DIGISTYLE KYOTO

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト

Translate this page :

一覧へ戻る >

深草で安心して過ごせる場所 放課後等デイサービス「ウィズ・ユー藤森」

2021/09/15

こんにちは!深草もっとひろげ隊のマルです。

 

今回お邪魔させていただくのは、今年の6月にオープンしたばかりの放課後等デイサービス「ウィズ・ユー藤森」です。

こちらでは、未就学児に向けた児童発達支援もされていますが、今回は放課後等デイサービスについて取材させていただきました。

 

放課後等デイサービスってどんなところ?

みなさんは放課後等デイサービスについて、ご存知でしょうか。あまり聞き慣れない方もおられるかと思います。私もお恥ずかしながら、お話を聞くまではどんなことをされているのか良く分かっておりませんでした…。

 

放課後等デイサービスとは、支援を必要とする障害のある子どもに対して、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもたちの最善の利益の保障と健全な育成を促進する施設です。

少し難しい表現になってしまいましたが、簡単に表すと、「家と学校以外で、居場所やお友だちをつくることができる“障害のある子どものための学童”」のようなものです。

 

ウィズ・ユーの療育方針とは

ひと言で放課後等デイサービスといっても、事業所によってどういう理念で運営しているかはそれぞれ異なります。

「ウィズ・ユー藤森」は全国にある放課後等デイサービス施設「ウィズ・ユー」の一つです。

理念としては,「AIDMA(アイドマ)」の原理を応用した個別教育を行っています。

具体的には子どもの「意識する・気になる・やりたい・楽しい・出来た/出来なかった・どうすればうまくいくだろう」を大切にしており、利用者が今後生きていくうえで必要なスキルを身に付けられるような療育内容になっています。

 

A…Attention注意「これはなんだろう?」

I…Interest 興味「どういう仕組みなんだろう?」

D…Desire 欲求「やってみたい!」

M…Memory 記憶「楽しい!うまくいった!うまくできなかった…」

A…Action 行動「次はどうすればうまくいくんだろう」

 

また,スタッフの研修に力を入れておられることも特徴の一つです。子どもたちがいないタイミングや、夜の時間帯に新人スタッフに対してスキルアップなどの研修をされています。

 

ウィズ・ユー藤森の療育環境

 冒頭でもお伝えしましたが、今年の6月にオープンしたところで,施設内はとてもキレイでした!2階は自習スペースになっているのですが、落ち着いた色味で統一されており、集中して勉強ができる環境だと感じました。

ちなみにここはお食事処を改修されたとのことで、自習スペースはもともと宴会場だったそうです(笑)

今回お話を伺ったときには、小学生のお子さんと中学生のお子さんがおられました。小学生のお子さんは公園に出かけていて、中学生のお子さんはパソコンで何やら作業をされていました。保護者や子どもたちのニーズに合わせて、自由に成長できる環境を提供する。それが「ウィズ・ユー藤森」の醍醐味であり、強みであると感じました。

 

また、障害者施設としては珍しい「テックボール」やオリンピックの近代五種で使われている「レーザーガン」も、希望があれば体験することができるとのことです。代表の竹上さんがもともとマイナースポーツに興味を持っておられ、放課後等デイサービスをオープンするにあたって、自費で購入されたとのことです(レーザーガンは一台あたり数十万円もするんだとか…)。

 

さらには,東京2020パラリンピックで日本人初の金メダルを受賞し、盛り上がっている「ボッチャ」なども体験できるとのことで、「いろいろなことを経験してみたい!」と思う子どもたちにとっては、可能性を伸ばせるチャンスかもしれません。

そもそもこちらの施設は、スポーツに特化した放課後等デイサービスではありませんが、管理者の渡邉さんが、京都障害者スポーツ指導者協議会の理事をされているということもあり、障害者スポーツ普及のため、間口を広げよう!とのことで、利用者が希望する様々なスポーツにも臨機応変に対応したいと考えておられます。

 

「学校帰りにでも、気軽に寄ってもらえるような場所にしたい」

「障害者施設」と聞くと、自分には関係がない場所だと思われる方も多いかもしれません。

「障害」と一口に言っても多種多様です。クラスに馴染みにくかったり、遅刻を繰り返してしまうなど、ほんの些細なことなのかもしれません。

 

「ウィズ・ユー藤森」では、長期休暇中の自習スペースの一般開放など、受給者証をお持ちでない方でも利用できるような取組みもされています。

「もっと放課後等デイサービスについて知ってもらい、気軽に寄ってもらえるような場所にしたい」と渡邉さんは語っておられました。

 

Instagramも開設し、投稿されているので、普段の様子を知りたい方は確認してみてください。

利用や体験、見学についても随時受付されているとのことですので、興味がある方は、ぜひ一度相談されてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

店舗名 放課後等デイサービス ウィズ・ユー藤森
住所 京都市伏見区深草野田町18-4
電話番号 075-555-3459
営業時間 サービス提供時間(ご利用時間応相談)
●児童発達支援事業所
 →9:00~14:00
●放課後等デイサービス
→学校終了後 11:00~17:00
→学校休業日 11:00~17:00
定休日 日曜
交通 京阪藤森駅より北に徒歩7分
ホームページ http://www.with-ac.com/

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト一覧

ライター:深草もっとひろげ隊

深草地域ではたらくフレッシュな社会人たち。 深草のいいところをもっと知りたい!皆さんに伝えたい!というアツい気持ちを持っています♪

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる