DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第12回 〝秋分(しゅうぶん)〟に「すだちごはんと枝豆のすりながし」を

2020/09/25

 

あえて同じ高杯に、ごはんと汁を盛って

 

藍染のテーブルクロスに映える白い高杯は、陶芸家・七理摩弓さんのもの。今回は、ごはんと汁ものを、あえて同じ器に盛りつけているそう。以前にも登場したお気に入りという黒い漆塗りのお盆の上に二つを並べると、ごはんと汁ものが引き立て合って、いずれも主役級の堂々とした素敵な雰囲気に。

醤油が入っているのは、ミルクピッチャー。「とっても優秀で、まったく液だれしないんです」と、めぐみさん。なんでも、こちらはお店をオープンする際に、業務用の道具を販売しているお店で、何気なく買ったものだそう。

由香さんも、「以前、何度かお越しになっていたお客さんが、ある日、一緒に来たお友達に『ここのミルクピッチャーが、とってもいいの』と話してくださったことがあって。うちで使っている作家ものなんかをお見せして、『こちらでしょうか』と順にお聞きしても『違う』と。で、最終的には、このピッチャーだと判明したんです(笑)」と話します。

「そんなこと、あったね~」と笑うお二人。名前も分からないメーカーのミルクピッチャーだけど、重宝しているし、佇まいも好きなのだとか。そんなこんなのおしゃべりをしながら、和やかに楽しく取材は進み、無事終了です。

 

▲七理摩弓さんの白い高杯は、もともとお店で販売するために仕入れていた器だとか

 

▲漆作家・後藤政弘さんの丸箸は、使うのが楽しくなる色使い

 

▲これがうわさのピッチャー。軽くて、ころんと手に馴染むフォルムです

 

 

 

―次回は〝寒露(かんろ)〟をイメージしたお料理のレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる