おでかけ

2024.07.13 ~ 2024.08.18

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

シリーズ展「仏教の思想と文化」では、インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、日本の社会にも根づいていく約2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて紹介します。

今回の特集展示のテーマは「阿弥陀さん七変化!」。
阿弥陀如来は西方にある極楽浄土の教主で、浄土教の広がりとともにアジア各地で信仰されました。日本でも浄土真宗をはじめ様々な宗派で大切にされ、阿弥陀さんの姿をかたどった彫像や絵像、あるいは名号が、お寺やお堂の本尊として安置されてきました。
その一方、阿弥陀さんは多面的な信仰体系や教義のなかで、実にバラエティ豊かに姿を変える仏でもあります。本特集では、滋賀県東近江市・梵釈寺の宝冠阿弥陀如来坐像(重要文化財、平安時代前期)をはじめ、多彩に変身する阿弥陀さんの造形をご紹介します。知ってるようで知らない、まだ出会ったことのない阿弥陀さんをご堪能ください。

関連イベント
ギャラリートーク
展示室で作品の見どころを学芸員が解説します。
日時 7月27日(土)、8月3日(土) 13:30~14:00
事前申し込み不要/聴講無料/当日の観覧券必要

体験プログラム 「やってみよう、江戸時代のすごろく!」
サイコロを3つ用いるなど、ちょっとかわった江戸時代のすごろく。ご家族、お友だちでどうぞお楽しみください!
日時 会期中の開館日・時間にご自由にお楽しみいただけます。
7月20日(土)、8月10日(土)14時~14時30分は学芸員による特別レクチャーもあります!
会場 龍谷ミュージアム地下1階エントランスホール
事前申し込み不要/参加無料/観覧券不要

  • 重要文化財 木造 宝冠阿弥陀如来坐像 平安時代前期 滋賀・梵釈寺 画像提供:栗東歴史民俗博物館重要文化財 木造 宝冠阿弥陀如来坐像 平安時代前期 滋賀・梵釈寺 画像提供:栗東歴史民俗博物館
  • 阿弥陀三尊像 張思恭筆 中国・南宋時代 京都・永観堂禅林寺阿弥陀三尊像 張思恭筆 中国・南宋時代 京都・永観堂禅林寺
Information
会場 龍谷大学 龍谷ミュージアム
日時 2024年7月13日(土)~8月18日(日) 10:00 ~ 17:00 ※入館は16:30まで
住所 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
交通 JR・近鉄・地下鉄烏丸線「京都駅」から徒歩約12分
京都市バス9・28・75系統「西本願寺前」下車、徒歩約2分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 一般 550(450)円
シニア 450(350)円
大学生 400(300)円
高校生 300(200)円

※( )は前売り・20名以上の団体料金
【前売り券取り扱い】 2024年6月5日(水)~ 7月12日(金)
龍谷ミュージアムHPで販売
(下記、予約フォームより購入できます)
※中学生以下:無料
※障がい者手帳等の交付を受けている方及びその介護者1名:無料
(手帳またはミライロIDを受付にてご提示ください)
※シニアは65歳以上の方
お問合せ先 龍谷大学 龍谷ミュージアム 075-351-2500
ホームページ

https://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/2024/series_14/

補足情報

休館日:月曜日(ただし、7月15日(月)、8月12日(月)は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)

  • 公式LINE
  • 公式Facebook
  • 公式X
SCROLL TOP
pagetop