DIGISTYLE KYOTO

【E-TOKO深草】深草いいトコ体感プロジェクト

Translate this page :

一覧へ戻る >

【深草のテイクアウト】墨染の拉麺 へんてこで、できたてのこだわりラーメンを持ち帰り!

2021/05/30

こんにちは、ラーメン大好きミヤマグチです。

 

本日ご紹介するのは深草のラーメン店「拉麺 へんてこ」さん。

デジスタイル京都スタッフのニシオカと一緒に、社用車で移動中に「おいしいラーメンが食べたい~!」という話になり、テイクアウトでできたてのラーメンをいただけるというへんてこさんに行ってきました。

 

お店は京阪墨染駅を降りてすぐ、墨染ショッピング街にあります。

店内はカウンターのみで、深草の名店「西海」さんで修業をされていたという店主の池上さんと、奥様のご夫婦で営まれています。

看板にも記してあるように、現在はテイクアウトのみの営業となっていました。

 

テイクアウトの方法は「できあがったラーメンを持って帰ってそのまま食べる」バージョンと、「麺やスープを持ち帰って自分で作る」バージョンの2パターン。

できあがりバージョンはそれぞれ容器代がプラスされます。

テイクアウト用の容器はいろいろと進化していて「持ち帰って召し上がっていただいても、少しでも熱々のまま楽しめるように」と、保温効果も上がっているそうです。それはありがたいですね。

 

今回私たちは調理をする時間もなかったので、できあがりバージョンのテイクアウトでオーダー。

すぐに車に乗り込んで5分ほど行ったところにある駐車場でいただきます!それにしても車内でできたてのラーメンが食べられるなんて、ありがたいですよね。

 

私がいただいたのは「へんてこ しょうゆ」700円(税込)+容器代80円。

 

こんな感じで、容器は二層になっています。

 

確かに時間が経ってもスープは熱々!ここに麺と具材をダイブさせます!

 

さらにトッピングのねぎ(ボリューム満点!)をオンすればできあがり!

本当に、今できたて!と言ってもおかしくないくらいの熱々です。

 

まずはスープをひと口。

鶏のモミジ、小骨、香味野菜などを強火で5、6時間炊いて作られたという自慢の鶏白湯スープは絶品で、一気に食欲ボルテージは最高潮!

「テイクアウト用にはのびにくいように少し硬めに茹でいる」という麺との相性も抜群でした。

なるほど、お店で食べるのと、持ち帰って食べるのでは少し麺の茹で方も変わってくるんですね、ニーズに合わせたチューニング。

池上さんのこだわりを感じました。

 

そしてぜひ召し上がってもらいたいのはこのチャーシュー!

じっくり作られている自家製のチャーシューが、このスープと絡み合って、止まらなくなります。

いや~、あっという間に一杯完食です!

 

そしてニシオカのオーダーはこちら!(ここからはニシオカの食レポです)

「魚介へんてこッ 並」850円(税込)+容器代80円

 

まず、ご紹介したいのがトッピング!

 

何よりも目を引くのはこの存在感が半端ないチャーシュー!

 

1.2.3.4.。。。はっ。。はっ。。8枚?

 

チャーシュー麺でもないのに、どれだけ入れてくれるんですか!

「へんてこさんありがとう!」

 

そして大量のネギに大きめの海苔、そして見覚えのある形のスナックが・・・!

そうです!「おっとっと」なんです!

魚介系ラーメンにはぴったりで、可愛いトッピングですね。

 

それではいただきます!合掌!

想像以上の魚介の香りと麺に絡むスープが絶品っ!

そして魚介の特徴でもある、ザラリとした舌ざわりもグッドです。

 

麺もお持ち帰りとは思えないほど、しっかりとした食べ応えで麺とスープとトッピングの三位一体のバランスも申し分ないです!

スープを吸い込んだ「おっとっと」も美味しいですよ~。

これだけ本格的なラーメンを、家に持ち帰らずに外で食べられるのは私のような外交営業にはありがたいです。

へんてこさんありがとう!(2回目)

 

いや~、ごちそうさまでした。

今回は定番メニューをテイクアウトしましたが、へんてこさんは常に新しいメニューも開発されているとのことで、その新メニューもぜひチェックしてみたいですね。
新メニュー情報は公式Instagaramで発表していかれるようです。

この日は急ぎでしたので「車内deテイクアウトラーメン」でしたが、次はゆっくりと「公園deテイクアウトラーメン」してみようと思います!

スポット情報

店舗名 拉麺 へんてこ
住所 京都市伏見区深草北新町648
電話番号 080-8542-5968
営業時間 11:00~15:00
18:00~22:00(21:30ラストオーダー)
不定休
交通 京阪「墨染」駅下車徒歩約2分
ホームページ https://www.instagram.com/henteko0305/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

RECOMMENDおすすめイベント

デジスタイル京都

閉じる