DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

豚骨一筋! あの「一蘭」が、四条烏丸にやってきまーす!

2018/12/11

こんにちは。マツモトです。

京都市内なら河原町にある店舗で、長い行列を見る日の多い「一蘭」。その一蘭が、12月13日(木)、京都のビジネス街の中心地、四条烏丸エリアに新店舗をオープンします!

 

京都には河原町以外にも、八幡や洛西に店舗がありますが、京都市内の地元の方にも、もっと一蘭の豚骨を楽しんでいただきたい! との思いから、満を持しての京都烏丸店開店です。

 

今日は12月13日のオープン前に、一足お先に新店舗を体験してきました。

■apple京都とジュンク堂書店の間にあるビルの2階に堂々、オープンです!

 

店内はとてもレトロな雰囲気。


■消火栓のボックスも、レトロ風にお化粧しています。

 

味集中カウンター元祖替え玉システムなど、一蘭ラバーにおなじみのスタイルは、京都烏丸店も同じです。

味集中カウンター、一部では仕切りを倒せる店もあるようですが、烏丸店の仕切りは固定。とにかく味に、超集中できます。

■このシステム、最初は戸惑いましたが、慣れるとなんだか落ち着く空間(笑)

 

早速、ラーメンを試食!

創業以来、“天然とんこつラーメン”にこだわる一蘭の豚骨は、ほんと、一切臭みなし!

 

実はわたし今回が“初一蘭”。でも豚骨ラーメンは大好きなので、期待も大。
■すだれが上るとスッと置かれたラーメン。このあたりからすでにどんぶりにくぎ付けでした。

 

スープをひとくち。とんこつ味はしっかりあるのに臭みはなし。なら上品かというと、そいういうとり澄ました感じはなく、うまみはガツンとしっかり。

「かため」を指定した麺は想像していたのよりもう少しかためでしたが、でも好きな食感です。
でも今度は一度、オーダーシートのおススメどおりに頼んでみようとも思いました。

 

続いて代表メニューをもう2品。

 

煮こみ焼豚皿は、コクのあるしっかりした味付け。
ビー●が欲しくなりますが、一応仕事なのでちょっとガマン。

■皿ごとゴハンにぶっかけたくなる衝動を抑えつつ、いただきます。

 

〆のデザートには、抹茶杏仁豆腐をどうぞ。

 

福岡の茶どころ、八女の抹茶をふんだんに使用しています。

結構大きめなのですが、案外ぺろりといけるおいしさ。抹茶のソースのにがみ、甘みが絶妙なアクセントになっています。

■クコの実の赤、抹茶杏仁豆腐の緑、お皿の黒。一蘭のシンボルカラーを表現しています

 

最後に、一蘭 京都烏丸店店長の山田さんにひとこと、意気込みをいただきました。

「京都の方に愛される店になるよう頑張ります!」

 

■店内に響き渡る言葉のおもてなし、“幸せを!”コールがとってもよく似合う山田店長

 

きっと四条烏丸店も、こだわりの一杯を求めて、長~い行列が、できることでしょうね。

 

お・ま・け!

味集中カウンターなど、お子さん連れでは無理~、と思っていらっしゃるア・ナ・タ!
一蘭はお子さまにもとってもやさしい店なんです。

 

・お子さまが一人で椅子に座っても落ちないよう、シートにはガードが用意されています。

・お子さまラーメン専用オーダーシートもちゃーんと用意がありますよ。

一蘭公式アプリをダウンロードすれば、お子さまラーメンは無料なんです!

 

大人向きかと思いきや、お子さまにもやさしい一蘭さん。
ちょっぴり寒くなってきましたが、ファミリーで行列に加わるのも、よいかもしれませんね。

スポット情報

店舗名 一蘭 京都烏丸店
住所 京都市下京区立売中之町102-3 ミューズ389京都ビル2F
営業時間 9:00~翌2:00(席数39席)
交通 阪急「烏丸」駅・「河原町」駅 13番出口よりすぐ
駐車場 なし
ホームページ https://ichiran.com/

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる