DIGISTYLE KYOTO

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト

Translate this page :

一覧へ戻る >

【深草の子ども連れにおすすめの飲食店】人気カフェ「フリップ フロップ(flip flop)」、居心地抜群の2階座敷はグループ利用にも!

2022/05/27

こんにちは! おいしいランチのお店を探すのが大好きなイタクラです。

 

さて、【子育て家庭にやさしい街・深草】。

この春からは、リクエストの多かった、『赤ちゃんや小さいお子さんと一緒に楽しめる飲食店をシリーズでお届けしています!

 

今回はこちら。フリップ フロップ(Flip Flop)さんです。

京阪「藤森」駅を降りて東側、疏水を渡ってすぐのところにあります。

 

オーナーの田中さんご夫婦が、このお店をオープンしたのが約15年前。

モーニングにランチに喫茶に、そして夜はお酒も楽しめる(現在、夜は予約のみ)、まさに地域の方々の一日に寄り添うかのようなお店。

近所に住むパパママ世代、ファミリーはもちろん、近くで働く人たちや学生さんから、おじいちゃんやおばあちゃんまで、中には週に何度も通うお客さんもいるほど、地元で愛される存在です。

 

そのフリップ フロップさんの2階が、特に子連れのお客さんに人気という評判を聞いて、取材に行ってきました。

お店の前には、かなりの高確率でママチャリが停まっています!

 

店内1階は、ウッディな中にレンガ調のタイルがアクセントになっています。

窓からの光がさんさんと入って、外から受ける印象よりも明るいんです。

こぢんまりとした空間がどこか家庭的な感じもして、常連さんが多いのも納得。

 

お店の前の黒板には、喫茶店に求める王道・定番のメニューが並びます。

どれを頼んでも間違いなしの安心感。

 

でも、これだけじゃないんですよ。

私が一気にハートをつかまれてしまったのが、ランチメニューの充実度とそのオリジナリティです。

まず、日替わりのメニューだけで5種類も!

それ以外に定番メニューとして、チキンカツ定食、オムライス、オムライスドリア、カレーとあり、オムライスは8種類もあります!

ドリンクやデザートとセットにできるのも嬉しいですよね。

 

人気のデミグラスソースのオムライスドリアです!

オムライスって、子どもも食べやすいし、親子でのシェアもしやすいですよね。

 

また、この日も「卵とねぎのマヨ仕立て ぶたキムチピラフのオムライス」とか、別の日に伺った時には、「あんかけオムライスのドリア」といった具合に、「どんな味?食べてみたい~!」と興味と食欲をそそられるメニューが。

そして、実際美味しいんですよ、これが!老若男女に食べやすい優しい味わいです。

 

マスターの田中辰典さんは、

「心がけているのは、地域の幅広い年代の方々が、一人でも友だち同士でも、入りやすくて過ごしやすいお店。だから、いつ来られても変化があって楽しく食べていただけるよう、ランチメニューからお味噌汁の具まで毎日少しずつ変えています」とのこと。

これって、もはや家庭のお母さんの発想ですよね。

それに、ランチのオムライスやドリアにもお味噌汁が付いているのも、温かみを感じます。

 

また、ホットケーキも人気メニューです。子どものおやつに、そしてプレーンなものなら食事がわりとしても食べさせやすいですよね。

 

そして、子ども連れにおすすめの2階スペースがこちらです。なんと、予想外の広さとゆったり感!

階段を上がって、入口で靴を脱いで上がる座敷タイプになっています。半分はカーペットで、半分はフローリングでソファも置かれています。

通常は換気のため入口のドアは開けられていますが、階段が心配な場合は閉めることもできるので安心ですね。

 

誰かのおうちに来たみたいにくつろげそう。広々としていて、子どもたちが少々動き回っても大丈夫です。

ソファがあるので、みんなとちょっと離れて授乳や寝かしつけに使ったり、床に座りっぱなしが辛い場合に座ったりできるのもありがたいですよね。

 

このスペースは普段、ランチや喫茶でも利用できますが、時間が合えば、予約して貸し切りで使うこともできます。

また、2500円(フードのみ)のパーティメニューもあり、ケーキをお誕生日仕様にしてもらうこともできるので、親子グループで合同お誕生会なんていいかも♪

おじいちゃん、おばぁちゃんも一緒に、家族で過ごすのもいいですね。

この貸し切りのパーティメニューは3名ぐらいから対応していただけますよ。

 

田中さんご夫婦も、二人のお子さんがおられる子育て経験者。

奥様の田中妙さんは、「私たち自身が、小さい子どもを連れて飲食店に行った時に、イス席だと子どもがじっとしていられなくて、すごく困ったんですよね。だから、このお店をオープンする時に、2階はぜひお座敷スタイルで使いたいと思いました」と話されます。

 

実際に近くの保育園や小学校に通う子どもさん連れのお客さんが多く、その延長で子どもさんが大きくなったママさん同士のグループもよく来られるのだとか。

 

「ゆったり過ごしてもらって、必要なら隅の方でおむつ替えをしたり、トイレも部屋の中にあるので靴をはかさずにそのまま連れていってもらえますよ」とニッコリ。

マスターの辰典さんは音楽に造詣が深く、ピアノも弾かれるのだとか。コロナ前には、つながりのあるさまざまな演奏者の方のコンサートが開かれていたそうです。

今後の再開が楽しみですね。

1階にはピアノが、2階にはキーボードがあるのも納得。メニューも五線譜に書かれてました!

映画音楽の名作「サウンド・オブ・ミュージック」。店内には昔懐かしいサントラのレコードがそこここに飾られています。

 

笑顔が素敵な、オーナーの田中さんご夫婦。

 

妙さんいわく、「この辺りは商店街もあって買い物の時に会話したり、近所の方とも立ち話したり。温かくて気さくな関係が自然と根付いていて、子育てしやすい街ですよ」。

 

そして、今回取材を通して、田中さんご夫婦もそんな深草の街に、日々癒しと元気をもたらしているかけがえのない存在なんだなぁと感じました!

 

スポット情報

店舗名 フリップ フロップ(flip flop)
住所 京都市伏見区深草極楽町742
電話番号 075-642-8696
営業時間 7:00~21:00 L.O
(祝日 18:00 L.O)
現在は18:00までで、夜は予約のみ
不定休

交通 京阪電鉄「藤森」駅 東へ徒歩2分
ホームページ http://cafeflipflop.web.fc2.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる