DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

ホテルブッフェのニューノーマルに大満足!【ウェスティン都ホテル京都のオールデイダイニング「洛空(らくう)」】

2020/07/30

こんにちは、デジスタイル京都スタッフのイタクラです。

 

以前と同じような日常に戻るには、まだまだ時間がかかりそうですね。。

 

「京都の魅力の発信を通して、ワクワクを届けたい!」と願っている私たち自身も、「この辺りで気分の上がることをしたいよね」ということで、女子スタッフでちょっと贅沢にリフレッシュすることに!

 

「こんな時はやっぱりホテルでランチ!」と、思いを巡らせていて浮かんだのがウェスティン都ホテル京都です。

 

一昨年から大規模改修をされていて、昨年11月には客室とレストラン、バーが先行リニューアルオープンし、気になっていたんですよね。

ホームページをのぞいてみると、

 

▼オールデイダイニング「洛空」

https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/restaurant/152992/index.html

 

6月20日からブッフェを再開されていて、

 

・お料理は自分で取るのではなく、ホテルスタッフに全てサービスしていただける

・安心・安全に楽しめる新しいブッフェスタイルを提案されている

 

とのこと。

 

「新しいブッフェスタイル」ってどんなのだろう? 興味津々、女子3人でランチを体験してみました!

 

 

いざ、京都駅からシャトルバスで出発!市内観光気分で蹴上まで向かいます。なんだか旅行気分で新鮮♪

 

きちんと感染症防止対策もされていて安心。乗車口には消毒用アルコールが設置され、座席も離れて座るようになっています。

 

到着してロビーに足を踏み入れると、以前にもまして明るく、とっても開放的な空間になっていました!

 

スペースがゆったりと使われていて、ラグジュアリーな空間です~♪

こちらで待ち合わせも素敵ですよね。

 

そして、オールデイダイニング「洛空(らくう)」の入口へ。

非接触体温計での検温を受け、アルコール消毒をしてから店内に進みます。

 

「前のブッフェレストランは2階の真ん中にあったから、場所変わったんだねぇ」としゃべりながら入っていって、思わず「わぁぁぁ!」と声を挙げてしまいました。

 

 

明るくて、天井も高くほんとに気持ちのいい空間。そして、北側が一面大きな窓になっていて、京都の街と東山が一望できるんです!ぜひ実際に見ていただきたい眺めです。

 

 

この窓の下にはインクラインが見えます。桜や秋の紅葉の季節にはまさに特等席ですね。

 

 

そして、お待ちかねのお料理。一つひとつ器に盛り付けられて並んでいます。

 

 

ほとんどのお料理がふた付きの器に盛り付けられていて安心です。サンプルがあり、中身のお料理が見えるようになっているのも親切。保温プレートによる “温かいものは温かく”の工夫も、さりげなくてスマートですよね。

 

お料理はスタッフの方に取っていただくスタイルで、不特定多数の方が触ることなく一元的に管理されていて、この点でも安心です。

 

 

こちらは、氷の上に並べられた冷製の前菜。お料理がどれも美味しそうで目移りしてしまうのに加えて、繊細で可愛らしいガラスの器にも感激!

 

 

さまざまなチーズが並ぶコーナーもありましたよ。前菜の一部としていただくもよし、食後にゆっくりと味わうもよし。ワインが飲みたくなりますね。

 

迷いながらまずは前菜やスープなどをいただいて、席に戻りましたー。

 

ワンラウンド目、チョイスは三者三様。

「わっ!これ美味しいよー」「それ何?どこにあったの?」と品評会をしながらワイワイ楽しくいただけるのがブッフェの醍醐味ですよね。

 

そして、自分で小鉢膳をコーディネートするような楽しみがある点も新鮮でした。

 

タイミングよく、ローストビーフのテーブルサービスもしていただきました。ブッフェのローストビーフってお客さんが並びがちなので(笑)、これもうれしいですよね。

 

ライブキッチンも和洋の種類・質とも充実していて、順に巡っていくのが楽しかったですよ。こちらはホテルオリジナルレシピの引き立てコンソメスープ。7月のブッフェテーマ「創業130周年記念ブッフェ」にちなんだメニューです。

コトコトと煮込まれている様子に、食欲と好奇心が刺激されます!

 

天ぷらもありました!具を選べて、目の前で揚げていただけます。

サクッ、フワッと揚げたて最高!これってシンプルながらかなり価値大だと思いました。

 

足元にはソーシャル・ディスタンスを保つためのサインが。このデザインもセンスいいですよね。

 

そして、それぞれのコーナーのシェフがとっても親切丁寧で、親しみやすい雰囲気なんです。

「コンソメスープはどんなふうに作るんですか?」と聞いてみたり(卵白で澄ませることをはじめて知りました!)、

立ち止まって迷っていると、「どうぞ、天ぷら美味しいですよ~。お好きな具を選べますよ」とニコニコ声をかけていただいたり。

 

ブッフェ再開で、お客さまを迎えられる喜びが伝わってくるようでした。

そして、私たちも、今こういったコミュニケーションがすごく嬉しいなぁとしみじみ実感しました。

 

フロアは窓際を中心に席が設けられ、「三密」とは無縁の状態で安心です。

ちなみに、以前この場所は宴会場だったのですが、当時は窓ではなく壁になっていたそうです。今回のリニューアルで、京都でも随一のダイナミックな眺めと贅沢な空間のブッフェレストランになったのではないでしょうか?

 

この後、サラダやフルーツ、メインのお魚やお肉料理、デザートまでいただいてからの、誘惑に負けて、まさかのカレーや鯖寿司、一口うなぎ丼を再び…というブッフェならではの反則技も繰り広げながら(笑)、存分に堪能しました!

 

2時間あまり。感染症対策における安心感の中で、気分がハッピーになるワクワクとホッと和める癒しの両方を味わえた至福のひとときでした。

 

そしてそして、最後のうれしいおまけがこちらです!

 

7階に新しくできた屋上庭園。京都市内のホテルでこんなに空が開けていて、山の緑が間近に感じられるお庭ってあるでしょうか!

(宿泊していなくても入れるそうですよ。またもや長居をしてリフレッシュした後、ようやく帰路に着きました)

 

東山に抱かれた最高のロケーションを誇る、ウェスティン都ホテル京都。

南禅寺や平安神宮など徒歩圏内には名所も数多くあります。

京都や近隣の方もあらためて“ディスカバー京都”の拠点にいかがですか?

 

 

※写真および文章で紹介しているお料理は2020年7月の「創業130周年記念ブッフェ」のランチの内容です。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【ランチブッフェ】

平日 11:30~14:30

大 人:4,133円(5,000円)

小学生:2,645円(3,200円)

未就学児:無料

 

土曜・日曜・祝日 11:30~15:00

大 人:5,372円(6,500円)

小学生:3,223円(3,900円)

未就学児:無料

 

 

【ディナーブッフェ】

金曜・祝前日 17:00~21:00

大 人:5,785円(7,000円)

小学生:3,637円(4,400円)

未就学児:無料

 

土曜・日曜・祝日 17:00~21:30

大 人:7,025円(8,500円)

小学生:4,380円(5,300円)

未就学児:無料

 

※ ()内の料金は税金・サービス料を含む

※ 大人料金1名に対し小学生(6歳~12歳)1名無料

※ディナーブッフェは当面の間、金曜・土曜・日曜・祝日・祝前日のみ

月曜~木曜はセットメニュー、またはアラカルトの提供

 

スポット情報

店舗名 ウェスティン都ホテル京都
住所 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
電話番号 075-771-7111(ホテル代表)、075-771-7158(オールデイダイニング「洛空」)
営業時間 平日 11:30~14:30
大 人:4,133円(5,000円)
小学生:2,645円(3,200円)
未就学児:無料

朝食セットメニュー/6:30~10:00
朝食アラカルト/10:00~11:00
アラカルト /11:00~22:30
ランチ/11:30~14:30
ディナー/17:00~21:00
※最終入店22:00
交通 地下鉄東西線「蹴上駅」下車 徒歩約2分

ホームページ https://www.miyakohotels.ne.jp/westinkyoto/index.html

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

壬生寺 万灯供養会(まんとうくようえ)

【季節イベント】

壬生寺 万灯供養会(まんとうくようえ)
2020/08/16まで

清水寺 千日詣り・宵まいり

【年中行事】

清水寺 千日詣り・宵まいり
2020/08/16まで

六波羅蜜寺 萬燈会厳修

【年中行事】

六波羅蜜寺 萬燈会厳修
2020/08/10まで
イベントを探す
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる