DIGISTYLE KYOTO

フォトジェニックな京都~カメラマンによるスマホ撮影のコツ

Translate this page :

一覧へ戻る >

【梅小路公園ライトアップイベント】写真撮りごたえ抜群!関連イベント多数開催中!

2018/02/06

こんにちは。おさんぽカメラマンの久藤です。

いま夜の梅小路公園がすごいことになっているのをご存知ですか?あちこちでライトアップ・プロジェクションマッピング・関連イベント多数

バレンタインを目前に盛り上がっている人にもそうじゃない人にもおすすめのイベントです。寒いので暖かくしてお出かけくださいね!

 

まずは京都鉄道博物館の旧二条駅舎へのプロジェクションマッピングです。タイトルは「FANTASTIC JOURNEY」。京都の四季をテーマにされているそうです。

2月2日-2月13日18:00-20:30(2月7日は京都鉄道博物館が休館日のためお休み)1時間に4回5分ずつ上映されます。とっても綺麗でした。

ぜひ皆さん観に行ってください!

ここでの撮影の注意点はやはり暗いので手ぶれでしょうか。

柵に手を置いて撮ってみましたがアングルが低すぎて2階部分が綺麗に撮れませんでした。やはり心を無にしてアングルは高めにブレないように気をつけて撮るのが一番です!

梅小路公園のライトアップイベント「京都・冬の光宴2018 Starlight Accessories ~星屑のアクセサリー~」の『ひかりの実』。

京都出身のアーティスト高橋匡太さん考案のアートプロジェクトだそうです。地元小学生やワークショップ参加者などで作った1000個の『ひかりの実』が飾ってありました。ぱっと見迫力もあり、よく見るとイラストが描いてあったりと可愛い作品でした。

寄り(近く)で撮ると可愛い印象、引き(遠く)で撮るとアーティスティックな印象になる作品だなと感じました!

『星のせせらぎ』周辺に川が流れていて水面にライトアップが映って綺麗そうでしたが時間の関係で画面奥まで行けませんでした!皆さん私の代わりにリベンジしてください。。電車の車窓からもライトアップは見えそうですね。すぐ横をJRが走っていました。

 

京都・冬の光宴2018 Starlight Accessories ~星屑のアクセサリー~は2月2日-2月14日17:30-21:00梅小路公園内各所で行われています。

 

 

そして急いで向かったのは最終のチンチン電車。。。!

車内はとっても狭かったです!

つり輪や窓枠もとってもレトロ。

運転手さんの操作するハンドルです。可愛いですね!

電車が進む速さは大人が小走りしているくらいのスピードですが、これくらいのスピードしか移動手段が無いと色々と諦められてスローに暮らせそうだなと逆に羨ましかったです(笑)。

チンチン電車 2月3日、2月10日 17:30-20:00 夜間特別運行 小学生以上 片道150円(1日券もありました。)

 

京都水族館も2月2日-2月14日は夜間延長営業をしています。

中でライトアップをしているようで半透明の外壁から漏れる光が美しかったです。水族館前から京都タワーもチラッと見えました。

写真に撮るとライトアップの色味が薄くなるので露出(明るさ)が明るくなり過ぎないようご注意ください!

寒くて小腹が空いたので市電カフェの七福豚まん(380円)と

カタカタつりわパン キャラメル(期間限定・250円)を食べました。

豚まんは大きくてとっても美味しい!カタカタつりわパンは電車のつり輪と同じ大きさ!

電車好きにはピンポイントなネタで面白いですね。懐かしい雰囲気の店内(車両の中)で頂きました。中は暖かいので身体もほっこりです。

 

1時間くらいしか滞在できなかったのですが十分楽しめました。まだまだ見切れなかったものもあり明るい時間から来てゆっくり楽しむのもおすすめです。

フォトコンテスト(2月2日-2月25日)や京都・梅小路てくてくバル&スイーツ2018(2月2日-2月14日)なんかもあり遊び尽くすには全然時間が足りない!という感じでした。今週末のご予定にいかがですか!?

スポット情報

店舗名 京都駅ビル×京都鉄道博物館 プロジェクションマッピング 「FANTASTIC JOURNEY」 場所:京都鉄道博物館 旧二条駅舎
住所 京都市下京区観喜寺町
営業時間 開催期間:2月2日(金)~13日(火)(2月7日(水)は休館日のため除く)、18時~20時30分まで
※鉄道博物館に入場しなくても鑑賞できます。
ホームページ https://www.kyoto-umekouji.com/

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

フォトジェニックな京都~カメラマンによるスマホ撮影のコツ一覧

久藤美智子

ライター:久藤美智子

京都在住のフリーランスフォトグラファー。 得意分野は人物、建築、料理。自然を愛する2児の母。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

デジスタイル京都

閉じる