DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

Gallery G-77 Yasuyo 個展「平和推進テレパシー」

【終了しました】 2023/11/25 ~ 2023/12/03

「平和推進テレパシー」
Yasuyoは、子どもの頃に遠くの星、金星出身だと遊び心で言ったことを懐かしく思い出します。現在、彼女は「幸せな地球人」の本質を具現化することを望んでおり、その調和のとれた精神は金星人ですら賞賛するかもしれません。彼女は自らの創造力を媒体として、芸術を「紛争」の反対と位置づけ、人々の間で相互理解を促進することを目指しています。

興味深い展示のタイトル「平和推進するテレパシー」は、観客に彼女の作品の中に隠されたメッセージを見つけるように招待します。アーティストにとって、テレパシーの概念は、視覚芸術と同様に、世界と対話する等価な手段として機能します。同時に、タイトルは彼女自身の絵画実践を隠喩的にも表現するかもしれません。

Yasuyoは純粋に直感的なアプローチを守り、視聴者に知覚の自由を与えるために画像を普遍的なコミュニケーション手段として作り上げようとしています。彼女の絵画的な符号体系を通じて、彼女は観客と感情と意味を共有します。「私の抽象画は『純粋な逸脱の遊び』で、個々が自由を経験し、制約から解放され、美を見出す冒険の旅を描いています。」

Yasuyoは彼女の芸術のインスピレーションを、日常生活から切り離せない自然でシンプルな要素から得ています。個人の感情に加えて、彼女は大衆文化の概念を取り入れ、それを抽象絵画の文脈に埋め込んでいます。これにより、彼女の作品はポップアートと精神的に調和し、物体が抽象的な形に変わるという違いがあります。作品のタイトルは観客を独特な解釈に導き、全体のメッセージを補完しています。

アーティストのスタイルは、日本の浮世絵の伝統の中で文脈に置かれることもあります。これは、はっきりとした輪郭、「平面色」、自然な透視の意図的な欠如が特徴であり、描かれた表面が薄い線、筆跡、タッチを通じてキャンバスに絡みつく形態が含まれています。イメージのボリュームと奥行きの創造は、細部の均衡から生じています。これらの技法は、明確な色彩の形と線が結びついて、彼女の作品からフラットな印象をもたらしています。単語がスピーチに結びつくように、Yasuyoは抽象的なオブジェクトを結びつけ、彼女に色の語り手の称号をもたらしています。

Gallery G-77 Yasuyo 個展「平和推進テレパシー」

イベント詳細

会場 Gallery G-77
日時 2023年11月25日(土)~12月3日(日) 12:00~18:00  ※月曜日休み
住所 京都市中京区中之町(丸太町小川通下ル)73-3
交通 地下鉄烏丸線 丸太町駅2番出口から西へ徒歩7分
駐車場 あり 有料 コインP
お問合せ先 090-9419-2326
ホームページ

https://ja.g77gallery.com/

補足情報

展覧会URL

https://www.g77gallery.com/peace-promoting-telepathy

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる