DIGISTYLE KYOTO

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【京のお出汁めし かつを】リニューアルした京都タワーサンドに新規オープン!京都ならではの肴をふんだんに乗せた「お出汁めし」で呑む!~京都駅直結~

2023/04/26

毎度!

京都の酒屋・藤松です。

 

今日紹介するのは、4月22日(土)にオープンしたてほやほやのお店「京のお出汁めし かつを」さんです。

京都タワーの地下「京都タワーサンド」がリニューアルされましたが、その新店の中のひとつとして誕生!

厨房の目の前にはカウンターが見えるね!

 

そして看板にはこんな文言が。

「居酒屋の逸品とお酒をどうぞ」。

惹かれるキャッチコピーやね~!

 

実はこのお店、あの海鮮酒場「あんじ」さんが、自慢のお出汁を活かした新業態としてスタートされたお店なんです。

そして「お出汁めしってどんなんやろ?」と思われますよね。

 

まずはこちらをご覧あれ!

「めっちゃ美味しそうなハラス丼!」と思われた方、ちょっと違うんですわ~。

これは鮭ハラス・とろろ昆布・おつけものをトッピングした「お出汁めし」。

このように、いろいろな具材を乗せたご飯の上からお出汁をかけていただくスタイルなんですね。

 

この「具材」、あんじさんの仕入れだからできる、京都らしいラインアップが勢ぞろい!

鮭ハラスやカツオのたたきなどのメイン、そしてトッピングやお出汁を選んで自分好みの「お出しめし」を作ります。

こんな感じの注文シートがあるから簡単にオーダーできる!

でも組み合わせはなんと1000パターン以上らしい!!

そうなると「自分で選ぶのは悩んじゃう~」という方は、お店がおすすめする「スペシャルカスタマイズ」から選ぶのもアリ。

 

寺町、岡崎、北野・・・京都の地名でネーミングされてるのがいいね。

その名の通り「めし」なので、ガッツリご飯を楽しむ方はぜひカスタマイズを楽しんでもらいたい!ですが、ここは酒場「あんじ」さんのお店。

やっぱり旨い酒と一緒に楽しみたい~!という人にオススメはこちら!

 

カウンター席限定のデラックス!「京のお出汁めし ぜいたくカスタム」なるメニューを発見!

お魚からお肉まで、さきほどの「メインメニュー」からちょっとずつ、贅沢にピックアップ。

これをつまみながらお酒も楽しめて、さらにしっかりご飯&お出汁もあるので、「お出汁めし」もいただけるセットです。

 

やっぱりこれっしょ!生ビール(アサヒスーパードライ 550円 税込)とともに!

「京のお出汁めし ぜいたくカスタム」(2,838円 税込)

これはテンションあがるやつやね~。

いろいろつまみたくなるなる。

 

そして、でっかいお櫃にご飯が入ったお出汁めしセットも付いてきました。

ご飯もたっぷりこのボリューム!

 

そしてまずはこちらをご覧あれ。

京都の有名焼き肉店・益市さんの国産牛を使った「牛すき」。

間違いない美味しさ。すき焼きっぽい味わいがビールにもぴったり。

 

そしてお漬物は錦市場の桝悟さんのもの。

京都のうまいもんがここに揃ってる。こりゃ間違いないわ!

あっという間にビールもなくなってしまった・・・

 

せっかくやし日本酒もいきたいな~とメニューを見ると

ほほう!京都の地酒が揃ってるね~。

これは合わせずにいられない・・・

 

「まるたけえびす 本醸造お願いします!」と注文すると~

なんと、ディスペンサーが冷蔵庫の中に!

しっかり冷えた日本酒が、一升瓶から注がれます。なんだかテンションあがるね~。

 

そして、ふだんはお米とお酒を一緒にいただかない私・藤松なのですが、これはやってみたい!という衝動にかられて、「贅沢すぎる丼」と日本酒で呑んでみました!

さきほどの牛すきとお漬物、そして博多から仕入れられた明太子を炙ったやつ~~~!

それぞれの酒の肴は間違いなく日本酒に合う。

そして、ご飯と一緒に「丼」として食べて、そこに日本酒を迎えてみると・・・これもうまい!!!いいね、いいね!

米から醸した日本酒が米と合わないワケないよね、確かに。

 

お出汁を入れる前からこんなに楽しめちゃうのね。

お櫃の中にはまだあとお茶碗2杯分はご飯が残ってる。

次はいよいよ「お出汁めし」いきますか!!

 

まずは少しだけお出汁をいただいてみましょか。

お椀に注ぐと、それだけでいい香りに包まれます。

京都人、お出汁のにおい大好き。

 

こちらは「混合節」といって、かつおだけじゃなくてさまざまな魚の節をブレンドして作ったものだそう。

このお店のためのオリジナルブレンドで「お出汁めし」にぴったり合うようになってるって!これはますます楽しみだ。

 

さぁ、次のメインに据えるのは白味噌仕立の西京漬。先ほどのお肉と合わせて「両横綱」って貫禄。

そして京都っぽいよね、西京漬。みんな大好きサーモンです。

 

さらにこの鯛の胡麻和えも乗せましょう。

もちろんこのままでもウマウマで、日本酒がすすむやつです。

 

この魚たちをメインで私が組み合わせをしたのはこれだ!

でっかい梅干しや、ちりめん山椒も乗せて、いよいよお出汁投入~~~~

 

どうです、この感じ!

さっきの肉メインとはまた全然違うテイストや!

お出汁との相性ももちろん抜群。二杯目でもさらさらいけちゃう。

 

お酒ととに「アテ」として楽しんだ後に「締め」としてお出汁めしをいただける「京のお出汁めし ぜいたくカスタム」、かなり、かなりおすすめですね。

京都に出張に来られて「新幹線までの時間で京都を満喫したい!」という方にもぴったりかも。

 

ぜひお試しあれ~!

スポット情報

店舗・施設名 京のお出しめし かつを
住所 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 京都タワーサンド1F
電話番号 075-708-3305
営業時間 11:00~23:00
交通 京都駅下車すぐ
ホームページ https://www.instagram.com/katsuo_kyoto/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!一覧

ライター:藤松幸一

南区の業務用酒販店・株式会社ふじまつの社長。 美味しい料理とお酒大好きな1975年生まれ。 『飲食店のトータルサポート』 をテーマに、ただ売るだけでなくお客様がご繁盛して頂ける環境づくりをお手伝います。 面白おかしく、たまには真面目に素敵なお店情報をお届けします。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる