DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-【美術館「えき」KYOTO】

2024/04/06 ~ 2024/05/19

Junji Takasago Photo Exhibition -Voices of our planet-

 

世界中の国々を訪れ、地球そのものをフィールドに活躍する写真家・高砂淳二(1962-)。
神秘的な海の中、遠く広がる大地、果てしない空、そこに息づく生物たちに出会う旅を続けています。
そして38年にわたり、カメラを通して自然が内包する不思議な世界を見つめていく中で、高砂氏はこう考えるようになったと言います。

「僕ら人間も他の様々な生き物同様に地球を構成する一つの大事な細胞として、今を生きている。
それぞれの生き物がピースのように絡み合って一つの地球という生命を成り立たせている。」

本展は、「海の声」「大地の声」「空の声」の3部で構成し、約100点の写真作品により地球の生きる姿を多角的に展覧します。地球温暖化等さまざまな環境問題を抱えるわたしたちは、多様な作品群から、地球のどのような声を聴くことができるでしょうか。ぜひご覧ください。 ※本展は、スマートフォン・携帯電話に限り、会場内写真撮影が可能です。

 

Photographer Junji Takasago (1962-present) has been touring countries all over the world while designating the entire Earth as the field of his business. There is no end to his journey to encounter the mystical environments under the sea, the vast sprawling land, the infinite sky, and the creatures inhabiting all those areas. Peering into the mysterious worlds embraced in nature through his camera for 38 years, Mr. Takasago states an idea has come to his mind:
“We, humanity, are living in the present as one of the important cells constituting the Earth like various other living creatures. Respective living creatures are intertwined with one another as pieces to make the Earth, a single life, possible.”
This exhibition is comprised of the three sectors of “Voices of Sea,” “Voices of Land,” and “Voices of Sky,” featuring about 80 photography works to portray the Earth as a living body from a range of aspects. What kind of voice of the Earth can we hear from a trove of photos, now that we are facing various environmental issues, such as global warming, these days? We hope you all enjoy this great opportunity.

高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-【美術館「えき」KYOTO】
バオバブ/マダガスカル ©Junji Takasago

  • 高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-【美術館「えき」KYOTO】
    ハイイログマ/カナダ ©Junji Takasago
  • 高砂淳二写真展 -この惑星(ほし)の声を聴く-【美術館「えき」KYOTO】
    ジェンツーペンギン/フォークランド ©Junji Takasago

イベント詳細

会場 美術館「えき」KYOTO(JR京都駅・ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
日時 2024年4月6日(土)~5月19日(日) 10:00~19:30
※入館締切 閉館30分前
住所 京都市下京区東塩小路町 京都拉麺小路
交通 各線「京都」駅下車すぐ
料金 一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)

※()内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。
※高・大学生の方は学生証をご提示ください。

前売券
【販売期間】2024年2月17日(土)~2024年4月5日(金)
【販売場所】美術館チケット窓口(休館日を除く)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード994-666)、ローソンチケット(Lコード53559)
お問合せ先 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹・大代表)
075-352-1111
ホームページ

https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_2404.html

補足情報

【関連イベント】
<高砂淳二 ギャラリー・トーク> 会場:美術館「えき」KYOTO
マイクを使用し、会場内を移動しながら作品についてお話しします。(各回約30分を予定)
ギャラリー・トーク終了後に、写真集をお買いあげの方にサインをいたします。
■日時:4月6日(土)のみ10:30から
4月13日(土)・14日(日)・27日(土)・28日(日)/各日(1日2回)①11:00から ②15:00から

※事前申込不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベントが変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

 

■Museum「EKi」KYOTO (Kyoto Station Building 7th Floor)
■Exhibition dates: Saturday, April 6th. 2024 to Sunday, May 19th, 2024 (open every day)
■Opening Times: 10:00 am to 7:30 pm (latest entry 7:00 pm)
■Entry fee (tax incl.): General 1000 yen (800 yen), high school and university students 800 yen (600 yen) *Present your student ID, junior high school and elementary school students 600 yen (400 yen).
Please note that prices indicated in brackets apply to advance purchase tickets.
■Advance purchase ticket sales dates: Saturday, February 17th. 2024 to Friday, April 5th. 2024
Advance tickets may be purchased at Museum「EKi」KYOTO, or through Ticket PIA(P-Code 994-666), Lawson Ticket(L-Code 53559) and other major ticket sellers.

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

深草いいトコ体感プロジェクト E-TOKO深草
世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる