DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

かたちになっていく時間はとても幸せ! 京都文化博物館で開催中の「木梨憲武展」!

2021/02/16

こんにちは、マツモトです。

三条通にある京都文化博物館で2月16日より始まりました「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」のプレス公開にお邪魔してきました。

 

今日は木梨憲武さんこと、ノリさんのカコミ取材もあるとのことで、ちょっと楽しみ。
どんなコメントが飛び出すのか、いまからワクワクです。

 

ノリさんこと木梨憲武さんは、ご存じ「とんねるず」としてご活躍ですが、一方でアーテイスト、画家としても活動しています。

芸能人で絵を描く人って結構いますね。
嵐の大野智さんも絵を描くし、ジュディ・オングさんは木版画家でも有名です。片岡鶴太郎さんや工藤静香さんなど、テレビを持っていないわたしでも、結構名前を挙げられます。

 

ノリさんがアーティストということは知っていましたが、実は作品はことはありません。なので今日は敢えて前知識を入れず、まったく「ゼロ」の気持ちでお邪魔いたしました~。

 

■展示会場はかなりゆったり。これなら「ディスタンス」もばっちり保てますね。

 

ノリさんはこんな絵を描くんですね。
小さな絵を重ねて重ねて大きな作品に。タッチは全然違いますが、手法としては草間彌生さんの感じが頭に浮かびます。

 

こちらは「Reach Out」というタイトルの作品。同じタイトルで何度も違う作品を作っています。
描いた時間も気分もまったく違うんだろうけれど、同じタイトルをつけるというのは、どこか人生のテーマ、みたいな気持ちもあるんでしょうか。

■“reach out”は日本語に訳すなら「手を伸ばす」ほどの意味。木梨さんの場合、作品によって手の伸ばし方はさまざま。その手で救ったり、伸ばしたあともっと近づいたり。

 

この展覧会、細かいところにいろいろ面白さが隠れているので、一人でも楽しめると思うし、誰かと来れば面白さを少しずつ分け合う楽しさもあると思います。

 

お子さんがいる方に見ていただきたいのがこちら!

中でもお子さんがいる方に、お子さんと一緒に楽しんでいただきたいのがこちら!
世に出回っているいろいろな商品のパッケージをチョキチョキ切って、怪獣や宇宙人みたいなかたちにしちゃったもの。
一つとして同じかたちがないんです。

怪獣や戦隊ものが大好きな大人は多いですが、ノリさんもそんな一人なのかも。もしかしてノリさんには世界がこういう風に見えている? と思うと、笑えます。

■ちゃんと何の商品かがわかる、ギリギリのところを切り取っているのがすごいのだ。会場にはまだまだいっぱいいます!

 

今回の展覧会で、わたしがいいなと思ったのはドローイング。
え? つまんない? でも素敵だったんですもん。
穏やかで、ゆったりしてて、やっぱり家に飾るならこのあたりの1枚がいいなあと思うのです。

■旅先でも絵を描くことを楽しんでいるのかなあ。外国の絵がとても雰囲気があって、ずっと見ていたくなるのです。

 

そしてノリさんのカコミ取材ですが。。。

どうやら騎手の武豊さん(注;京都在中)と親しいようで、「京都でのPRは武豊さんが~!」としきりに仰っていました。

■サービス精神旺盛。ゴキゲンな雰囲気でインタビューに答えてくれた木梨さん。

 

ノリさんは展覧会の中で、

 

いいタイミングで、ことが起こると 

表現したくなる! 

だから絵を描いて表現する事は

とても自然な作業です。

かたちになっていく時間は

とても幸せです。

 

と語っています。

 

芸能界の仕事とは全く違う“アーティストの筋肉”を使って表現することが、ノリさんにとってはリラックスできることなんだろうと思います。
それが、絵だけではなく造形や映像にまで展開しています。

■でもあちこちに芸人魂も感じます~。

 

芸能人のノリさんと、リラックスして自由に羽ばたくアーティストとしての木梨憲武を行き来する感じを、この展覧会でも楽しめる気がします。

展覧会を出てからのお楽しみ、ミユュージアムショップも充実してますよー!

■写真に納まりきっていませんが、この左手にもショップは広がっています。

 

京都文化博物館では、入館時に消毒や発熱チェックもしてくれるので、安心して展覧会を楽しむことができます。

 

 

スポット情報

店舗名 京都文化博物館 4・3階展示室
住所 京都市中京区三条高倉
営業時間 2021/2/16(火)~3/28(日) 開室時間…10:00~18:00 ※金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
休館:毎週月曜日(2021年2月22日(月)、3月1日(月)、8日(月)、15日(月)、22日(月))
交通 市営地下鉄「烏丸御池駅」下車、5番出口から三条通りを東へ徒歩約3分
阪急「烏丸駅」下車、16番出口から高倉通りを北へ徒歩約7分
京阪「三条駅」下車、6番出口から三条通りを西へ徒歩約15分
JRまたは近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩約2分
駐車場 なし
料金 当日:一般1,600円 大高生1,300円 中小生600円 大高生1,100円 中小生400円 ※団体は20名様以上 
お問合せ先 京都文化博物館 075-222-0888
ホームページ http://www.bunpaku.or.jp/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる