DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節季レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~

Translate this page :

一覧へ戻る >

第1回 〝清明(せいめい)〟に「春の豆のサラダとレモンのおやき」を

2020/04/03

ある時はごはんやさん、時にはカフェ、そしてバーとして…。二条通にお店を構える「まつは」は、いろんな〝カオ〟を持つお店です。「うちはジャンルにこだわりがないんです。ゆっくりと過ごしてもらえたら嬉しい」と、にこにこ話すのは同店の店主かつ料理人の西村めぐみさん、由香さん姉妹。実は正式に調理を学んだ経験はないというお二人ですが、「食いしん坊なのは確か」とのお言葉に偽りなし。私が思うに、いわゆる〝絶対音感〟のような〝絶対味感〟の持ち主です。

この連載は、「まつは」のお客さんたちを魅了して止まないそのセンスをいかしたお料理を考えてもらえませんか、せっかくだから暮らしの暦〝二十四節季〟に合わせたものを、とのお願いから始まりました。

毎月2回、「わぁ、楽しい」「何がいいかな」「この食材、好き~」といったフワリとした会話の中から生まれる、美味しいもののレシピをお届けします。お店の空気感を自宅でも味わってみてください。

 

 

今年の〝清明〟は44

 

〝清明〟は全てのものが清々(すがすが)しく明るく美しいころを指し、今年は4月4日です。めぐみさんは、「空調をオフに、戸を開け放って息をするのがうれしい! 寒さのなかで咲いていた花ばなの健気な季節が終り、同じ枝から若芽がつやつやのびのびとするのを眺めるのが好きだな」と感じるそう。急に思い立って、食べ物と飲み物をみつくろって真っ直ぐ鴨川に向かう、なんてこともある時季だとか。

そんな生命力にあふれる季節のイメージを、ワンプレートに盛りこんでくれました。

 

みずみずしいお豆は、さっと湯がいてフレッシュなおいしさを味わってもらえるサラダに。

さわやかな香りが魅力のレモンは白い衣の中に閉じ込め、見た目も清らかに仕上げます。春のエネルギーを感じられるようなメニューになったのでは、と思います。

 

 

>さぁ、お待ちかね。レシピをどうぞ

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) ※17:00以降の利用については要相談。電話やメール(matuhairoiro@gmail.com)でお問い合わせください。
【日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり】
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節季レシピ ~しみじみ美味しい季節の愉しみ~一覧

まつは西村めぐみ(姉)、西村由香(妹)

ライター:市野亜由美

京都のおいしいお店を訪ねるのが好きなライター。レシピ記事が得意。 今回は、自身のお気に入りのお店「まつは」の西村めぐみさん(写真向かって右側・姉)、西村由香さん(同左側・妹)の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするようなレシピを連載する夢が叶いました。 「お茶をするのも、お酒を飲むのも、ぼーっと過ごすのも好き」という西村姉妹が切り盛りする同店は、2020年2月で6周年。良い塩梅(あんばい)に、かしこまり過ぎず、丁寧につくられた食事やスイーツ、おつまみにファン多数。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる