DIGISTYLE KYOTO

京のあんこに誘われて

Translate this page :

一覧へ戻る >

【京名菓・名菜処 亰(みやこ)】10月11日オープンの新スポットで見つけた、あんこの変化球!

2018/10/13

ごきげんいかがですか。

あんこ好きライター、かがたにです。

 

以前ご紹介した京都駅ビル内の穴場的お土産スポット「京名菓 匠味(たくみ)」さんですが、なんと先月いっぱいで営業終了・・・!

 

穴場すぎたのか!?とショックを受けておられる方々、ご安心召されーい。

10月11日よりJR京都駅烏丸中央口の改札を出てすぐ西(左)の場所に、新たに「おみやげ小路 京小町」がオープンとのこと。

1個売りではなくなりましたが、老舗ののれん柄をデザインしたオリジナルパッケージの小ぶりな商品が揃う「京の和菓子のれんめぐり」というコーナーを展開しています。

インディーズ時代から応援してきたバンドのメジャーデビューの一報を聞いた古参ファンの心情とはこのようなものなのでしょうか。嬉しさとほんの少し寂しさを感じつつ、これからのますますの発展を祈念したいと思います。

 

そして!同日、京都駅にオープンのスポットが、もうひとつ!!!

 

JR京都駅2階西口改札を利用するたびに気になっていた、あのスペース・・・。

 

かつてSUVACOと呼ばれ、親しまれていたあの場所に、素敵な京菓子が楽しめるスポット「京名菓・名菜処 亰(きょうめいか・めいさいどころ みやこ)」が誕生したと聞きつけ、一足早く内覧会にお邪魔してきました。

 

「京名菓・名菜処 亰(みやこ)」さんの表記は、「京」の異体字で、横棒が一本多い「亰」だそうです。

SNS全盛の時代に、一発変換できないこの字を用いるあたり、並々ならぬ思い入れがありそうですが、今回は先を急ぎますので割愛させていただきますぞ。

 

新スポットの場所は、JR京都駅2階西口の改札目の前という、好立地。

足を踏み入れてすぐに吸い寄せられたのが、西本願寺の西側、島原大門前に本店を構える「京菓子司 三昇堂小倉」さんの「生麩ワッフル」(税込324円)。

 

小豆のこしあんを包んだ大きな京生麩をワッフル状に焼き上げた、亰(みやこ)店限定商品です。

 

見た目は完全にベルギーワッフルなのですが、生麩のモチモチ食感もちゃんと残っており、小豆あんもやさしい甘さ。温かいので、小豆の香りもホワッと立ち上ってきます。カリッと焼けた熱々の生麩に、メープルシロップではなく黒蜜を合わせているのも、和のテイストで統一されていてイイ感じ。

 

 

もともと生麩餅が評判のお店なのですが、これは初めての食感でした。

一個からでも買いやすく、修学旅行生にも人気が出そうな予感がいたします。

 

そして、三昇堂小倉さんでもう一つ目を奪われたのが、「京のお漬物大福」(税込162円)。

 

 

白あんに京都らしいお漬物を混ぜこみ、お餅で包んだそうです。

 

冒険が過ぎる・・・!!!

 

と心で突っ込みながらも、お話を聞いてみると、同じく「亰(みやこ)」に出店されている「京つけもの もり」さんとのコラボ商品なんですって。

 

というわけで、「京つけもの  もり」さんに移動。

大福に入っている漬物の現物を確認しに行きます。

 

 

漬物自体は、めちゃ美味しそう!でも、それがあんこと一緒になって大福に入ると思うと、ぐぬぬぬ・・・となります。

 

 

“おかず”の冠に若干不安は残りますが、生姜はまだ和菓子としてイケるような気もする。

でも、「しそ香々」が「たくあん」であるという事実を目の当たりにして、大福の試食に戻る気持ちが揺らぐワタクシ・・・。

 

えーーーっと・・・、少し気持ちを落ち着かせるため、他のお店も見て回ることにしましょう(笑顔)。

 

健康志向の方にうれしい、「酵房西利」が手がける乳酸発酵甘麹飲料のドリンクスタンド「発酵生活AMACO」や、

 

 

仕事帰りや新幹線の中を天国にしてくれる、焼きとりや鶏肉のお惣菜・弁当のお店「日本一」、

 

 

京都全域の蔵元の酒が豊富に揃う地酒ショップ「富屋」など、

 

 

和菓子・洋菓子・惣菜・弁当・漬物・酒などの専門店32店が集結する同スポット。

京都の老舗、京都生まれの新ブランド、京都初出店の人気店など、観光客だけでなく通勤や通学、お出かけの際にも利用したくなるお店が勢揃いです。

 

イートインスペースがあるわけではないのですが、

 

その場でサッといただけるもの(画像は発酵生活AMACOのこうじみかん)や、

 

 

ライブ感のあるお店があるのも、面白いところ。

 

 

そして、SUVACO時代から親しんできた者としては、お帰りなさい!と叫びたくなるブーランジェ!

「ブルディガラ エクスプレス」さんも健在でした。

 

そして、ここでまさかの あんこ meets かがたに の機会があろうとは、夢にも思っていませんでした。

 

 

>おしゃれパン屋さんで見つけたあんこ三姉妹を紹介するよ!

スポット情報

店舗名 京名菓・名菜処 亰(きょうめいか・めいさいどころ みやこ)
住所 JR京都駅2階西口改札前
電話番号 075-365-8602
営業時間 8:30〜21:00(ブルディガラ エクスプレス、立鮮調進 なかがわ は7:00〜)無休
交通 JR京都駅下車すぐ
ホームページ http://www.thecube.co.jp/

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

京のあんこに誘われて一覧

かがたにのりこ

ライター:かがたにのりこ

あんこをこよなく愛し、月に2回は自宅で餡炊きをするフリーライター。 元・漉し餡党、現在はあんこ博愛主義者。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

明治維新150年記念現地見学会 「幕末・維新の歴史を歩く」

【まちあるき】

明治維新150年記念現地見学会 「幕末・維新の歴史を歩く」
2018/11/18まで

無鄰菴ティースクール第6回~スタイルを身につける1~

【お茶会】【教室】

無鄰菴ティースクール第6回~スタイルを身につける1~
2018/11/18まで

第2回織部賞授賞式・記念講演会

【その他イベント】

第2回織部賞授賞式・記念講演会
2018/11/18まで
イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる