DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ

Translate this page :

一覧へ戻る >

第10回〈処暑のおつまみ〉 「ピーマンの冷たい煮びたし」で微発泡ワインを

2021/08/27

京都・二条富小路にある京町家カフェ「まつは」を営む西村めぐみさん、由香さん姉妹。「食材の組み合わせが斬新! そしておいしい!!」と評判の料理を提供する二人が、二十四節気に合わせて考えてくれたおつまみを紹介します。なお、メイン食材は野菜。京都の京北町の農家さんから毎回、この季節の〝推し野菜〟のお題をもらう趣向です。

第10回は、「処暑(しょしょ)」(2021年は8月23日~9月6日)にぴったりな一品をどうぞ。

 

タネもワタも余さず食べられるのがうれしい!お出汁の〝しゅんだ〟ピーマンと薬味が合います

「ピーマン、大好きなんです。実家の家庭菜園で作っています。一番、好きなのは天ぷら。塩を添えても、天つゆでもおいしいですよね。ピーマン嫌いの子が、天ぷらにすると食べられるようになった奇跡(笑!)もあるんですよ~」と、〝ピーマン愛〟を語ったら止まらないめぐみさん。

今回は大好きなピーマンを、余すところなくいただける、丸ごと煮た一品を紹介してくれました。合わせたお酒は、北海道にあるワイナリー「Vina de oro bodega(ヴィニャ デ オロ ボデガ)」のスパークリングワイン「The day Sparkling 2020」。花や香水に例えられるような芳香を持つという「リースリング」という葡萄を使った微発泡の白ワインです。

「このお料理は日本酒にも合うんですが、ピーマンのジューシーな甘さに、ジューシーな甘みのワインとで、〝甘さに甘さを重ねる〟感じの組み合わせです」(めぐみさん)

さらに、ピーマン独特の苦みがフルーティーなぶどうの香りと、「とても合うんです!」とも。まだまだキリッと冷やしたワインがおいしいこの季節に、試してみたくなる一品です。

 

「ピーマンの冷たい煮びたし」の作り方

〈材料(作りやすい分量)〉

ピーマン…3個 A(だし汁…200cc 砂糖…小さじ1 酒、しょうゆ…各50cc ショウガ…1かけ) スダチ…1個 ちりめんじゃこ、刻みねぎ…いずれも適量

 

〈作り方〉

(1)小鍋にAを入れ、沸騰させる

(2)中火にし、ピーマンを丸ごとのまま入れて煮る。やわらかくなったら火からおろし、そのまま冷ます

(3)冷蔵庫でよく冷やす

(4)器に盛り、ちりめんじゃこと刻みねぎを乗せる。半分に切ったスダチを飾る(もう半分は、しぼって果汁をかける)

※だし汁は、昆布とカツオの一番だしを使用

 

仕上げにスダチをキュッとしぼると、味が引き締まります

この日の取材は京都御苑にて。由香さんは他の用事があり取材は欠席。一人でワインボトルを持っての撮影に、ちょっと照れるめぐみさん(可愛らしい~)

「まつは」は、現在、店内飲食をお休み中です。再開予定はホームページやSNS(facebook、Instagram)などに随時アップされますので確認を。

 

☆ ☆ ☆

この季節の〝推し野菜〟メモ

ピーマン

 

一口にピーマンといってもその種類は多く、シシトウや万願寺とうがらしなどの細長いものから、パプリカのようなカラフルで肉厚なものなど、さまざまな形や色、大きさのものがあります。

緑のピーマンは苦い野菜の代名詞のようになっていますが、じつは収穫のタイミングによって味が大きく変わります。十分に大きく熟したピーマンは苦味が減り、爽やかな甘さや酸味が出てくるので、お店で買うときに意識するのも面白いかもしれません。また、育てやすい野菜ですので、来年、家庭菜園でチャレンジしてみては(植え付けは5~6月)。

解説・吉田修也さん(okulu株式会社/京農園よしだ )

 

―次回は「白露(はくろ)」のおつまみレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) 
※17:00以降の利用については要相談。
電話やメールでお問い合わせください。

日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
お問合せ先 matuhairoiro@gmail.com
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ一覧

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好き。おすすめの手土産、ランチの行き先など、友人から尋ねられることもしばしば。仕事で、レシピの記事を担当できるのは幸せ。 食の世界の奥深さや、楽しいことへの興味が高じて、小さなイベントを自ら企画したりも。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

平安蚤の市【岡崎公園】

【エコ・イベント】【縁日・市】

平安蚤の市【岡崎公園】
2022/09/26まで

梅小路公園 藤袴と和の花展

【季節イベント】

梅小路公園 藤袴と和の花展
2022/10/10まで

幾一里の企画展 暮らしのうつわからアートまで…内田鋼一 作品展

幾一里の企画展 暮らしのうつわからアートまで…内田鋼一 作品展
2022/10/01まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる