登場したという、焼豚を頼んでみましたよ。

目の前で熟成された焼豚をカットしてくれてます。

この距離感がええよね。

 

そして、ハイ!

美しく盛られた焼豚(700円)の登場!

 

特製のタレに2日間漬け込んだ豚肉を焼いて、さらに低温調理でじっくりと火を入れていくという手間暇かかった一品です。

たっぷりカラシと、ネギを絡めて食べるとこれがまたウマイ!!

ビールにぴったりで、一気にいっちゃうやつ。

「ローストポーク」はビストロでも出るけどこの「焼豚」ってのがいいよね。これこそ居酒屋のメニュー!

しかも700円でこのボリュームというのにもびっくり。

かなりお得なサイズ感、ありがたいね!

 

 

ビールも飲み干してしまったので、ワインのボトルを開けましょか。

「フランツソーモン ソーヴィニヨン」という自然派ワインをお勧めしてもらったので、それいっとこう!

フランツソーモン ソーヴィニヨン ボトル(6,000円)

 

これに合わせるのは~

トリッパ(700円)

 

トリッパ、というかホルモン大好き藤松は、洋風居酒屋ならやっぱりこれを頼みたい!

これね、ハチノス!

食感はもちろん、まったくクセのない味わいがまた美味しい。

 

水田さんに聞くと「僕は“カツオのお出汁”を使って作ってるので、あっさりと食べやすいトリッパに仕上がるんです」と。

なるほど、女性のお客さんも多いお店で働かれてきただけあって、こういうメニューも食べやすさを重視されているんやね。

昔はコッテリした味わいが好きだったオッサンも、この出汁ベースの優しい味付けはとっても嬉しいよ!

 

そしてワインとの相性はもちろん抜群。

トマトソースって赤ワインと思ってたけど白もいけるね。

 

せっかくなので、ワインにあうメニューをもうひとついっとこか!

水田さんこだわりの手作りシリーズがいいな~と聞くと「ソーセージ、ガッツリ自分で作ってます!」と。

 

では焼いてもらいましょか!

これまたカウンター越しで見える調理風景。

ソーセージが焼かれるいい香りが店中にひろがります。

この香りでワイン飲めるわ・・・

 

そして登場!ドーン!

インパクト大!!

イカ墨のソーセージ(600円)

 

漆黒のソーセージ。ディルとかついててなんだかおしゃれ。下に見えるザワークラフトももちろん手作り。

そしてアリオリソース(にんにくが入ったマヨネーズのソース)をたっぷりつけて、いただきます!

 

こちらはガッツリ、パンチきいてる!!食感もいい!!

断面に見える白い部分、ふつうのソーセージなら肉の脂ですが、なんとここにはスルメイカをカットしたものを入れているって!

そりゃ食感もええはずですわ。

こういうちょっとした手間暇、プロの技が嬉しいよね。

 

あ、先ほども言いましたが今回紹介したメニューが、必ずしもいつも出ているとは限りません。

「その日、その時、美味しいものを。」

仕事帰りにぷらりと立ち寄って、美味しいご飯とお酒、そしてカウンター酒場らしいコミュニケーションを楽しめる、とっても素敵な場所です。

ぜひ、ふらりと立ち寄ってみてください!

スポット情報

店舗名 洋風居酒屋 水田食堂
住所 京都市中京区下丸屋町401 田中ビル2F
電話番号 075-741-8224
営業時間 18:00-25:00
水曜定休
交通 地下鉄東西線 京都市役所前駅 下車徒歩約3分
ホームページ https://www.instagram.com/mizutashokudo/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!一覧

ライター:藤松幸一

南区の業務用酒販店・株式会社ふじまつの社長。 美味しい料理とお酒大好きな1975年生まれ。 『飲食店のトータルサポート』 をテーマに、ただ売るだけでなくお客様がご繁盛して頂ける環境づくりをお手伝います。 面白おかしく、たまには真面目に素敵なお店情報をお届けします。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

伏見稲荷大社 初午大祭

【年中行事】

伏見稲荷大社 初午大祭
2023/02/05まで

冬の「大原野菜」とつきたて餅の大原ボタン鍋

【その他イベント】【グルメ・酒】【季節イベント】

冬の「大原野菜」とつきたて餅の大原ボタン鍋
2023/02/05まで

特集展示「雛まつりと人形」

【展覧会】

特集展示「雛まつりと人形」
2023/03/05まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる