DIGISTYLE KYOTO

デジスタイル京都スタッフが行く!

Translate this page :

一覧へ戻る >

【ASAI 京都四条】6月1日・四条烏丸エリアに開業!タイを代表するホテルがお届けする絶品タイ料理&京都を感じるアクティビティを満喫

2023/05/31

こんにちは!

人生初の海外旅行は中学生の時に行ったタイだったミヤマグチです。

 

「微笑みの国」と呼ばれるタイ。

料理はおいしくて、歴史を感じられる観光名所も豊富。そして何より皆が優しいお国柄にハマりリピート訪問される方も多いのではないでしょうか。

 

そのタイを代表するホテルブランド「ASAI」が京都に上陸。6月1日にオープンされるということでひと足お先にレセプションに参加してきましたのでそのレポートをお届けします!

 

とっても便利な四条烏丸エリアに誕生する、ASAI京都四条

場所は烏丸通松原を東に入ったところです。

「因幡堂」として有名な平等寺さんを少し南に下がったあたりですね。

地下鉄だと五条駅下車の方が近い場所になりますし、四条烏丸~四条河原町エリアまでも徒歩圏内なのが嬉しいです。

 

ホテルに入ると「木」で造られた空間に癒されます。

チェックインカウンターもこんな感じ。

タイからやってきたホテルと聞いて、もっとアジアンな空間が広がっているかと思いましたが、ここは京都。

しっかりと「和」を感じさせるテイストが至る所に散りばめられています。

 

例えば客室もこんな感じで、畳の上にマットレスが敷かれているスタイル。

コンパクトで機能的なお部屋で、とても過ごしやすそう。

 

部屋着として準備されているのは作務衣です。

動きやすくて私も大好きな作務衣スタイル。

外国人観光客にもとても喜ばれるそうです。

 

ちなみにお部屋にはAIスピーカーが置いてあり、各国の言語で答えてくれるのも嬉しいサービスです♪

 

「ライフスタイルホテル」で体験できる、京都を楽しむアクティビティ

ホテル名になっている「ASAI (アサイ)」はタイ語で「地元の人と共に生きる」を意味し、旅行者も地元の人のように過ごすことができるホテルをめざし、「 BE A LOCAL EVERYWHERE 」というコンセプトに掲げ、「ライフスタイルホテル」という新たなホテルの在り方を提言されています。

 

1階にはこのように幅広いアートを展示されたスペースも。

そしてこの1階の共有スペースでは、京都を拠点に活動されるさまざまなジャンルの「地元の人たち」とともに楽しむアクティビティを企画されています。

 

例えば、バーカウンターを使って「ティーセレモニー」を展開。

「茶会」といっても堅苦しいものではなく、裏千家道家の岩本氏による対面式のスタイルです。

日本茶ができるまでのお話などを聞きながら、違う種類のお茶を楽しめました。

和束の新茶をいただけたのはこの時期ならではでラッキー!

なんと、今後はホテルのスタッフさんたちが自ら和束の茶畑でお茶を育てていく計画もあるんだとか。

 

そしてテーブルを囲んで実施されていたのは、ホテルからもすぐ近くに工房を持たれている唐丸さんに教えてもらう「京からかみ体験」。

からかみとは「唐紙」のこと。

手彫りされた伝統文様の版木にさまざまな顔料などを混ぜ合わせた絵具をのせ、紙一枚に摺り上げるもので平安時代より京都に伝わり受け継がれてきた職人の技です。

この京都ならではの技を、職人さんに教えてもらいながら体験できました。

これまたとても貴重な体験~!

 

他にも、先ほどのアート作品を手掛けられたアーティスト・垂谷さんとお絵かき体験も計画されているそうです。

この日は時間がなく、制作されたアートの説明をしていただきましたよ。

 

旅先ではやっぱり「他にはできない体験」をしたいものですよね。

京都人でも知らないような様々な体験をスタッフ皆で見出し、ASAIならではの企画にしているんですって!すごいレベルのおもてなしですよね。

それもそのはず。こちらのスタッフは「ASAIコミュニティアンバサダー」と呼ばれ、自らホテルの近隣をめぐり、いろいろな体験をしたうえで「心からおすすめできる場所」を案内できる、まさに“アンバサダー”としての役割を果たされているんです。

新しいスタッフが入られるたびに皆で街歩きをしながら(時には支配人も一緒に!)、新たなスポット発掘をされてるというからスゴイ!ぜひいろんな「穴場酒場」を聞いてみたい~!笑

 

レストランバー 「ソイ・ギャン」で、本格的なタイのストリートフードを楽しむ!

そしてホテルのお楽しみと言えばやっぱり「お食事」ですよね。

こちらのレストランバー「ソイ・ギャン」 の名は、バンコクのストリートフード発祥の地である「ソイ(小路)」と「ギャン(カレー)」を組み合わせた造語で、 「タイのストリートフードを京都で味わう」 をコンセプトに掲げられているんです。

旅に行ったらやっぱり屋台や下町のストリートフードは欠かせませんよね。

そしてもうひとつ!ストリートフードに欠かせないのはやっぱり「お・さ・け。お酒」ですね!

 

先ほどお茶をいただいたバーカウンターは、夜になったらバーテンダーさんが登場!

せっかくなのでオリジナルのカクテルを、と頼んだのはこちら!

人気のカクテル「モヒート」にパクチーをたっぷり加えた「パクチーモヒート」

昔は食べられなかったパクチーですが、大人になってからは大好物。

もりもりのパクチーテイストがうれしい、爽やかなカクテルです。

 

本日の相棒が頼んだのはマティーニ に自家製オイルを浮かべた 「アロマティーニ 」

う~ん、おしゃれな組み合わせ。

それではチョンゲーオ(乾杯)!

どちらも夏にぴったりの美味しさで、食欲をかきたててくれますね。

 

さあ、それではタイ料理たちをいただきましょう~!

 

まずはタイ風の焼鳥や唐揚げなどの、まさにストリートフードメニューが続々登場!

 

スパイシーだけど甘い味付けがタイらしくて最高!

パクチーモヒートおかわりいっちゃいます 笑

 

そして真打!カレーの登場です。

レッドカレーはポークたっぷり。

見た目ほど辛くはなくてエキゾチックな旨みがたっぷり。

そして何よりタイ米との相性が抜群ですよね。

 

続いて登場はグリーンカレー。

レッドカレーよりこちらの方が断然辛い!でもウマイ!!

見た目じゃわからない辛さのテンション!それもまた旅の面白さです。

 

口の中がホットになりすぎたら、安心してください。

デザートもありますよ。

そうそう、甘~いココナッツアイスともち米を一緒に食べるのがタイスタイルでしたね!

これもまた美味しい~!

 

まさに京都に現れた「小さなバンコク」を満喫できました。

この日はマッサマンカレーやトムヤムクンを食べられてなかったので、次回訪問した時は絶対頼んでみたいと思います!

 

昼間は京都を感じるアクティビティを、そして夜は本場のタイ料理を満喫できるホテル「ASAI京都四条」。

他にはない、ライフスタイル提案型のホテルステイを、ぜひ体験してみてくださいね!

スポット情報

店舗・施設名 ASAI京都四条
住所 京都市下京区松原通烏丸東入俊成町 444
交通 京都市営地下鉄「五条」駅下車徒歩約5分
ホームページ https://www.instagram.com/asaikyotoshijo/

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

「京のかがやき2024―新・京都歴史絵巻―」【南座】

【その他イベント】

「京のかがやき2024―新・京都歴史絵巻―」【南座】
2024/02/24まで

第18回ピアノコンサート【京都堀川音楽高校音楽ホール】

【演奏会・音楽ライブ】

第18回ピアノコンサート【京都堀川音楽高校音楽ホール】
2024/02/24まで

鹿の劇場2024 ー音と言葉がめぐるたび【ヒューリックホール京都】

【その他イベント】【演奏会・音楽ライブ】

鹿の劇場2024 ー音と言葉がめぐるたび【ヒューリックホール京都】
2024/02/24まで
イベントを探す
深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる