DIGISTYLE KYOTO

「書く」ことに縁が深い京都生まれの文具で、想いを伝えてみませんか?

Translate this page :

一覧へ戻る >

【lleno(リエノ)】運命のノートに出会える場所 ~京都・鞍馬口のノート専門店~

2022/07/26

こんにちは、ライターの小澤まみです。

 

日頃、ノートにどんなことを書いていますか?様々な感情を書き留めたり、時には殴り書きをしたり、何度も読み返してボロボロになったり。大げさでなく、どんな時も静かに受け止めて、人生に寄り添ってくれるノート。運命の1冊を見つけませんか?

 

今回ご紹介するのは、ノート専門店『lleno(リエノ)』です。

 

選ぶ楽しさ、触れる楽しさが味わえる『lleno』。

地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」から徒歩3分の場所にある、ノート専門店『lleno(リエノ)』。スペイン語で「いっぱい」を意味します。本来は「ジェノ」と読みますが、ローマ字読みで「リエノ」と素敵な店名にしたのが、オーナーの神田樹希(かんだ たつき)さんです。

 

オーナーの神田樹希さん(真ん中)

 

神田さんは1990年にデザイン事務所を創業。本当に自分が作りたいものを作ろうと思ったことがきっかけで、元々好きだったノートの専門店を2008年にオープンしました。

店をのぞくと、たくさんのノートが並んでいます。どのノートも美しく、美術館にいるみたいでした。

 

こだわりが詰まった『lleno』のノート

ノートのサイズは、黄金比率(GRサイズ・大)や白銀比率の大和比(SRサイズ・小)を採用しています。神田さんの一般のノートのイメージは、分厚くて横長。女性や手が小さい方でも片手で持てるようにと考えて、このサイズに行き着きました。

 

黄金比率はモナ・リザ、ミロのビーナス、ピラミッドなど。白銀比率の大和比は五重塔、銀閣寺、平安京の街並みなどに使われています。思わずノートを手に取ってみたくなるのは、人が最も美しいと感じる比率だからかもしれません。

本文の用紙には、高級書籍用紙を使用しています。クリーム色が目に優しく、ずっと見ていてもチカチカしません。滑らかで書きやすく、裏移りが少ないので、その時の気分で筆圧が強くなっても、殴り書きになってもちゃんと受け止めてくれます。罫線、ドット、無地から選べるので、お好みをどうぞ。

 

表紙の用紙は、デザインに合わせて選んでいるそうです。私が購入した「彩り」(GR:税込み2,860円/SR:1,980円)は、麻生地のような少しざらざらとした手触り。ボタニカルな雰囲気だけでなく、和柄のような雰囲気もあって、一目惚れしました。

 

手製本だからできること

ノートの一部、または全部が手製本の『lleno』。本文がフラットに開くように、背部分を糸でかがる「糸かがり製本」を取り入れています。

 

今回は特別に作業の様子を見せてもらいました。

表紙に厚紙を配置しているところ。

 

表紙に本文を貼るため、表紙の背部分に糊付けしているところ。

 

手製本だからこそ、デザインに合わせてスピンや花布を変えたり、名前を入れたりとカスタマイズができます。温もりを感じたり、職人の想いが伝わるのは、手仕事ならではですね。

 

「運命のノート」366日から1日を選ぶなら、どの日を選びますか?

色にはいろいろな意味があるのをご存じですか?カラーセラピストの北川葵さんが監修した「運命のノート」(税込み3,850円)は、366日それぞれ1色ずつ色が設定されています。表紙のデザインは4種類。運命の扉の絵が描かれた「ヒーリング」(奥)。細かい市松柄の凹凸紙の「シンプル」(左)。「deco」(真ん中)は黒色と誕生色とのコントラストが美しい。古書風のデザインの「古書」(右)。

 

自分や大切な人の誕生日、記念日、創業日。特別な日と聞いて、私は真っ先に自分の誕生日を思い浮かべました。7月29日は真朱色(まそおいろ)。私は赤色が好きで、自然と小物類は赤色を選ぶのですが、偶然じゃなかったのかもしれません。性格診断や色からのメッセージ鑑定書が付いているので、こちらもお楽しみに!

 

表紙に名前だけでなく、メッセージも入れてもらえます。プロポーズの言葉や、母の日のメッセージを入れた方もいるそうです。名前やメッセージを印刷してから製本するので、制作に2週間ほどかかります。お急ぎの方はご注意ください。

『lleno』の近くには、「心鎮(ここしず)め神社」と呼ばれる御靈(ごりょう)神社があります。日々のストレスや悩みから抜け出し、心穏やかに過ごせるように「心しずめ」のご利益があるそう。ノートにもその効果が。書くことで不安が消え、思考が整理され、気持ちがすっきりします。御靈神社の参拝とあわせて行ってみませんか?

 

スポット情報

店舗名 lleno(リエノ)
住所 京都市上京区相国寺門前町647
電話番号 075-451-5403
営業時間 12:00〜18:00
定休日:土日祝
※ほかの曜日はご予約制
交通 地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」より徒歩3分
ホームページ https://lleno.jp/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

「書く」ことに縁が深い京都生まれの文具で、想いを伝えてみませんか?一覧

ライター:小澤まみ

読み手よし、書き手よし、世間よしの「三方よし」のライターになりたいと日々精進中。文房具、コーヒー、お花、神社、サッカー好きの1児の母。 書いて縁を結ぶ「京都書縁」で、日々ブログを書いています。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

上賀茂神社 上賀茂手づくり市

【縁日・市】

上賀茂神社 上賀茂手づくり市
2022/11/27まで

第32回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2022winter

【その他イベント】

第32回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2022winter
2022/12/04まで

第9回 京都の肉deフェスティバル【岡崎公園】

【グルメ・酒】

第9回 京都の肉deフェスティバル【岡崎公園】
2022/11/27まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる