DIGISTYLE KYOTO

KYOTOサンドイッチ修行探訪

Translate this page :

一覧へ戻る >

丸太町七本松「手作りパン工房 coneruya(コネルヤ)」 具材たっぷり、満足感を重視。でも、とらわれ過ぎずに、進化も!

2018/01/31

 

修行探訪13軒目から得た学びはこちら!

 

「具材たっぷり、満足感を重視。でも、とらわれ過ぎずに、進化も!」

こうしたお話しを聞かせてくださる間も、ずっと内山さんの手は動いています。極太麺をはさんだ「焼きそばパン」(194円)がどんどんできていきます。

また、びっくりしたのが、午前8時の開店前に入店するお客さんも少なくなかったこと。「パンさえあれば、いつでも販売OKですよ」と大らかなところも、魅力的でした。

このサンドイッチのキッチンからは、お客さんとの会話ができ、売り場の様子に応じて「今日の気まぐれサンド」を追加することもできるなど、お店を見わたせる基地のような場所でもあるのでした。

 

ほかにも、食べたいパンが多数!

 

パンは全部で120種類ほど。

サンドイッチは開店直後、パンは正午ごろが、一番品数がそろっているそう。

 

店内のポップや、表の看板の手描きの雰囲気にもそそられます。あったかい(時にはアツい)お店なのでした。

スポット情報

店舗名 手作りパン工房 coneruya
住所 京都市中京区聚楽廻西町71-2
電話番号 075-822-9342
営業時間 午前8時~午後8時(土日祝は~午後7時) 無休 ※1月1日~3日は休み
交通 JR「二条」駅から徒歩約10分、市バス「丸太町七本松」から徒歩約2分
ホームページ https://www.facebook.com/手作りパン工房coneruya-739761092707307/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

KYOTOサンドイッチ修行探訪一覧

ライター:岡田ゆき&イチノアユミ

岡田:サンドイッチ大好き、食べるの大好き。NO グルテン NO LIFEなフリーライターです。 イチノ:初めての長期バイトは、大学時代、京都のベーカリーにて。パンに夢中だった当時、数年間は米を食べなかったほど。ずいぶん大人になり、〝パン熱〟がいくぶん醒めたとはいえ、今もやっぱり食いしん坊です

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる