DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ

Translate this page :

一覧へ戻る >

第1回〈清明〉 「春ほうれん草のはちみつホットサンド」で、爽快にビールを

2021/04/05

京都・二条富小路にある京町家カフェ「まつは」を営む西村めぐみさん、由香さん姉妹。「食材の組み合わせが斬新! そしておいしい!!」と評判の料理を提供する二人が、二十四節気に合わせて考えてくれたおつまみを紹介します。なお、メイン食材は野菜。京都の京北町の農家さんから毎回、この季節の〝推し野菜〟のお題をもらう趣向です。

 

第1回は、「清明(せいめい)」(2021年は4月4日~19日)にぴったりな一品をどうぞ。

 

パンにはさんで焼くと火の通り具合が絶妙に!春ほうれん草ならではのみずみずしさを堪能

炒めて良し、ゆでて良し、さまざまに楽しめるほうれん草。でも、この季節のほうれん草に特有の、みずみずしさを活かしたいと「まつは」のお二人が思いついたのが〝ホットサンド〟でした。「生のほうれん草のおいしさを、パンに閉じ込めて逃さず味わうイメージです」とのこと。春ほうれん草に火が通りすぎず、やわらかさ・甘みが引き立ちます。味付けは、はちみつと塩、オリーブオイルのみでシンプルに。

合わせるのは、「Hassaku White(はっさくホワイト)」というビール。京都の「ウッドミルブルワリー」の商品です。

「ほどよい酸味があってフルーティーで爽やか、かつ味わい深いビールなんです。八朔(はっさく)は今が旬ですし、この弾ける感じと春ほうれん草の組み合わせで元気が出そうと選びました」(めぐみさん)

 

「春ほうれん草のはちみつホットサンド」の作り方

〈材料(作りやすい分量)〉

食パン(薄切り)…2枚 はちみつ…適量 ほうれん草…1束 塩…ふたつまみ オリーブオイル…大さじ1

 

〈作り方〉

(1)食パンに、はちみつを塗っておく

(2)ほうれん草は洗って、水分をふき取る。食パンの幅におさまるサイズに手でちぎる

(3)ボウルに(2)を入れ、塩とオリーブオイルを加えて軽くあえる

(4) (1)で(2)をはさむ(はちみつを塗った面が内側になるように)

(5)ホットサンドメーカーでこんがりと焼く

(6)断面がきれいに出る方向にカットし、盛り付ける

 

※オリーブオイルが多すぎるとベタつくので、気をつけて

※ほうれん草をあえるとき、好みでブラックペッパーやマスタードを加えても。ガーリック風味のオリーブオイルなどを使ってもおいしい

 

食パンは穀物の味わいのしっかりとした生地のものが、シンプルな具とマッチしておすすめ。今回は「ザ・ブレッド」というベーカリーの「シリアルブレッド」を使用しています

 

この日の取材、春休みだったお子さんも一緒に京都御苑へ。「連載初回ですし、京都で作られている点もいいなと、『ウッドミルブルワリー』さんのビールを選びました。このホットサンドは冷やした白ワインともよく合いますよ」とめぐみさん(向かって左)

 

現在、「まつは」は長期のお休みを取り、通常営業の再開(4月半ばを予定)に向けて準備中。予約などについてはメールで問い合わせを

 

 

☆ ☆ ☆

この季節の〝推し野菜〟メモ

春ほうれん草

 

 

ひとくちにほうれん草といっても、西洋種・東洋種に大きく分かれます。また品種の差だけではなく、実は季節によって味が全然違います。一年中出回る野菜ですが、食べ比べてみるのも面白いですよ。この時期のものは、さわやかな香りとみずみずしさが特徴。そして春のほうれん草は、大きいものがおいしい! 一般的には25cm程度で流通しますが、直売所などで40cmくらいのものを見つけたら、おすすめです。

解説・吉田修也さん(okulu株式会社/京農園よしだ )

 

―次回は「穀雨(こくう)」のおつまみレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) 
※17:00以降の利用については要相談。
電話やメールでお問い合わせください。

日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
お問合せ先 matuhairoiro@gmail.com
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ一覧

市野亜由美

ライター:市野亜由美

京都をはじめ、あちこちのおいしいお店を訪ねるのが好きな人、です。それをいかせるレシピ記事はギフトのような仕事。お気に入りのお店「まつは」のお二人の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするような料理を紹介したいな…との数年来の夢が叶った昨年に続き、連載をお届けできて幸せです。記事中の写真も撮影しています。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる