DIGISTYLE KYOTO

叡電に乗ってどこにいこ?

Translate this page :

一覧へ戻る >

【鞍馬駅】叡山電車の終点は、垣根のない平和を願う鞍馬寺とほっこりできる温泉

2018/02/06

雪深い鞍馬。冬だから楽しめる景色に感動!

 

■宗教も人種も超えて分け隔てなく受け入れてくれる鞍馬寺

 

老若男女に人気のある鞍馬寺。

藤嶋がこの洛北に引っ越してきたいと思った理由のひとつが、鞍馬寺の魅力です。引っ越してきてからは、さらに通うようになりました。鞍馬駅から道路へ出て左へ少し歩いた仁王門(山門)から入ります。ここで愛山費300円を支払います。

 

ケーブルカーに乗るにはここから。普明殿の2階が駅になっています。

 

大人200円、子ども100円。火祭りで有名な由岐神社を通るには、ケーブルに乗らずに徒歩で登りましょう。

 

ケーブルカーの時刻。変更になることがあるので確認してくださいね。

 

ケーブルカーの車内。かなり急なので最初はびっくりしました。雪の日でしたが動いていましたよ。

 

坂の雪道を歩くので、スノーブーツでやってきました。

 

山上のケーブル駅から歩き始めると、こんな感じの道。

 

途中、由岐神社から上がってきた徒歩の道と合流します。

 

トイレがあるのですが、このスペースからの景色は眺めがいいので、撮影する方が多く、この日も「撮影してほしい」と外国人観光客に依頼されました。

 

そこから少し上がったところにある弁財天さんの前から、鞍馬寺を見上げたところ。この日は、みなさんで雪かきをしておられました。

 

寒すぎて、あちこちにつららが!

 

さらに登っていくと、本殿の前に出ます。本殿金堂には、千手観世音菩薩、毘沙門天王、護法魔王尊が祀られています。本殿の中は撮影禁止のため外観のみ。

 

>鞍馬寺といえば「パワースポット」!学芸員さんに、いろいろお話を聞いてみた!

スポット情報

店舗名 鞍馬駅
住所 京都市左京区鞍馬本町191
電話番号 075-741-2012 (9:30~16:30)
営業時間 乗車券発売時間 9:40~16:30
定期券予約受付時間 9:40~16:30
ホームページ https://eizandensha.co.jp/guide/station/kurama.html

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

叡電に乗ってどこにいこ?一覧

ひじり藤嶋

ライター:藤嶋ひじり

編集者・ライター・恋愛コラムニスト。洛北と叡山電車を愛する3姉妹の母。子ども時代から鉄分多め。区画整備された新興住宅地育ちで、山々に囲まれた洛北に憧れ移住。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる