DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【高瀬川 槇】ホンモノの愛媛の美味を満喫できる「えひめ食の大使館」に選ばれた宇和島鯛めしの名店

2020/02/03

 

自家製の出汁醤油につけ込んだ鯛+白ご飯 「宇和島鯛めし」を京都で楽しむ!

 

今回いただいたのはこちらの「宇和島鯛めしミニコース」。

鯛めしに椀物と季節の品がついてきます。

 

今日は特別にみかんジュースも付けていただきましたよ。

ちなみにこのみかんジュースはこのお店だけにつくられたオリジナルなんですって!フレッシュな柑橘の味わいが楽しめるジュースは本当に美味。

「オレンジジュース」じゃなくて「みかんジュース」。これ大事。

 

知事も“おいしい!”と、あっという間に飲み干されていました。

さすがみかんの愛媛。

夜にはこのみかんジュースを使ったチューハイもあるそうなので、今度は夜行ってみたくなります。

 

さて、鯛めしをいただきますよ!

宇和島の郷土料理であるこの宇和島鯛めしは、自家製の出汁醤油につけ込んだ天然真鯛のお造りを熱々ごはんの上にかけ、さらにその上に「濃い~卵黄」を乗せて混ぜ食べる贅沢な卵かけごはんというものです。

「鯛めし」と言うと炊き込みご飯を想像しますが、宇和島の鯛めしはまったく違うものでした。

ご覧ください、この美しい鯛の切り身。

もちろん、愛媛から仕入れられているんです。

 

乗せる卵はこちらも愛媛うまれの「豊受卵」という品種なんですって。

輝く黄身がめっちゃ綺麗!

 

これをご飯に乗っけて、出汁醤油を入れていただきま~す。

う~ん、甘みもある出汁醤油に絡む鯛が最高に美味しい。

卵を割ると、まろやかな味わいになって、変化も楽しめるのが嬉しいですね。

あっという間にお櫃のご飯をおかわりしてしまいました。

 

本日のコースは、茶碗蒸しのほか、まかないから生まれたという「鯛のすり身のハンバーグ」

鯛とお豆腐で作られたそうです。確かにちゃんと鯛の味!

 

さらに珍しい「アコヤ貝の貝柱」が。愛媛ではアコヤ貝をこうやって食べるんですって。

こりこりの食感ですが、噛めば噛むほどお口に旨みが広がります。

これは確実に愛媛の地酒と合わせたい・・・!(本日はランチのため我慢、我慢。)

 

もうひとつ、おもしろい料理も出していただきました。

最後の甘味とともに「宇治産の煎茶」が出てくるのですが、こうやって、小さいカップにお湯を注いで三杯いただきます。

 

その出がらしのお茶っ葉に、出汁醤油をかけていただくと、これがまた美味しい!

 

「せっかく京都でお店をやっているので、京都の食材を新しい目線で食べていただきたい」という想いで、通常のメニューにも京野菜を使われたりすることも多いそうです。

なるほど~、「愛媛×京都」味のコラボが、また新たな美味しさを生み出すんですね。

 

さすが、「えひめ食の大使館」に選ばれし大将。

“宇和島鯛めし、食べたことないよ!”という愛媛グルメビギナーの京都人の皆さんはもちろん、地元の味が恋しくなった、京都にお住まいの愛媛の方にも超おすすめのお店でした!

スポット情報

店舗名 高瀬川 槇
住所 京都市下京区四条河原町下ル三筋目東入ル北市之町240-2
電話番号 075-746-5035
営業時間 【ランチ】11:30~14:00
【ディナー】18:00~21:00(鯛がなくなり次第終了)

不定休
交通 京阪本線「祇園四条駅」徒歩4分
阪急京都線「京都河原町駅」徒歩3分
ホームページ https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26032291/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる