DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

うめづくし展  於:好文舎

【終了しました】 2024/01/29 ~ 2024/02/10

眼鏡作家
伏見人形師
現代美術家
花道家
による、梅をテーマにした作品展
ユメとウメのひとときを、
好文舎の白梅とともに…

うめづくし展  於:好文舎

イベント詳細

会場 好文舎
日時 2024年1月29日(月)〜2月10日(土) 10:30~18:00
住所 京都市上京区油小路通上長者町上る甲斐守町118
交通 市バス「堀川中立売」徒歩5分
地下鉄「丸太町駅」「今出川」徒歩14分
料金 入場無料
お問合せ先 TEL 090-9697-7255
ホームページ

https://koubunsha.amebaownd.com/

補足情報

◇イベント 2/3(土)は特別呈茶会を実施!! 【10:30~17:00】 一席¥1,500(お茶とお菓子つき)
✳︎ ✳︎ ✳︎
特別呈茶会は
店内坪庭の白梅を眺めながら アートに触れるひと時を お茶と梅の京菓子(謹製京菓子司 金谷正廣)とともに おたのしみいただける日です。

11:00〜・13:00〜 いけばなLIVE(by花ならい)
15:00〜大人が愉しむ紙芝居(byおうめ) も行います。
喫茶および呈茶席ご利用のかたは どなたでもご覧いただけます。
お気軽にご来店ください。 展示期間中は大人気、オハヨービスケットの洋菓子も 不定期で販売予定です!!

 

◇展示作家
・山ノ瀬 亮胤(やまのせ りょういん)
@societe_lab 眼鏡制作者・現代美術家・ソシエテヌーベルリュネト視覚研究所所長。 ①梅をモチーフにした新作和眼鏡、 ②梅クリップ(京の和文具賞を受賞したステーショナリーシリーズ) ③梅に見立てたガラスビーズで彩られた竹の菓子切り を展示予定。

・丹嘉(たんか)
@tanka.8 江戸時代後期に最盛期を迎えた最も古い郷土玩具である伏見人形。創業270年の丹嘉(たんか)は現在残る唯一の窯元。伏見人形の「梅天神」に加え特別彩色「しろ立ち雛」を展示予定。
・おうめ
@umeda_artwork
@ai_umeme 現代美術家の夫婦。夫 梅田啓介は現代掛け軸と大人が愉しむ紙芝居を展示予定。 妻 梅田亜依は梅にちなんだ陶器作品を展示予定。 2/3の特別呈茶会でおうめの世界をご堪能ください。
・花ならい

@hana_narai
小原流人気いけばな作家の安達力氏のいけばなLIVEを
2/3の特別呈茶会にて11時〜・13時〜の1日2回行います。どなたでもご覧いただけます。(要喫茶利用)
梅のいけばなのリソグラフ(妻 華子による)も展示予定。

 

※日曜定休

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

RECOMMENDおすすめイベント

デジスタイル京都

閉じる