DIGISTYLE KYOTO

フォトジェニックな京都~カメラマンによるスマホ撮影のコツ

Translate this page :

一覧へ戻る >

【松葉湯】銭湯にインコ舞い飛ぶ?フォトジェニック町歩きツアーに参加!

2017/11/22

こんにちは。

お散歩カメラマンの久藤です。

今回は「まいまい京都」さんのツアーに参加してきました!

「まいまい京都」とは京都の住民がガイドする京都のミニツアーで各ガイドさんの深い“愛”を大切にツアーを組んでいるそうです。

私が参加したのは

 

「お風呂ソムリエといく、インコ舞い飛ぶ楽園・松葉湯へ ー地下水、薪焚き、タイル絵‥平安京の中心に、極楽ありますー」

 

すごいタイトルです!(笑)果たして沢山のインコちゃんに会えるのでしょうか。

ツアーの定員は15名で2〜3時間のコースを周ります。

続々と参加者が集まる待ち合わせ場所でまるで修学旅行かのような雰囲気に早速テンションが上がります!

ガイドを担当してくれたのは林 宏樹(はやし ひろき)さんで京都の銭湯をこよなく愛しているお方。「銭湯の良いところは町に根付いているところ」と町歩きとセットのツアーにされているそうです。

今回の待ち合わせ場所は千本丸太町。

松葉湯は平安京の大極殿のほの近くなので、まずは大極殿遺阯碑の見学をしました。

その後、  店内でコーヒーを焙煎している太陽堂珈琲さん(お店に入るとどーんと焙煎機が置いてあります。珈琲カステラが美味しいそうですが残念ながらこの日は売り切れでした)

 

 

明るい雰囲気のお母さんがやっている池端あられ店さん(山椒味のおかきがビールに合うそうです。種類が沢山あって何を買うか悩んでしまいました!)

 

 

 

すべてオーダーの手づくりギター屋daily tone guitars*さんを見学しました。

 

 

そして松葉湯に到着!

 

オープン前の銭湯に入るのは初めてです!中でご主人の松井さんがお店の成り立ちや鳥達の話をしてくださいました。

 

キボウシインコのオーちゃん(44歳!)がご主人に相の手を入れながらの軽快なトークで、すっかり参加者の方もリラックスムードです。まずは女湯から見学しましょう!

 

 

わおー!浴場の奥に大きな鳥小屋が。カラフルなインコが仲よさそうに並んでいます。

多くのスマホはシャッタースピードが遅いので止まっているインコを撮りましょう!シャッタースピードを早められるスマホをお持ちの方はどんどん羽ばたいているインコちゃんを撮影してください!

お持ちのスマホの性能に合わせて撮影するタイミングを見計らってくださいね。

 

松葉湯には現在オカメインコ、コザクラインコ、ボタンインコ、セキセイインコ、ジュウシマツ、キボウシインコがいるそうです。

何種類見つけられるでしょうか?もちろん営業中の銭湯では写真は撮れませんので「 まいまい京都」に参加して思う存分写真を撮ってください♪

余談ですが温室などに入ってレンズが雲ってしまった場合は、レンズの内側の空気が温まるまで待つと随分曇りが解消されますよ。

ちなみに男湯の露天風呂にはテレビも付いています。

 

ご主人手作りの鳥の集合住宅も気になりますね。

 

亀の亀太郎ちゃんもいました。(ネットの下の大きい甲羅がそうです!)

銭湯と言えばタイル画も気になりますがこちらではアルプスの山々の壁画が見られます。

この絵は仕事柄長期でお休みを取りにくいご主人と奥様がお店の改装の時に初めてゆっくり二人で旅行した思い出の場所だそうです。


鳥達と触れ合った後に薪の材料になる廃材も見せてもらいました。

 

松葉湯は地下105mから組み上げた地下水を薪を使って沸かしているためやわらかくよく温まるお湯になるのだとか。

これだけあっても1ヶ月で使いきってしまうそうです。最後にボイラー室も拝見。

 

なんと薪の余熱でふんわり焼いた焼き芋のプレゼントまで頂きました。

しっとりとして美味しい!

そして今回のツアーのオマケに町の至る所でお化粧地蔵を見て回りました。こんなに狭いエリアにこれだけのお化粧地蔵がいるの?と思うくらい沢山のお地蔵様にあえました。

どのお地蔵さんもそれぞれ個性があってとっても可愛い♪
ツアーの締めくくりに京都アスニーの一階にある京都市平安京創成館に立ち寄り本日のツアーで回ったところが平安京のどの辺りになるのか確認。

再度松葉湯に戻ってツアーは終了しました。

ちょうど銭湯の営業が始まった時間。お楽しみの銭湯タイム!

京都の町はフォトジェニックスポットがいっぱいと改めて実感しました。皆さんもいろいろな切り口で京都の町を楽しんでくださいね。

それではまた次回~!

 

■株式会社大洋堂珈琲

京都市上京区下立売千本西入稲葉町463
電話 075-841-5095
Fax 075-841-8196
定休日 日曜 祝日
営業時間 9:00~18:00

 

■池端あられ店

所在地  〒602-8354 京都府京都市上京区下立売七本松西入
電話  075-841-6805
■Daily Tone Guitars

所在地  〒602-8352 京都府京都市上京区稲葉町436-1
時間  11:00~20:00分
電話  075-406-0179

スポット情報

店舗名 松葉湯
住所 京都市上京区下立売通御前通東入西東町356
電話番号 075-841-4696
営業時間 15:00-24:00
定休日 日曜日

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

フォトジェニックな京都~カメラマンによるスマホ撮影のコツ一覧

久藤美智子

ライター:久藤美智子

京都在住のフリーランスフォトグラファー。 得意分野は人物、建築、料理。自然を愛する2児の母。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

ワコールスタディホール京都 いしいしんじの「酒はものがたる」 全6回(第4~9杯目)

【その他イベント】【グルメ・酒】

ワコールスタディホール京都 いしいしんじの「酒はものがたる」 全6回(第4~9杯目)
2018/09/26まで

Gallery G-77 渡邉野子展「GLITTER」

【展覧会】

Gallery G-77 渡邉野子展「GLITTER」
2018/10/13まで

京都丹波/亀岡『夢コスモス園』

【その他イベント】【年中行事】

京都丹波/亀岡『夢コスモス園』
2018/10/28まで
イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる