DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

JRA京都競馬場で「馬」をテーマにした作品が楽しめる「Au Passage(オ パサージュ) 4人の個展ー競馬場のパサージュにて」がスタート!

2023/11/06

今年4月のリニューアルオープン後、既に5回は京都競馬場に足を運んでいるミヤマグチです。

 

京都にある大きな施設のリニューアルと言えば、この10月に京都駅東部エリアに移転をした京都市立芸術大学ですよね!

何と今回、この2つのリニューアルプロジェクトを記念して、京都ゆかりの4名の芸術家が、それぞれ「馬」をテーマにした作品を京都競馬場で発表する企画が開催されることとなり、初日である11月4日(土)に取材に伺ってきましたよ。

 

その名も「Au Passage(オ パサージュ) 4人の個展ー競馬場のパサージュにて」

西野陽一氏・森村泰昌氏・八木明氏・山本容子氏という、まさに現在の京都を代表する皆さんによる作品が揃います。

まずは記念写真をパチリ。

左から日本中央競馬会 理事 清水靖博氏、西野陽一氏、山本容子氏、京都市立芸術大学 学長 赤松玉女氏、八木明氏、森村泰昌氏、そしてJRA京都競馬場長 松田恵作氏。

 

京都競馬場「ステーションサイド」の3階展示コーナーに向かうとそこはもうアートの世界。

「Au Passage 4 人の個展 − 競馬場のパサージュにて」展示風景 撮影:福永一夫

 

ここに展示が並んでいます。

今回は、その様子を現場の写真と皆さんからのコメントでご案内します。

 

まずは紫綬褒章も受章された現代美術家・森村泰昌氏の作品から。

ジャック=ルイ・ダヴィッド作『サン=ベルナール峠を越えるボナパルト』に扮したセルフポートレイトと京都競馬場で撮影した馬を合成して名画を再現されています。

「Au Passage 4 人の個展 − 競馬場のパサージュにて」展示風景 撮影:福永一夫

「競馬場に来られる方は美術作品を関心を持たれるか分からなかったが、この前を通過された方があれっなんなんだろう?と思っていただけたら。今回、馬をテーマに作品を作らせていただいたが、身体の面白さとか表情などなかなか気付かない面もあるが、馬ってこういう表情、筋肉を持っているんだ、というのを驚きを持って感じていただけたらいいな、と思います。」

とのこと。

皆が一度は観たことがある、あのナポレオンと白馬が織りなす迫力をお楽しみください!

 

続いては銅版画家・山本容子氏。

ルイス・キャロル作『鏡の国のアリス』を題材にした銅版画作品です。

「Au Passage 4 人の個展 − 競馬場のパサージュにて」展示風景 撮影:福永一夫

「私は競馬場のこの場所で展示会をすることに意義を感じている。フランスのパサージュという小径を通ると、花屋さんがあり本屋さんがあり様々なお店があってショーウィンドウのように通る人々をそれぞれの感覚で楽しませてくれる。競馬場は馬券を勝ってゲームをするところだけど直線コースばかりでははつまらない。寄り道しながらいろんな感覚でその刺激を受けながら楽しんでもらえたら。競馬場がこの企画に乗ってくださったことが非常によかったなと思います。」

なるほど企画展のタイトル「パサージュ」にはそういう想いも込められていたのですね!

 

そして日本画家・西野陽一氏は、京都競馬場の歴史に名を刻んだ馬たちの姿を重ねるように描いた群像図を発表されました。

「Au Passage 4 人の個展 − 競馬場のパサージュにて」展示風景 撮影:福永一夫

「動物を題材にすることが多いのですが、馬の作品は以外に少なく今回は貴重な機会になりました。他のジャンルの方とこういった形で個展できたのははじめてで、それぞれの方のポテンシャルが凄かったと思う。通る方にそれぞれに感じていただけたら。」

“この馬はあの名馬かな?”なんて想像しながら作品を楽しむのもおもしろいですね。

 

最後にご紹介するのは清新な青白磁が国内外でも高く評価される陶芸家・八木明氏。

馬を模した繊細な飾りを冠した青白磁による籠や、レリーフをほどこした陶板作品などが展示されています。

「Au Passage 4 人の個展 − 競馬場のパサージュにて」展示風景 撮影:福永一夫

「今回、ウィンドウという限られた空間の中で、馬をテーマに焼き物の中でどうするか。馬の姿、筋肉の躍動を素直に表現して、轆轤で形作る世界と対比させてみました。壁面に文字や文様を入れたり、馬の動きをウインドウの中で表現しました。」

馬をテーマとした陶芸というのは初めて観ましたが、なるほど、新しい世界観を感じられますね。

 

どの作品も、パワーがすごい!

でもやっぱり写真だけではなかなか伝わりません。。。

ぜひ、実際は京都競馬場に足を運んでいただき、大迫力のアートを目の前で楽しんでみてください。(11月4日(土)~11月26日(日)の土日のみの開催です)

きっと、馬券にもパワーが宿るはず・・・ですよ!

スポット情報

店舗・施設名 JRA京都競馬場 ステーションサイド3階展示コーナー
住所 京都市伏見区葭島渡場島町32
営業時間 2023年11月4日(土)~11月26日(日)の土日のみの開催
交通 京阪電鉄淀駅下車徒歩2分
料金 京都競馬場への入場料(200円) ※11月12日(日)、19日(日)は500円
お問合せ先 JRA京都競馬場
TEL 075-631-3131
ホームページ https://www.kcua.ac.jp/20231104_aupassage/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

百万遍さんの手づくり市【百萬遍知恩寺】

【グルメ】【マルシェ】【寺院・神社】【縁日・市】

百万遍さんの手づくり市【百萬遍知恩寺】
2024/04/15まで

be京都アンテナショップ-町家手づくり百貨店(屋内型手作り市)

【町家】【縁日・市】

be京都アンテナショップ-町家手づくり百貨店(屋内型手作り市)
2024/04/15まで

特別展 雪舟伝説 ―「画聖(カリスマ)」の誕生―【京都国立博物館】

【展覧会】

特別展 雪舟伝説 ―「画聖(カリスマ)」の誕生―【京都国立博物館】
2024/05/26まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

RECOMMENDおすすめイベント

第19回 ものづくりGardenマルシェ~京都府立植物園

第19回 ものづくりGardenマルシェ~京都府立植物園
2024/04/21 ~ 2024/04/21

二条城桜まつり2024

二条城桜まつり2024
【終了しました】
2024/03/08 ~ 2024/04/07

第8回京都スペイン料理祭【京都市国際交流会館】

第8回京都スペイン料理祭【京都市国際交流会館】
2024/05/18 ~ 2024/05/19

細辻伊兵衛美術館 I LOVE 湯道 湯~わくノスタルジー

細辻伊兵衛美術館 I LOVE 湯道 湯~わくノスタルジー
【終了しました】
2024/01/19 ~ 2024/03/20

1日限りのよつ葉マルシェSpecial【みやこめっせ】

1日限りのよつ葉マルシェSpecial【みやこめっせ】
【終了しました】
2024/03/24 ~ 2024/03/24

シマバラ ナイトマーケット【きんせ旅館】

シマバラ ナイトマーケット【きんせ旅館】
2024/05/18 ~ 2024/05/18

デジスタイル京都

閉じる