DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

夏の嵐山の恒例イベント “駅のビアガーデン”嵐電駅ビア!今年は、沿線人気店の食材を使ったメニューの数々がラインナップ!

2019/07/12

こんにちはデジスタイル京都スタッフのイタクラです!

 

京都の夏はこれからが本番。まだまだ暑くなります~!

私たちも、日中はできるだけ外を歩かないようにしているほど。

ですので、毎年、「この暑い中、観光で来られた方は楽しんで無事帰ったはるんやろか」とおせっかいな心配が尽きません。。。

 

思うに、夏の京都観光を制する条件は次の3つではないでしょうか?

 

(1)市街中心地から山手に離れて、少しでも涼しく!

(2)朝夕の時間帯を活用して、少しでも涼しく!

(3)クールダウンできる休憩スポットを事前にチェック!

 

(3)に関しては、予約なしで気軽に立ち寄れるお店で、ご当地らしさのあるフードやドリンクがあれば完璧ですね!

 

そこで、今回は、京都を代表する観光エリア・嵐山で、「冷え冷えドリンクとご当地フードでクールダウンできる休憩スポット」をご紹介します!

 

その名も、「嵐電駅ビア」

嵐電「嵐山駅」構内で夏の期間だけ開催されている、恒例イベントです。

嵐電「嵐山駅」はこちら。渡月橋のすぐそばで、天龍寺の門前にあり、嵐山のメインストリートとも言える場所に位置しています。

 

そして、この駅、構内全体が「はんなり・ほっこりスクエア」という憩いの空間になっていて、コンコース部分には飲食店や雑貨店が並んでいるんです。

この奥がホームになっていて(改札がない!)、電車の発着も見えるんですよ。

 

その一角にあるのが、こちら「嵐電駅ビア」です!

イエローカラーに電車をあしらった店舗デザインが目印。

 

かわいい提灯と大きなビールも目立っています!

 

言ってみれば、“駅のビアガーデン”

生ビール(500円)やハイネケン(600円)はもちろんですが、

嵐山限定のクラフトビール「らんでん麦酒」(400円)、純米吟醸酒「らんでん」(600円)、そして、クラフトチューハイの「京都ゆず」「京都うめ」(各500円)といったご当地ドリンクも楽しめます。

 

この時はちょうど18時半過ぎ。明るさが残る、ほろ酔いタイムをテラスで楽しみました♪

 

おすすめメニューの一部がこちら。

今年は、嵐電沿線で人気のお店の食材や調味料を使ったメニューが楽しめる、「嵐電沿線フェア」を開催中です。

 

例えば、手前の「しば漬けタルタルえびフライ」(400円)には、京つけものの人気店「もり」のしば漬けが使われています。しば漬けの酸味がサッパリして食べやすい!ピンクの色合いもかわいくてユニークです。

 

こちらは、食べるラー油の元祖として有名な太秦の「菜館Wong」の「黄さん手作り辣油で食べる唐揚げ」(500円)。辣油は辛すぎず、程よくスパイシー。ビールに合います!

 

「花菱味ぽん酢で食べるたこ焼き」(500円)には、江戸時代から続く老舗の醸造元「齋(いつき)造酢店」のぽん酢が使用されています。

表面がカリッとして香ばしいたこ焼きに、柑橘類の爽やかなあまずっぱさがベストマッチ!たこ焼きが立派な一品料理になっています。

 

 

>さぁ、冷えっ冷えのビールをいただきましょう!

スポット情報

店舗名 嵐電駅ビア
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-2 嵐電 嵐山駅 はんなり・ほっこりスクエア内
電話番号 075-873-2121(嵐山駅インフォメーション/9:00~20:00)
営業時間 11:00~21:00 (L.O. 20:30)
※天候により時間を変更する場合があります。
ホームページ https://www.keihan.co.jp/group/topics/beer/kyoto/randen.html

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

祇園祭 山鉾巡行(前祭)

【お祭り】【年中行事】

祇園祭 山鉾巡行(前祭)
2019/07/17まで

石清水八幡宮摂社 高良社 やわた太鼓まつり

【お祭り】

石清水八幡宮摂社 高良社 やわた太鼓まつり
2019/07/18まで

高台寺 百鬼夜行展

【妖怪】【季節イベント】

高台寺 百鬼夜行展
2019/08/31まで
イベントを探す

デジスタイル京都

閉じる