DIGISTYLE KYOTO

吃尽好吃@京都

Translate this page :

一覧へ戻る >

【広東料理 鳳泉】京都の人には馴染み深い“鳳舞系”の京風中華料理店。名物「カラシソバ」を求めて!

2017/12/12

中華大好き営業マン・古田です!

皆さん、「京風中華」という言葉を聞いた事はありますか?

確かに中華料理店は世の中にたくさんありますが、京都とはなかなか馴染みがないような・・・。実はある方に教わりまして、またこの方がたいへん京都にお詳しい方なんですが、ご紹介いただき今回は河原町二条を上がるの「鳳泉」さんを取材しました。

 

調べると、京都ではその昔「鳳舞」というお店が有名だったそうで、そちらで修業されたご主人がオーナーをされています。

 

お店はビルの一階で、このような看板がむかえてくれます。

取材後に撮影したため、電気消えてます。ごめんなさい。

 

そして、とっても楽しみにしてきたメニューの焼売が、なんと、売り切れ。

私の脇の甘さを露呈してしまいました。。。

気を取り直して店内へ。

 

まずはドリンクを。う~ん、とりあえずビールで乾杯!

瓶ビールが、映える店。

そして、オーダー。

一品目は「雲耳豚片(キクラゲブタイタメ)」970円。

キクラゲたっぷり。タケノコの食感もグッドです!味付けもあっさりめで、「これが京風中華なのか~」と思わずうなってしまいました。

 

そして同行者がここで紹興酒(燗)をオーダー。

寒くなってきましたもんね。ピントはごめんなさい。なぜか私のカメラは湯気に弱くて・・・。

 

二品目は名物「韮黄春巻(ハルマキ)」970円。

こちらも中には刻みタケノコが。あっさりして、安心のお味。人気№1メニューだそうです。

 

三品目は「古老肉(スブタ)」1,080円。

揚げた豚肉が、ひたひたのつゆの中に。この白くて丸い物なんだと思います?そう、ライチです。パイナップルと胡瓜も入ってます。こんなにさっぱり、しかもお出しがきいた様な酢豚は初めてです。酸味も弱めでさらっと食べられます。

 

ここで私も紹興酒へ。ロックを頼みました。

ん?何だこれは?

 

なんともサービス満点な量。一瞬ウーロン茶かと思いました。

がぜん食べる気がアップ!

 

四品目は本命の「撈麺(エビカシワソバ)」755円。

通称「カラシソバ」。そう、ピリッとカラシがきいてます。アンもしっかりかかっていて、なんだこれは!

 

真好吃(ほんとうに美味しい)!!

 

思わず出てしまいました。このセリフ。

 

麺ももっちりいい感じ。これは絶対また来ますね。

 

まだまだ続く、京風中華。

五品目は「蔴辣鶏(カシワテンプラ)」970円。

これまた、優しいお味。

 

しっかりとお塩にバウンドさせて、パクリ。

おいし~!紹興酒も進む!

 

そして六品目「炒飯(チャーハン)」645円。

これがすごいんです。ちょっと炊き込んだ感があって、正に京風中華飯。

まいりました!

 

いや~、本当に満足しました。本場の味もいいのですが、京都に洗練された味もまた格別

 

オーナーともしっかり記念撮影。

とっても気さくで優しい方でした。中国の河南省鄭州市ご出身だそうです。

皆さまぜひ「鳳泉」へ!

 

 

 

次は、同じく「鳳舞」の流れをくむ「鳳舞楼」をたずねたいと思います。

スポット情報

店舗名 広東料理 鳳泉
住所 京都市中京区河原町二条上ル清水町359 ABビル 1F
電話番号 075-241-6288
営業時間 火〜日・祝日
11:30〜14:30(L.O)
17:00〜20:00(L.O)
日曜営業

月曜定休
交通 京都市バス「京都市役所前」から徒歩1分
地下鉄東西線「京都市役所前」駅から徒歩2分

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

デジスタイル京都

閉じる