DIGISTYLE KYOTO

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ

Translate this page :

一覧へ戻る >

第15回〈立冬のおつまみ〉 「マッシュブロッコリーのオープンサンド」でオレンジワインを

2021/11/11

京都・二条富小路にある京町家カフェ「まつは」を営む西村めぐみさん、由香さん姉妹。「食材の組み合わせが斬新! そしておいしい!!」と評判の料理を提供する二人が、二十四節気に合わせて考えてくれたおつまみを紹介します。なお、メイン食材は野菜。京都の京北町の農家さんから毎回、この季節の〝推し野菜〟のお題をもらう趣向です。

第15回は、「立冬(りっとう)」(2021年は11月7日~11月21日)にぴったりな一品をどうぞ。

 

ほぼブロッコリーとナッツのみで、この満足感!罪悪感なし(笑)のヘルシーおつまみ

「今回は〝朝呑み〟とか、ブランチにとイメージした一品です」とお二人。このオープンサンドの具材は、ほぼブロッコリー! シンプルな味付けで、オイルやクリームなどは加えていないので、食べるときポロポロとこぼれやすいのがまた、〝ご愛敬〟なんだとか。めぐみさんいわく、「お皿の上にこぼれたマッシュブロッコリーをつまみながら、ちょこちょこ飲んでもいいなぁ、と」とのこと。確かに、その様子が、目に浮かぶようです。

今回のお酒はイタリア産の「エリージョ・ビアンコ」。オレンジワインは白ブドウの果皮や種を取り除かずに発酵させ、醸造する複雑な風味のワインで、近年人気が高まっているそう。お二人も、オレンジワインに出合ったときから大好きになったといいます。「キリッと冷やした白ワインもいいけれど、この季節にオレンジワインの深い味わいがぴったりだなと思いました。ビールも合うのですが、ニンニクを使っているものの繊細な味わいで、ブロッコリーの香りを存分に楽しめるという点でワインをチョイスしました」(めぐみさん)

もし、赤ワインと合わせるなら、刻んだベーコンやチーズなどを加えても。おつまみとお酒の関係の奥深い関係、こうやって組み合わせを考えるのも楽しいですね。

 

「マッシュブロッコリーのオープンサンド」の作り方

〈材料(作りやすい分量)〉

ブロッコリー1株 みじん切りニンニク2かけ分 白ワイン100cc ブラックオリーブ(種抜き。粗めに刻んでおく)50g ペカンナッツ50g 塩小さじ2/3くらい 食パン、有塩バター各適量

 

〈作り方〉

(1)ブロッコリーを小房に分ける。重ならないよう鍋底に敷きつめ(フライパンでもOK)、全体が軽くひたるくらいの高さまで水(分量外)を注ぐ

(2)みじん切りニンニクと塩を全体にいきわたるよう乗せ、アルミホイルで軽くふたをして中火にかける。沸騰したら弱火にし、蒸し煮にする

(3)ブロッコリーの茎の部分がやわらかくなってきて、水分が半分くらいとんだら、白ワインとブラックオリーブを加える。そのまま加熱し、全体がフォークで崩せるくらいにやわらかくなったら、アルミホイルを外して水分をとばす。「べたつかないけれど、しっとりとした状態」になったら、火からおろす

(4)トーストした食パンに有塩バターを塗り、(3)を乗せる。砕いたペカンナッツをトッピングする

※ニンニクはゴロッとした感じが好きなら、刻まず、半分にカットしたものを使ってもよい

※好みで塩、こしょうを添えて

 

今回、メイン写真で使ったイギリスパンは、てっぺんと底の食感が違うのが魅力。「でも、酸味があるパンも合うんじゃない?」などと、常に食いしん坊談義は止まりません

 

お二人で「乾杯!」

 

ペカンナッツを加えることで、ぐっと味に奥行きが出ます。トッピングするときは手で砕いて。細かくなり過ぎず、まばらな感じが見た目もおしゃれです

 

「まつは」は、現在、店内飲食再開の準備中。今後の予定はホームページやSNS(facebook、Instagram)などに随時アップされますので確認を。

 

☆ ☆ ☆

この季節の〝推し野菜〟メモ

ブロッコリー

ブロッコリーは、品種改良と冷蔵輸送技術の発達により現在では一年中スーパーに並んでいますが、元々は冬が旬の野菜です。

寒い時期には紫がかったものも見かけますが、これはしっかりと寒さに当たっておいしくなった目印です。きれいな緑ではないので見た目が悪いとされ市場での評価は低いですが、味は断然おいしいので、ぜひ探してみてください。

ちなみに見た目がよく似た野菜のカリフラワーはブロッコリーの突然変異で、最近流行りのロマネスコはブロッコリーとカリフラワーをかけ合わせてできた野菜です。

解説・吉田修也さん(okulu株式会社/京農園よしだ )

 

―次回は「小雪(しょうせつ)」のおつまみレシピをお届けします

スポット情報

店舗名 まつは
住所 京都市中京区二条通富小路東入ル晴明町671
電話番号 075-231-7712
営業時間 10:00~17:00(LOは16:30) 
※17:00以降の利用については要相談。
電話やメールでお問い合わせください。

日曜・月曜休。都合により臨時休業、長期休暇あり
交通 地下鉄「京都市役所前」駅から徒歩約6分
お問合せ先 matuhairoiro@gmail.com
ホームページ https://www.matsuha225.com/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

二条通「まつは」の二十四節気おつまみレシピ一覧

ライター:市野亜由美

京都をはじめ、あちこちのおいしいお店を訪ねるのが好きな人、です。それをいかせるレシピ記事はギフトのような仕事。お気に入りのお店「まつは」のお二人の協力を得て、簡単に作れて、ワクワクするような料理を紹介したいな…との数年来の夢が叶った昨年に続き、連載をお届けできて幸せです。記事中の写真も撮影しています。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter

【アートイベント】【オンライン配信】【町家】

第30回ポストカードコレクション×冬のあったか小物展2021winter
2021/12/05まで

アグネス・イルミネーション 2021

【ライトアップ・イルミネーション】

アグネス・イルミネーション 2021
2021/12/25まで

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ

【展覧会】

禅寺の学問―継承される五山文学/相国寺の歴史と寺宝Ⅱ
2022/01/23まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる