DIGISTYLE KYOTO

吃尽好吃@京都

Translate this page :

一覧へ戻る >

【龍門 本店】京都では知名度の高い、四川料理のお店。祇園近くの東山三条で麻辣を味わい尽くす!

2017/10/12

中華大好き営業マン・古田です!

最近、新しいシリーズ企画を検討しております。京都+中華、本当に奥が深い。プランを考えるだけでワクワクです。

 

そしてお知らせがあります。何と取材用のオリジナルTシャツを作りました。

こんな感じです。イカしてるでしょ!

 

ちなみに背中はには「麻辣熊猫」と書いてあります。柄はパンダ風、そこに四川料理を意識して赤と白のバイカラー。

そのうち販売します。笑

 

さて今回は、京都に数店舗展開されている「龍門」さん本店におじゃましました。

こちら、実は私が四川料理をトレーニングするのによく利用させていただいていた、本物の辛さを味わえるお店なんです。今回はグループでたくさんの種類の料理をいただきました。

 

まずは乾杯。

 

青島ビールでのどを潤す。このグリーン壜がいいんです。頭の中が中華モードに。

一品目。なすのピリ辛炒め。必ずオーダーするオススメの品です。カリッとしたなすの食感、そこに花椒がピリッと効いていて、箸が止まらなくなります。

 

合せて、鶏肉の蒸し物もオーダー。

安心の味です。鶏もふっくら。蒸し鶏でお店の腕が分かる気がします。

 

三品目は麻婆豆腐。汁多めのタイプで、ご飯が欲しくなります。訳あってこのアングル。

 

そしてこのタイミングで火鍋を。

他の料理もあったので小さ目の鍋を6人でシェアしました。こちらのお店は、鍋と具をそれぞれ頼めるので、いろんな具が試せます

具は、青梗菜、もやし、鶏肉、豚肉、豆腐、春雨、ほうれん草などを注文。すごいボリュームでした。そして、紅い方はかなりの辛さ。本場に近い味わいです。

それでも今回のメンバーは箸が止まらず、あっという間に完食。いい汗かきました。

火鍋の途中に四品目もオーダーしてました。マツブ貝の特製ネギ味。こちら辛くはありませんが、マツブ貝の食感とネギの香りが口の中で混ざります。辛さもなく、あっさりとした味わい。火鍋の合間に抜群のチョイスでした。

 

そして、五品目と六品目。

ジャガイモのニラ炒めと炒飯(後ろ)。ジャガイモのほっくり感が痺れた舌を癒します。また、炒飯はちょっと硬めのお米でパラッパラのタイプ。

うん、間違いない。

 

写真以外にも、茹で餃子やデザートもいただきましたが、食べるのに忙しくてきちんと撮れていませんでした。それだけ楽しく美味しい時間を過ごす事ができました。

 

ぜひ一度行ってみてください。常に混んでますので、グループの場合は予約必須です。

入り口はこんな感じです。このネオンを探してください。

スポット情報

店舗名 龍門本店
住所 京都市東山区三条通東大路西入ル北側
電話番号 075-752-8181(全店共通)
営業時間 17:00~翌5:00 夜10時以降入店可、日曜営業(無休)
交通 三条京阪駅から254m
ホームページ http://chojo.jp/store/honten.html

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す

RECOMMENDおすすめイベント

デジスタイル京都

閉じる