DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

二条城で観る&食べる!「世界遺産 二条城の早春」~国宝・二の丸御殿への特別入室や非公開の香雲亭での昼食など!

2020/12/17

こんにちは、子どもの頃から身近に名所旧跡があるのに、あまり日本史が得意じゃないイタクラです…。

 

でも、庭園や建築、日本画などには興味があるので、お寺や美術館・博物館などには行きますし、「美味しいものを食べに行きたい!」という意欲も旺盛なので、お出かけするのは大好きなんです。

「この冬は密にならない地元再発見のミニトリップを」と思っていたところ、あの二条城で、年末年始から2月にかけて、特別企画が順次始まるとのこと。さっそくご紹介していきましょう。

 

「世界遺産 二条城の早春」として、国宝・二の丸御殿「遠侍 勅使の間」特別入室や、「桃山の花木~<遠侍>勅使の間の障壁画~」の原画公開が実施され、非公開の香雲亭で京料理の特別昼食がいただける特別企画の数々。

歴史や芸術に触れ、素敵な空間で美味しいものもいただけるなんて、何やら贅沢な時間が過ごせそうで興味津々です!

 

ここで二条城の歴史についてちょっとおさらい。

築城は1603年(慶長8年)。

徳川家康によって、京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所とするために築かれました。

 

今回、特別に入室できる「遠侍 勅使の間」は国宝・二の丸御殿にあるのですが、この二の丸御殿、3代将軍家光の時代に、後水尾天皇行幸のために城内の大規模な改修が行われた際に、狩野探幽の障壁画などが数多く加えられたのだとか。

天皇を迎えるために、2年前から準備をしたというから驚きですよね。

また、1884年(明治17年)から1939年(昭和14年)の期間は、皇室の別邸 「二条離宮」だった歴史もあります。お城でありながら雅やかな雰囲気はこうした歴史とも関係しているかもしれません。

 

↓こちらが二の丸御殿。

 

そして、こちらが国宝・二の丸御殿「遠侍 勅使の間」です。

 

 

普段は廊下からしか見られないのですが、期間中は部屋に入って間近に障壁画や天井画を鑑賞できます!

 

狩野派による障壁画の筆づかい、欄間彫刻や飾金具の細かな意匠もじっくりと見られますし、その空間に身を置けるというのは贅沢な体験ですね。

 

国宝・二の丸御殿「遠侍 勅使の間」特別入室

【期  間】

2021年1月4日(月)~1月25日(月)

※火曜日は二の丸御殿観覧休止日

【受付時間】

8時45分~16時10分

【料  金】

要入城料

 

………<学芸員さんによる障壁画解説会も行われます>………

[開 催 日] 2021年1月6日(水)・13日(水)・20日(水)

[申込締切]それぞれ12月25日(金)、1月7日(木)・14日(木)

[開催時間]10時~(約60分)

[定  員] 35名(先着制)

▼申込方法など詳しくは下記をご覧ください。

https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/event/nijojosousyun/

 

さらに、今回,初めて勅使の間下段の障壁画の原画が、「二条城障壁画 展示収蔵館」にてすべて公開されます。

勅使の間(下段)檜図(部分)

 

勅使の間(下段)桃図(部分)

 

収蔵庫では、障壁画が御殿と同じ配置で展示されますので、こちらも空間ごと狩野派の世界を体感できますね。

 

原画公開「桃山の花木~<遠侍>勅使の間の障壁画~」

【期  間】

2020年12月21日(月)~2021年2月21日(日)

※12月29日~31日は休城

【受付時間】

9時~16時30分(二条城の入城受付は16時まで)

【場  所】

二条城障壁画 展示収蔵館

【入 館 料】

100円(※別途要入城料)

 

 

 

ちなみに、二の丸御殿は入口から奥に向かって、順に「遠侍」「式台」「大広間」「蘇鉄の間」「黒書院」「白書院」の6棟が並んでいて、「遠侍」は訪れた武士の控えの間。障壁画は迫力ある虎が描かれているのですが、徳川家の力を誇示する意味があったのでしょうね。

 

そして、今回入室できる「勅使の間」はこの「遠侍」の一角にあります。勅使とは、朝廷の使者のこと。ですので、こちらには楓や花鳥など優雅な図柄が描かれているようです。

 

さらに、「式台」を過ぎてその奥にある「大広間」は、15代将軍慶喜による「大政奉還」の舞台となったことで有名なあのお部屋です。こちらの障壁画は、まるで松に囲まれるよう。堂々とした枝ぶりの力強く立派な姿が印象的です。

 

 

そして、最後に非公開・香雲亭での特別昼食のご紹介です。

 

こちらの香雲亭は、河原町二条にあった旧角倉了以屋敷の一部を移築したもので、通常、内部は非公開となっています。同じく角倉了以屋敷から庭石、庭木等を譲りうけた清流園という庭園の中に建てられています。

 

お料理はこちら「早春の二の丸御膳」。

三段のお重に多彩な味わいがぎゅっと詰まっていて、京水菜と甘鯛のゆば鍋(白味噌豆乳仕立て)も付いています。円山公園の「京料理いそべ」さんの丁寧な仕事ぶりが伺えます!

堀川牛蒡や海老芋、棒鱈など京都らしい食材もうれしいですね。

 

席の配置や透明のパーテーションをはじめ、新型コロナウイルス感染症拡大防止の各種対策も徹底されていて安心です。

お庭を見ながらいただけて、優雅なひととき♪

「3,600円(税込・別途要入城料)ならお値打ち。友だちとお昼に新年会もいいなぁ」なんて思いました。

 

完全予約制で、人数に制限がありますので、早めの予約がおすすめです。

 

■非公開・香雲亭での特別昼食(1日48名・完全予約制)

【期 間】

2021年1月9日(土)~2月23日(火・祝)

【時 間】

第1部:11時30分~(24名限定)/第2部:13時~(24名限定)

それぞれ約1時間

【場 所】

清流園・香雲亭

【料 金】

各3,600円(税込・別途要入城料)

【申込先】

「京料理いそべ」 TEL 075-551-1203(受付時間10時~15時)

希望日の前日15時までに予約・12月30日~1月4日は予約受付休止

 

 

二条城は庭園を見る楽しみもあり、敷地内をじっくり回ると全体で2時間ぐらい楽しめます。お庭も空が広く、木々もゆったりしていてスケール感があり、気分が晴ればれしますよ。

この冬、大人の遠足・社会科見学気分でお出かけしてみてくださいね。

 

スポット情報

店舗名 元離宮 二条城
住所 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号 075-841-0096
営業時間 午前8時45分~午後4時(閉城 午後5時)

7~8月
午前8時~午後5時(閉城 午後6時)

9月
午前8時~午後4時(閉城 午後5時)
交通 地下鉄東西線 二条城前駅 下車すぐ
駐車場 あり 有料
ホームページ https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる