DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入 Firing stone/Firing clay Masaomi Raku/Jikinyu Raku 【美術館「えき」KYOTO】

【終了しました】 2024/01/02 ~ 2024/01/29

石が土となり、また土は石となる」のは地質学的時間、つまり循環する宇宙時間のなかで起きている。この石と土との間で、人類はやくという行為によって器を制作してきた。すなわち「やきもの」である。京都の地において、初代長次郎(1589年没)を祖とする樂家に、茶碗という究極の造形の存在に対して、石から、土からそれぞれのアプローチを行っている2人の芸術家がいる。
初代長次郎は千利休の侘び茶の心を汲み、装飾的要素を排除した、画期的な赤と黒の樂茶碗を創出した。それから約450年。樂直入(1949-)はこの石と土との関係性のなかで、様々な挑戦を行ってきている。2019年に15代樂吉左衞門から樂直入へと改名した後は、侘び茶の思考や伝統から離れて、京都市の最北端、山間の小村に住まいし、純粋造形としての茶碗の制作に没頭している。そして2022年には「White rock」と仮称される茶碗の展覧会をロンドンとドーハで発表した。始め仮称であった「白い巖石みたいな茶碗」即ち「White rock」の名称は、今では海外でも広く認知されている。「White rock」があれば当然「Black rock」もある。本展ではその両方が出品される。
樂直入の次男である樂雅臣(1983-)は石の彫刻家として知られているが、2023年には長年構想してきた「石器」シリーズを発表した。溶結凝灰岩から茶碗の造形を彫り、さらに焼成することにより、溶融と非溶融の状態となり、不動であるはずの存在が重力によってわずかに動く彫刻作品。そこには、石と土との関係性において、雅臣がかつて発表した「輪廻」、「Stone box」シリーズと同様に、輪廻というテーマがある。直入は雅臣の作品を「まるで地底から湧き起こった様に太古からそこに存在したかのような佇まいをしている」と評している。
本展では樂雅臣の新作「石器」シリーズの彫刻作品と樂直入の「Black rock」、「White rock」の茶碗などを中心に展観する。

石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入 Firing stone/Firing clay Masaomi Raku/Jikinyu Raku 【美術館「えき」KYOTO】
樂雅臣 あとかた 石器 / “Traces” Stone bowl 2023

イベント詳細

会場 美術館「えき」KYOTO(JR京都駅・ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
日時 2024年1月2日(火)~29日(月)
住所 京都市下京区東塩小路町 京都拉麺小路
交通 各線「京都」駅下車すぐ
料金 一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)

※()内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

【販売期間】2023年11月3日(金・祝)~2023年12月31日(日)
【販売場所】美術館チケット窓口(12月25日(月)まで)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード994-365)、ローソンチケット(Lコード52829
お問合せ先 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹・大代表) 075-352-1111
ホームページ

https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2401.html

補足情報

■関連イベント

ナイト・ミュージアム
樂雅臣さんと京都国立近代美術館 研究員 宮川智美さんをお迎えし、展示作品や制作についてお話しいただきます。
□会場:美術館「えき」KYOTO
□日時:2024年1月13日(土)20:00~20:50
※受付時間=19:45~20:00(美術館入口付近にてお集まりください)
□定員:25名(参加は18歳以上の方に限ります。お子さまの同伴不可)
□参加料金(入館料含む/税込):お一人さま1,500円
□参加方法:2023年12月2日(土)10時よりローソンチケットにて販売
定員になり次第販売終了

 

※会期中無休
※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。
※本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる