DIGISTYLE KYOTO

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【旬菜 京風おでん だいすけ】「おだし」が堪能できる名物おでんが楽しめる、京都駅にオープンしたお店!

2017/09/05

こんにちは。

うま味たっぷりのおだしは日本の宝! と信じている藤松です。

 

今日は祗園「のんき亭」さんで長らく包丁を振るってきた大将が、新業態として京都駅前のお店に移られたと聞いてやってきました。

「旬菜 京風おでん だいすけ」は8月9日オープン。

京都駅の北側にできた〈アパホテル 京都駅北〉の1階にあります。

 

店名の「だいすけ」は大将の名前から。

しかし大将、なぜ「おでん」を店名に入れられたんですか?

「このところ“だし”がブームでしょう? おいしい“おだし”を楽しんでもらえるものを考えたら、おでんかな、と思って」

 

なるほど、たっぷりのおだしに浸っているおでんは、そのうま味を味わってもらうならぴったりですね!

 

しかしメニューを見ると、その「だし」の中身がスゴい!

昆布にかつお、

陸奥湾の焼き干し鰯、

干し椎茸に、いしる醤油。

 

何という贅沢なおだし!!

 

いしる醤油は能登で使われる魚醤の一種。

大将によると、陸奥湾の焼き干し鰯が、またいい仕事をするそうです。

これだけ色々な素材が醸し出すおだしは、いったいどんな味なのか。

目の前でゆったり煮込まれているおでんを、早速オーダー。

いただいたのは「おすすめ3品盛り合わせ」。

日によって内容は変わるそうですが、今日はすじ肉、じゃがバター、あぶらあげのトリオ。

 

こんなにうまいおでんの伴走には、やはりおだしや素材の味を活かすお酒がよく合います。

と、いうことでまだ暑い今日は「松竹梅 超特撰 豪快 純米吟醸」をいただきます!

 

ではさっそくおでんをひと口…。

ジャガイモはほくほくで、おだしとバターがほどよく溶けあい、

まさに“理想のじゃがバター”!!

 

北海道産のキタアカリを丁寧に下ごしらえしてからだしに入れる、このひと手間だからこその、この味です。

 

あぶらあげは京都でも評判のお豆腐屋さん、久在屋さんのもの。

弾力で密度の高いおあげは、だしをたっぷり含んでこれまた至福の味わいです。

 

柔らかくて味わいのあるすじ肉も、肉の中までおだしがしっかりしみこんで、肉のうまみを倍増させています。

 

「だいすけ」はカウンターと料理する大将たちが向き合うかたちになっています。

目の前できびきびと包丁を操る大将・だいすけさんはじめ、料理人の方との話も弾みます。

だいすけさん、どんなお客様が多いですか?

「いまはこの周辺にお勤めの方とかかな。おでんを窓口にして、新しいお客さんに来ていただけるようにしたいですね」

 

 

続いてお願いしたのは「イチボ・ヒウチの塩焙り ワサビ」。

さっと焙って脂を落とした牛肉を、スペイン産の塩とワサビでいただきます。

お酒は、趣向を変えて赤ワインをオーダー。

カベルネ・フランという品種からできたワインは、果実味が豊かでタンニンは控えめ。

大将がいらっしゃった「だいすけ」の姉妹店、祇園の「のんき亭」は、旬の素材を使った料理が自慢の居酒屋さんです。

 

ところがそちらは「ステーキハウス?」と言われてしまうほど肉料理が人気です。

ここ「だいすけ」でも同様に、京都産を中心とした肉を使った、おいしい肉料理がいただけます

今日いただいたのはヒウチという、モモ肉の一部。

見事なサシが入っていましたが、肉質がよいから脂もさらっとしています。

我ながら怖いほどぺろりと食べてしまいました。

 

そして毎回のお楽しみ。

今日のシメは「おでん雑炊」です!

 

たっぷりのおでんだしで炊いた雑炊には、細かく刻まれたすじ肉と、ゴマの香りがよいアクセント。

今夜も大満足です!

 

 

大将のだいすけさんは、花街・祇園とは違うこのエリアで、雰囲気もおサイフも、気楽に楽しめる店にしたいと話してくれました。

ホテルの1階という珍しいロケーションですが、早くもランチは完売するようです。

祇園の味が手軽に楽しめるの嬉しいですね!

観光客やビジネスの方が多いこのエリア、仕事の終わりや新幹線に乗る前に立ち寄るファンもできそうです。

 

“この辺りにおでんの専門店はないから、すこし時間はかかっても、面白いことができるかな”

 

お酒も、料理の素材も、季節ごとにじっくり選んでいきたいというだいすけさん。

この道一筋40年のだいすけさんの立つ「だいすけ」は、京都駅北側の、新たな名物店になりそうです。

 

スポット情報

店舗名 旬菜 京風おでん だいすけ
住所 京都市下京区木津屋橋通新町西入東小路町597-2 アパホテル京都北1階
電話番号 075-746-7111
営業時間 朝食7:00~10:00(L.O. 9:30)
昼食11:30~14:00(L.O. 13:30)
夜処17:00~23:00(L.O. 22:30)
※日・祝は休み
交通 京都駅から徒歩約5分

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!一覧

藤松幸一

ライター:藤松幸一

南区の業務用酒販店・株式会社ふじまつの社長。 美味しい料理とお酒大好きな1975年生まれ。 『飲食店のトータルサポート』 をテーマに、ただ売るだけでなくお客様がご繁盛して頂ける環境づくりをお手伝います。 面白おかしく、たまには真面目に素敵なお店情報をお届けします。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる