DIGISTYLE KYOTO

KYOTOサンドイッチ修行探訪

Translate this page :

一覧へ戻る >

西京区・桂「プラ・ビダ」 “パンとバターと具材、三位一体のおいしさを大切に”

2018/09/14

赤い旗とオリーブの木が目印! 目指すお店は、桂の物集女街道沿いにありました。

 

 

2012年5月に、植田夫妻(パン職人のシェフと四児の母・さちさん)がオープンした「プラ・ビダ」。店名の「¡Pura Vida!(プラ・ビダ)」は、中央アメリカにある小さな国・コスタリカで旅好きのさちさんが出合った挨拶にちなんでいます。スペイン語で「素敵な人生だね~」という意味ですが、使うシーンによって「元気だよ!!」とか「人生、楽しもう!!」という気持ちまでもを伝えられる表現なのだとか。

さあ、可愛い手描き看板に誘われてGO!

 

 

店内は木製の棚や床で温かみのある雰囲気。この写真では少し分かりにくいかもしれませんが、パンを盛ってあるトレーやかご、ホーローのバットなどは形もそれぞれ。いい意味で整然としていないのが何とも可愛いんです。

 

 

ああ、どのパンも魅力的で目移りしちゃう。…と、いっている場合じゃない(笑)。取材をしなければ。

 

 

さちさんに、サンドイッチづくりで一番大切にされていることをお聞きすると、「パン自体のおいしさをいかすことですね」とのこと。

 

 

まさに、そのお手本のような「カスクート」(245円)を作るシーンを見せていただきました。石臼挽きの小麦粉を使ったフランスパンをザクッとカット。

 

 

次にお目見えするのは、ミルクのコクがしっかりと感じられる北海道産の「よつ葉バター」ですよ。溶かしたバターを、パンの断面に刷毛で塗り…

 

 

「大山ハム」の熟成ロースハムとゴーダチーズをはさみます。

 

 

「こんなに簡単でもいいんですか?」とさちさん。いえいえ、作業はシンプルですが、これだけの〝役者(パン・バター・具)〟が揃っているのって素晴らしい! ね、コレ、おいしくないはずがないでしょう~?

 

 

ちなみに素材選びについて、子育てでの「安心な食べ物を与えてあげるのが親の責任」という思いも反映されているといいます。それがお客さんへの、より良い&おいしいものを提供することにつながっているのですね。

 

修行探訪22軒目から得た学び。

パンとバターと具材、三位一体のおいしさを大切に

 

 

>次ページでは季節限定のメニューなどもご紹介!

スポット情報

店舗名 プラ・ビダ(iPura vida!)
住所 京都市西京区川島権田町10-10
電話番号 075-394-7028
営業時間 午前8時30分~午後7時30分。火曜休
交通 阪急「桂」駅から徒歩15分 ※駐車場あり(3台)
ホームページ https://www.facebook.com/puravida.pan

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

KYOTOサンドイッチ修行探訪一覧

岡田ゆき

ライター:岡田ゆき&イチノアユミ

岡田:サンドイッチ大好き、食べるの大好き。NO グルテン NO LIFEなフリーライターです。 イチノ:初めての長期バイトは、大学時代、京都のベーカリーにて。パンに夢中だった当時、数年間は米を食べなかったほど。ずいぶん大人になり、〝パン熱〟がいくぶん醒めたとはいえ、今もやっぱり食いしん坊です

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

デジスタイル京都

閉じる