DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第2回 〝穀雨(こくう)〟に「野蒜(ノビル)のおむすびと筍の紫蘇漬け」を

2020/04/19

 

旬のタケノコをおいしい保存食に。いろいろアレンジも!

 

「タケノコって意外に足が早いので、紫蘇漬けにしておくと重宝するんです」とめぐみさん。刻んでオムレツに入れたり、ペペロンチーノの具にしたり、パスタだったら、シラスと合わせるなどしても良いといいます。そうそう、もうひとつ、〝食いしん坊ワンポイント〟が。それは、タケノコを大ぶりに切ること。そのほうが、食べる箇所によって漬かり具合に変化が出て、おいしくて楽しいのだとか。なるほど~、参考になります。

 

今回の盛り付けに使用されたのは、漆作家・後藤政弘さんの「紙胎(したい)漆器」というシリーズの八寸皿です。おむすびを竹の皮で包んだり、お重に詰めたりするような気分で、漆のお皿をチョイス。沈みこむような色みで、しっとりとしたツヤもある器が、おむすびのごはんの白さとノビルの緑、タケノコの紫蘇むらさきのそれぞれの色を鮮やかに引き立てます。

 

▲キッチンの様子が見える席に座って、お料理ができるのを待つ時間もいいものです

 

▲とある日のデザート。「紙胎漆器」のコースターがお盆の上をキリッと引き締めています

 

▲「まつは」の玄関から。中庭まで見渡せる京町家のつくり

 

―次回は〝立夏(りっか)〟をイメージしたお料理のレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

RECOMMENDおすすめイベント

デジスタイル京都

閉じる