DIGISTYLE KYOTO

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!

Translate this page :

一覧へ戻る >

エイジングビーフで新しい風を! 大石橋の「KOLEKSI(コレクシー)」は暖かな南国風のパラダイス!

2017/12/09

こんにちは! 藤松です。
寒くなってきましたね。
私もインフルエンザに負けないよう、師走の京都を走っています!

 

今日は弊社、「株式会社ふじまつ」と同じく南区にオープンした新店、KOLEKSI(コレクシー)にやってきました。
「Dining & Bar KOLEKSI」は11月28日オープン。
できたて、ほやほやの新店です!!

 

ロケーションは京都駅の南側、大石橋交差点の南西。
建物の2階なので少し分かりづらいかもしれませんが、上の写真を頼りに、この階段をあがってください。

 

するとブラウンのドアがお出迎え。
以前の業態がラウンジだったため、エントランスがドア1枚なのは変わりませんが…。

一歩中に入ると、店長、久世さんがお出迎え。
「開店おめでとう! いいねえ、ハワイ風!!」

「社長、これバリ風ですやん! ほら、この椅子の雰囲気とか」

「あっ。ごめん…」

 

そう。
オーナーたっての希望でバリ風に全面改装された店内は、小上がりものんびりした南国風。テーブルやカウンターの席も、かなりゆったりしています。
ここに来たら心からくつろいでほしいというオーナーの思いから、こんなスタイルになりました。

店名のKOLEKSI(コレクシー)はインドネシア語で“コレクション”の意味。
“集める”に掛けて、お客さまに「集まってきてほしい」という願いを込めています。

 

さて今日も市内を駆け回っていてお腹が空いています。
「で、どんな料理が人気なの?」
「魚です」

「名刺 、コレクシーの下は“エイジングビーフ&ハンバーグ”って書いてあるけど!?」

「わたし、魚屋出身なもので…」

中央卸市場の魚屋から飲食業界に転身した久世店長、魚のさばきはお手の物。
ですがこのエリアで“新たな肉”旋風を巻き起こすべくオーナーとも検討。
その結果、エイジングビーフとハンバーグを看板に掲げました。

 

「でも一皿目はこんなので…」
と出てきたのは「京都べっぴんトマトのカプレーゼ」。

名前、めっちゃ可愛いのに、トマトは1個づかいだし、カプレーゼの盛りも男前です。

 

よし! じゃ私も新規オープンと師走にあやかって、景気よくシャンパンを開けましょう!
いただいた“マム”は“モエ”よりややあっさりめの、魚や野菜とも相性のよいシャンパンです。

 

京都の嵯峨野で作っているこのトマト、正式名は「京のべっぴん甘恋トマト」と言います。
オッサンが口にするのは少々気恥ずかしいお名前ですが、ぶっちゃけ、

うまい!

あっさりした甘みのトマトは、モッツァレッラチーズとベストマッチ!
“マム”がすいすい喉を通ります。

 

そして続いては…。
「ぷりぷりエビとホタテのアヒージョです」
うん、エビはプリプリ、ムチムチとなかなかの弾力です!
しかも一尾がかなり食べ応えのあるボリューム。

「“天使のエビ”ってのを使ってます」

思わずシャンパンを吹きそうになりました。
「なんでいちいち、そんな可愛い名前なん…」
思わずツッコみたくなりますが、こちらもシャンパンがすすみます。
カプレーゼ同様、可愛らしい名前と真逆の、食べ応えたっぷりのエビでした。

 

さあ、だんだんエンジンかかってきました。
続いてはどんなものかと楽しみにしていると…。

 

「マグロとアボカドのタルタルです」

キレイに詰められ、エッジの美しいアボカドとマグロ。
「ソースは造り醤油です。出汁から手作りしました」
それは楽しみ! お出汁は日本の宝ですから。
ではお酒も、鉄板白ワイン、シャブリに替えるといたしましょう。
定番ですが、やはり魚介によく合う辛口の白です。

 

「うまい! 久世さん魚屋みたい」
「もと魚屋ですから…」

 

マグロと、アボカドの甘みが、
造り醤油でうまーくまとまります。これはワサビはいらないね。

 

久世さんとの掛け合いを楽しみながら、これからコレクシーをどんな店にしたいかも聞きました。

「このエリアでいろんな方に集っていただける店にしたいです」

「この辺りは焼肉や鉄板焼きが多いんですが、そのなかでエイジングビーフやハンバーグはちょっと変わり種。切り口の違う肉の食べ方を提案したいです」

 

「いまはどんなお客さまが多いの?」
「いまは地元の方が多いですね。ヨコの絆が強いエリアなので、お客さんがあっちもこっちも知り合いってこともあるくらいで…(笑)」

 

でもこれだけ料理がいいと、クチコミで次々つながっていきそうです。
「さて続いては…」

 

「お待たせしました。“熟成リブロースのステーキ 450グラム”です」

きたー!!!

さすが450gともなりますと、迫力もあります。
こちらがお待ちかねのエイジングビーフ!
コレクシーさんイチオシですが、しかし量はすごい! 厚みも立派!

 

「結構みなさん、食べますよ。ぺろりと」
久世さん、さらっと言いますが、やはりだんだん肉はキツくなる…。

 

ではいざ入刀!

やわらかい!!

「これって一枚の中にいろんな肉質があって、食べ飽きしないんです」

 

確かにしっかりした赤身、やや脂の乗ったところなど1枚のステーキにいろんな味わいがあります。
これに合わせたのはやっぱり赤ワイン。

 

スペインの“EL PICARO わんぱく小僧”という名のオーガニックワインです。

 

「ここでワインも流行らせたいんです。ビールやハイボール以外の、新しい選択肢として」
誰もが好むビールやハイボールですが、ここはひとつ、
新たな風をコレクシーから吹かせたいと久世さんは語ります。

 

「うん、おいしい。熟成肉に合う!」

 

熟成肉、赤ワイン、の旨いループにハマっているうちに…。

「食べきったわ」

気付けば450gをぺろっといただいていました。
久々に熟成肉の旨さを堪能したひと皿でしたが、これは危険!(笑)
450グラム、食べてしまいますやん!!

目下の久世さんの悩みは、店を一人で切り盛りしていること。
ランチ営業の予定もあるのですが、厨房と店、両方切り盛りするにはパートナーなしでは回りません。
「だれか、いい方がいたら」
ということで、おいしいお肉のまかない付きで、コレクシーではアルバイトを大募集中。
気になった方は、ぜひお店に連絡を。

 

「コースも用意したいんですけれど、いまのところ一人なので…」
と、こちらもなかなか切実な様子。
現在、正式なコースメニューはないのですが、ご予算をご相談いただければコースも考えてくれるそうです。
そのほかにも「できる限り、お客さまのオーダーに応えたい」と久世店長。
客としてはそう言われるとワガママも言いたくなりますが、そこは、ほどほどに。(笑)

スポット情報

店舗名 KOLEKSI(コレクシー)
住所 京都市南区東九条中御霊町51-1 リンツ大石橋2階
電話番号 075-692-3000
営業時間 17:30~ラストまで 
※不定休
交通 京都市バス「大石橋」 下車すぐ

地図

このページのURLをコピーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

@DigistyleKyotoをフォロー

ライター紹介

酒屋の社長がどこよりも早く教える!京都新店速報!一覧

藤松幸一

ライター:藤松幸一

南区の業務用酒販店・株式会社ふじまつの社長。 美味しい料理とお酒大好きな1975年生まれ。 『飲食店のトータルサポート』 をテーマに、ただ売るだけでなくお客様がご繁盛して頂ける環境づくりをお手伝います。 面白おかしく、たまには真面目に素敵なお店情報をお届けします。

▼最近書いた記事

京マガジンTOP ライター一覧

タグで探す京マガジン

京イベント/TODAY'S EVENT本日開催のイベント/

大覚寺 宵弘法

【年中行事】

大覚寺 宵弘法
2018/08/20まで

写真展「なでしこ」

【展覧会】

写真展「なでしこ」
2018/08/21まで

ジェイアール京都伊勢丹 「めんそ~れ~大沖縄展」

【グルメ・酒】

ジェイアール京都伊勢丹 「めんそ~れ~大沖縄展」
2018/08/20まで
イベントを探す

RECOMMENDおすすめイベント

六道珍皇寺 精霊迎え 「六道まいり」

六道珍皇寺 精霊迎え 「六道まいり」
【終了しました】
2018/08/07 ~ 2018/08/10

京都 五山の送り火

京都 五山の送り火
【終了しました】
2018/08/16 ~ 2018/08/16

納涼古本まつり

納涼古本まつり
【終了しました】
2018/08/11 ~ 2018/08/16

フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展

フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
2018/05/03 ~ 2019/02/28

デジスタイル京都

閉じる