DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

京都駅八条口すぐ、ホテル エルシエント京都のスタンディングバー「スタンドEL(エル)」の内覧会に潜入してきた!

2021/04/19

こんにちは。

デジスタイル京都で初の取材に挑戦したモリカワです☆

今回は明日、京都駅八条口そばにオープンのホテル直営スタンディングバー「スタンドEL(エル)」の内覧会に行ってきました!

 

■八条口4番出入口の向かい、「ホテル エルシエント京都」の1Fというアクセスの良さ。

 

スタンディングバーって、立ち飲み屋!? ガヤガヤした雑な雰囲気のアレが京都駅近にできるの?と思いきや、やはりホテル直営店は違う!

お店のロゴもシックでかわいい♪と…、同僚と2人でルンルン気分で潜入開始です。

 

京都感漂うガラス扉の向こうは、「これ、女子ウケいいんちゃう?」な空間。

■扉を開け、のれんをくぐるとこんな感じ。

 

温かみのある木の質感と間接照明が、なんだか落ち着く雰囲気♪ 扉を開ける瞬間からテンションUPです~。

カウンターとは別に、ちょこっと座れるお席がありました。これは使い勝手が良さそうすね。

入口で手指消毒と検温を済ませて、いざ入店です。

 

バーカウンターまわりはこんな感じ。

 

テーブル席はこんな感じ。

 

カウンターもテーブル席もアクリル板が設置されていて、気になるコロナ対策にも配慮があります。

テーブル席のUSBプラグと電源は、「新幹線に乗る前にメール1本だけして、1杯飲んで帰るぞ!」いう出張中のビジネス利用に重宝されそうです。

 

そして、気になるメニューは…?

アルコールメニューと一品料理、カフェメニュー(16時まで限定)を取り揃えられており、その日のオススメは黒板に書かれています。

黒板には「京都の地酒」がずらっと並んでいますが、地酒はホテルの日本酒ナビゲーターと酒屋さんが厳選を重ねたものなんだそう。京都に暮らす方でも、初めてお目にかかるお酒と出合えるかもしれませんね!

 

一品料理のおすすめは、「さんまのパートフィロ包み」や「生ハムと湯葉の茶わん蒸し」など。「地酒がおすすめなのに、お料理は洋食なんですか?」と尋ねると、「うちのシェフはフレンチ出身で、地酒にあうお味のお料理をご提供しているんです」とのこと。

「おや? スタンドバーなのにシェフが?」と少し驚いたのですが、そういえば、ここはホテルの1F。スタンドバーでシェフの料理が味わえるって、珍しいかも☆

地酒以外にも、「丹波王国こだわり市場」のクラフトビールもありました。

クラフトビールに関する知識があまりないのですが、色とりどりのラベルを見ると不思議と興味津々モードに。飲み比べたら楽しそう。。。

 

さぁ、飲みますよ!

マスターに「なにか、変わったものありますか?」と伺ってできたのがコレ。

舟屋で有名な伊根町の古代米(赤米)を使った地酒。ワインのような色が地酒っぽくないですよね。ほのかに甘い果実のような香りと、思いの外、まろやかでやさしい味わいでした。

■京都 与謝野 向井酒造 伊根満開 赤米酒 800円

 

同僚が注文したのはコチラの(純米 無濾過生原種)神蔵。無濾過原種という文字の印象から、ガツンと強そうな飲み口を想像するのですが、しっかりと米の旨みがありつつも、フルーティで飲みやすい地酒だそうです。

■京都 左京区 松井酒造 神蔵 純米 800円

 

■EL豆腐 660円 ~シェフのオススメ~

 

私たちが地酒と一緒に楽しんだのは、「シェフおすすめのEL豆腐」。ロゴ入りの升には温かい湯豆腐が入っていて、きのこ入りのフレンチソースがトッピングされています。

手前に並んでいる白いのは、パリパリの餃子の皮。スプーンで湯豆腐をすくい餃子の皮に乗せて、いただきました。

説明が難しいのですが、一言で言うなら、京風の和洋折衷=京風フレンチという印象です。

 

スタンドEL(エル)の隣のダイニングENT(エント)にもお邪魔します~。

ニューオープンの「スタンドEL」のお隣にはもともと和食店があったのですが、同日に「ダイニングENT(エント)」としてリニューアルオープンを予定されています。せっかくなので、こちらにもお邪魔しました。

お店の雰囲気は、こんな感じです!

 

落ち着いた雰囲気ですので、一人でのんびりと食事をしたいときも、ご家族での食事にでも利用できそうです。

出張やコロナ禍のストレスによるプチ家出(そんなのない?)で京都駅界隈に宿泊される方は、ダイニングENTで食事してスタンドELで〆るというお手軽コースも堪能できそうな予感。

スタンドELと同じく、京風フレンチが楽しめる「ダイニングENT」のお料理も、少しご紹介させていいただきます!

 

■ENT定食 2,000円/17:30~

 

■牛すじのデミグラスソース煮込み 白味噌風味 660円/17:30~

 

■生ハムと九条ねぎの一口パイ(3個) 550円/17:30~

 

■豚バラとチーズのスティックカツ 600円/17:30~

 

コロナ禍でお酒を飲みに行くことすらリスクを感じる日々が続きますが、ホテル基準でコロナ対策をされている「スタンドEL」のようなお店で、1杯だけサク飲みするニュースタイルもいいかもしれませんね~★

 

スポット情報

店舗名 スタンドEL(エル)/京都駅八条口すぐ
住所 京都府京都市南区東九条東山王町13
電話番号 075-682-7800(ホテル直通)
営業時間 【スタンドEL】
カフェタイム 11:30-16:00(ラストオーダー15:30)
バータイム 16:00-23:00(ラストオーダー22:30)

【ダイニングENT】
朝食 6:00-10:00
夕食 17:30-22:00(ラストオーダー21:30)
交通 京都駅 八条東口より徒歩2分
ホームページ https://www.elcient.com/kyoto/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる