DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

もっちもちの食感がたまらないっ!石塀小路・生どら焼き専門店「七星」の『幻の白いどら焼き』をいただきま~す!

2022/05/26

こんにちは、どら焼きは冷たい牛乳と楽しむのが一番好きなミヤマグチです。

 

「めっちゃ美味しくて、めっちゃ可愛いいどら焼きが誕生!」というお話を聞きつけ、さっそくチェックしてきました!

 

行ってきたのは京都らしい風情を楽しめる観光名所としても人気の高い「石塀小路」。

この小さな入り口を入ると、その名の通り石塀が敷かれた小路が続きます。

少し曲がりくねった路を進んでいくと到着するのがこちら!生どら焼き専門店「七星」さん。老舗の旅館「うえむら」に併設されているスイーツ屋さんです。

※石塀小路内の撮影は禁止されています。こちらは店舗の許可を得て撮影をしています。

 

暖簾をくぐると、店内では美味しそうなスイーツがお出迎え!

「ドラジェニックスイーツ」の文字が衝撃的!!

 

「生どら焼き」は、どら焼きの生地にフレーバー違いのクリームをたっぷりと挟んだもので、もともとは催事やポップアップショップで展開し、人気を博したスイーツなのですが、「いつでも買えるようにしてほしい!」というリクエストに答え、2021年にこの場所に店舗を構えて常時発売を実現されました。

その「生どら焼き」の新シリーズとしてこの春に登場したのが『幻の白いどら焼き』

なんとタピオカ粉を使って焼き上げた白い生地を使われています。

手前に並ぶのが『幻の白いどら焼き』(左:カスタード、右:メイプル) 後ろは定番の『生どら焼き』(左:あずき、右:抹茶)

 

カットしてみると、そのボリューム感が伝わりますね!

ではさっそくひと口いただきま~~す!

 

おおお、生地はしっとり、もっちもちの食感です。

メイプルフレーバーのクリームとの相性も抜群で、めちゃめちゃ美味しい!

すごいボリューム感ですが、絶妙の甘さなので軽~く食べられるのも嬉しいですね。

 

そして「白」だけでなく定番の「生どら焼き」もいただきま~~す!

ほほ~~!小豆クリームもふわっふわで、これまた甘すぎなくて美味しいですね。

フレーバーの違いはもちろん、生地は「白」とはまた違った食感なので、買われる際には「定番&白」の両方を食べ比べられるようにセットがオススメです!

 

甘いもの好きさんのおやつとして楽しめるのはもちろん、見た目もかわいいので、お土産にしても喜ばれそう!

ちなみに購入時は冷凍されていますので、持ち帰った頃に食べごろになっているスイーツなのです。

 

これから、また京都観光が盛り上がってきそうです。

ぜひ、ここでしか買えない『幻の白いどら焼き』、お楽しみください!

スポット情報

店舗名 生どら焼き専門店「七星」
住所 京都市東山区下河原町 石塀小路 463
電話番号 075-585-4123
営業時間 12:00~18:00
定休日
毎週月曜日•火曜日
ホームページ https://kokoku-inc.com/shichisei/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる