DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【京都・東山七条】今年の土用の鰻は「まむし丼」で決まりだ!国宝級の鰻専門店「わらじや」で大満足! お店の周辺は、歩いて回れる国宝もいっぱい。

2022/07/20

こんにちは!

今年の土用の丑の日は2回あるって知ってましたか!?

なんか得した気分になっている、デジスタイル京都スタッフ ニシオカでっす!

 

今回は土用の丑の日におすすめの鰻専門店「わらじや」さんを紹介します。

うぞふすい わらじや

 

どうですか、この歴史を感じる 味わい深い佇まいの店構え!

場所は京阪電車 七条駅から東に徒歩約3分。七条通りに面していて京都国立博物館の手前にあります。

入り口左には大きな「わらじ」と大きな「ひょうたん」がぶら下がっていて、上には「やじらわ」と右から書かれた老舗のオーラを放つ看板が掛かっています。

 

屋号の由来は、豊臣秀吉がわらじを履いた場所とのこと。本当に歴史を感じますよね。

また、文豪の谷崎潤一郎や伊集院静の小説にも登場するくらい有名なお店なんです。これまたビックリ!

中に入ると、これまた素敵なんですよ~。見てください。この佇まい。

あーちょっと緊張してきた。あーちょっと緊張してきた。

 

で、そんな歴史あるお店の看板メニューは、鰻の白焼きをふんだんに使って雑炊に仕上げた「うぞうすい」!

なのですが~、今日は7月23日の土用の丑の日(一の丑)におすすめの「まむし丼」をいただいてきました。

※今年1回目の土用の丑の日は土曜なんです!キャハ(^^;)

 

料理を注文すると、まずはセットに含まれる お抹茶に落雁が。

うんうん、いかにも京都って感じですよね!

 

落雁には「わらじや」の文字が書かれてます。

京都の有名和菓子店にオリジナルで作ってもらっているそうです。

落雁の上品な味わいと お抹茶の苦みがマッチしてある種 食前酒のようにお腹が空いてきますわ。

 

で、メインの「まむし丼」がどーんと登場!「肝吸い」と「香の物」が付いてきます。

 

まずは肝吸いを一口、ほほーん!そうくるか~。。。美味しおす。。。

いつもなら「めちゃうま!」とか「うますぎ!」とか書いている私も、この佇まいの中では上品になってしまいます。

でもほんと絶妙なお出汁しのおいしさに、生姜と三つ葉の風味があいまって、美味しおす。

さらに ほろ苦い鰻の肝がバツグンにマッチして、三度目の美味しおす。。。です。

ほんとこの肝吸い1品で、奥深い味を楽しめますわ。

 

続いて本命のまむし丼をいただきます。

三等分に切り分けられた鰻がご飯の上のドーン!

さっそく鰻を一口。ほほーん!そうくるか~。。。

やばっ。めっちゃうま。。。

 

もちろん!わらじやさんの鰻は腹開きで、蒸さずに焼く関西風!

皮もパリッと! 鰻の油も身にしっかり残っていて至極のお味なんです!

 

見てください皮もパリッパリ!!こんな感じで焼かれているそうです!

 

で、まむし丼に山椒をかけて食べると、またまた違った風味が味わえて、めちゃめちゃうまい!

そしてご飯には鰻のタレが一粒残さず まぶされていて、これまたほんと美味しいんですよ!

このまぶされたご飯だけで何杯でも行けますわ。

おおっと。まむし丼を前に冷静さを失っていました。

ここは上品に。。。上品に。。美味しおす。。。

 

肝吸い⇒まむし丼⇒⇒肝吸い⇒まむし丼 ときどき香の物、

肝吸い⇒まむし丼⇒⇒肝吸い⇒まむし丼 ときどき香の物、

わらじやさんのまむし丼は、まさに無限ループの美味しさ!まさに国宝級です!

ずっと食べていたい。。。

しかし、無情にも。。。ご飯一粒、吸い物1滴残さず、美味しくいただいてしまった。。。

 

で、〆の水物は「すいか」です。やっぱ夏といえばすいかですよね。

こちらもペロリと。。。ご馳走様でした。非常に美味しかったです。

 

もしも願いが~♪叶うなら~♬お抹茶と落雁の出されたときにもどりた~い♬ (><)

でも戻れなくても大丈夫!

そういった方には、ご自宅でも楽しめる「まむし弁当」が!あります!

こちらも三等分に切り分けた鰻一匹が、タレにまぶされたご飯の上のドーン!

 

奈良漬けと追いタレが添えられているので、私は追いタレを残して家の白ご飯にぶっかけて。。。

おおっと。ここは上品に。。。上品に。。

 

このように包装してくれるのでザ・お土産って感じで!

間違いなくご家族にも喜んでもらえますよ。

土用の丑の日はかなりの数が出るそうですので、事前の予約(電話:075-561-1290)をオススメしまっす!

 

いや~ほんと、絶品「まむし丼」でした。

 

記事を書いているだけで思い出しよだれが。。。

谷崎潤一郎も、こんな感じで執筆していたのでだろうか。。。キャハ(><)

 

皆さんも今週末の土用の丑の日には「わらじや」さんの「まむし丼」「まむし弁当」を愉しまれてはいかがですか?

 

あ!あ~!そうです!

今年は8月4日(木)にもう1回土用の丑の日があった。

やっぱり看板メニューの「うぞうすい」も食べないと、夏は越せない!

と思いつつ、この日は近くにある国宝 豊国神社の唐門を愛でにお散歩をするニシオカであった。。。

 

◎ニシオカのおススメポイント!

わらじやさんでは、テーブル席も多くありますので、「足が痛くて座敷はちょっと・・・」という方にもおすすめ。

お好みに合せて席をお選びいただけますよ!ナイッス~!

 

スポット情報

店舗名 わらじや
住所 京都市東山区七条通本町東入西之門町555
電話番号 075-561-1290
営業時間 平日  11:30~14:00
    16:00~20:00 [19:00 L.O]
土日祝 11:30~20:00 [19:00 L.O]
定休日 火曜日
交通 京阪本線「七条駅」下車徒歩3分
ホームページ https://www.instagram.com/warajiya0755611290/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

(岩倉具視幽棲旧宅)昔の夏の過ごし方を体験しよう!

【教室】

(岩倉具視幽棲旧宅)昔の夏の過ごし方を体験しよう!
2022/08/14まで

プレイ!シアター in Summer 2022 オープンウィーク

【その他イベント】【上映会】【体験】【教室】【演奏会・音楽ライブ】

プレイ!シアター in Summer 2022 オープンウィーク
2022/08/18まで

清水寺 千日詣り・宵まいり

【年中行事】

清水寺 千日詣り・宵まいり
2022/08/16まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる