DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第9回 〝立秋(りっしゅう)〟に「茄子と帆立のカナッペとじゅんさいの蜜かけ」を

2020/08/15

 

奈良漬が絶妙なアクセントに!

 

今回、ユニークだと思ったのが、カナッペに奈良漬をトッピングするアイデア。カリコリとした食感と、独特の香り、甘み、塩分がプラスされて、絶妙! 「お店のオープン当初から作っている『茄子と帆立のテリーヌ』にも奈良漬を添えています。今回も奈良漬は、〝いい仕事〟をするので、できたら省略しないでください」と由香さん。奈良漬が苦手な人は、レモン果汁をかけて、コショウをたっぷりと振っても美味しいそうですよ。

パンを乗せた藍色の絵付けのお皿は、お客さんから譲り受けたそう。「お家で長年大切に使われていたものを一年ほど前に頂きました。サラダやお肉料理などを盛っても映える、使い甲斐のあるお皿です」(めぐみさん)

水牛のカトラリーやシルバーのお皿と組み合わせて使うと、カジュアルな感じに。

ジュンサイを入れたのは、滋賀県長浜のガラスギャラリーで購入したグラス。ふだんはカクテルなどを入れて楽しんでいるものを、器として使っています。

 

▲「今日は、お姉ちゃんが『じゅんさいの蜜かけ』を、私が『茄子と帆立のカナッペ』を作るのを担当。仕事量が全然違ってずるい(笑)」と由香さん。…なんて、言いつつ仲良し! この雰囲気に癒されるんだな~

 

▲ジュンサイの若芽を包む、ふるふるとした部分は〝くずきり〟っぽくもあり。そう考えると、甘い蜜がマッチするのもうなずけます

 

▲お皿を可愛い手ぬぐいで包んで撤収。お疲れさまでした!

 

 

―次回は〝処暑(しょしょ)〟をイメージしたお料理のレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる