DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

時代の証言者 MARC RIBOUD 展 【何必館・京都現代美術館】

2024/02/18 ~ 2024/05/26

マルク・リブー(1923〜2016)は、フランスに生まれ、1950年代から世界中で精力的な活動を続けた、現代を代表するフォトジャーナリストです。
写真家集団「マグナム」の創始者、アンリ・カルティエ=ブレッソンやロバート・キャパらの同志であり、50年代のアフリカ独立運動、60年代のベトナム戦争など激動の時代に立会い、西側の写真家として初めて中国の取材にも成功しました。その作品は、米誌「N.Yタイムズ」「ライフ」、英誌「タイムズ」、仏誌「フィガロ」、独誌「シュテルン」、日本の新聞・雑誌など、世界各国の紙面を飾ってきました。
彼は一貫して、自分から興味を持った場所を取材するために長期間滞在し、混沌とした現実から、ひとつの秩序ある瞬間を切り取ってきました。
過去にはニューヨークの国際写真センター、パリのヨーロッパ写真美術館でも大規模な回顧展が開催され、ますます高い評価を獲得しています。
本展は、1950年代から半世紀にわたるマルク・リブーの代表作を網羅する、約60点のサイン入りオリジナルプリントをを展覧いたします。
「写真は、仕事というより情熱、むしろ執念に近い」という彼の言葉にあるように、世界中の歴史の証人として活動を続けた写真家・マルク・リブーの全貌を是非ご高覧ください。

時代の証言者 MARC RIBOUD 展 【何必館・京都現代美術館】
マルク・リブー「ジャン・ローズ、ワシントンD.C.」1967年 何必館・京都現代美術館蔵

  • 時代の証言者 MARC RIBOUD 展 【何必館・京都現代美術館】
    マルク・リブー「ウィンストン・チャーチル、イギリス」1954年 何必館・京都現代美術館蔵
  • 時代の証言者 MARC RIBOUD 展 【何必館・京都現代美術館】
    マルク・リブー「エッフェル塔のペンキ工、パリ」1953年 何必館・京都現代美術館蔵

イベント詳細

会場 何必館・京都現代美術館
日時 2024年2月18日(日)~5月26日(日)10:00~18:00(入館は17:30まで)
住所 京都市東山区祇園町北側271
交通 市バス100・206 祇園下車
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 一般 1,200円
学生 1,000円
お問合せ先 何必館・京都現代美術館 TEL 075-525-1311
ホームページ

何必館・京都現代美術館 http://www.kahitsukan.or.jp/

補足情報

休館日 月曜日(ただし、4/29、5/6は開館)

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

RECOMMENDおすすめイベント

桜のライトアップ【京都府立植物園】

桜のライトアップ【京都府立植物園】
【終了しました】
2024/03/23 ~ 2024/04/07

京都芸術花火2024【京都競馬場】

京都芸術花火2024【京都競馬場】
2024/06/26 ~ 2024/06/26

シマバラ ナイトマーケット【きんせ旅館】

シマバラ ナイトマーケット【きんせ旅館】
2024/05/18 ~ 2024/05/18

よきかな源氏物語【嵯峨嵐山文華館】

よきかな源氏物語【嵯峨嵐山文華館】
【終了しました】
2024/01/18 ~ 2024/04/07

小倉大納言ぜんざいの振る舞い【二尊院 】

小倉大納言ぜんざいの振る舞い【二尊院 】
【終了しました】
2024/04/14 ~ 2024/04/14

蹴上のつつじ一般公開【蹴上浄水場】

蹴上のつつじ一般公開【蹴上浄水場】
2024/04/27 ~ 2024/04/29

デジスタイル京都

閉じる