DIGISTYLE KYOTO

KYOTO EVENTS京都イベント情報「京イベント」

Translate this page :

京都のイベント情報TOPへ戻る >

※新型コロナウイルス感染拡予防の観点等でイベントが中止や延期・開催時間が変更になっている場合があります。事前に公式サイトなどでご確認ください。

京都国立近代美術館 分離派建築会100年 建築は芸術か?

2021/01/06 ~ 2021/03/07

大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいた。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会。1920(大正9)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、1928(昭和3)年まで作品展と出版活動を展開した。
2020年で結成から100年。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返る。分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か。日本近代建築の歩みのなかで果たした彼らの役割を、新たな光のもとに明らかにしていく。

京都国立近代美術館 分離派建築会100年 建築は芸術か?
森田慶一 京都帝国大学楽友会館 1925(大正14)年 撮影:2020(令和2)年、若林勇人

  • 京都国立近代美術館 分離派建築会100年 建築は芸術か?
    平和記念東京博覧会全景図 1922(大正11)年 個人蔵
  • 京都国立近代美術館 分離派建築会100年 建築は芸術か?
    後藤慶二 辰野博士作物集図 1916(大正5)年 辰野家

イベント詳細

会場 京都国立近代美術館(岡崎公園内)
日時 2021/1/6(水)~3/7(日)※会期中に一部展示替えがあり 9:30~17:00 金曜日、土曜日は20:00まで開館 (入館は閉館の30分前まで) *新型コロナウィルス感染拡大防止のため、開館時間は変更となる場合があります。来館前に最新情報をご確認ください。 休館日:月曜日、1月12日(火) ※1月11日(日・祝)は開館
住所 京都市左京区岡崎円勝寺町
交通 JR・近鉄~バスをご利用の方
JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
 市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
 市バス100番(急行)清水寺・銀閣寺行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急・京阪~バスをご利用の方
阪急「烏丸駅」・「京都河原町駅」、京阪「三条駅」から
市バス5番 銀閣寺・岩倉行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
阪急「烏丸駅」・「京都河原町駅」、京阪「祇園四条駅」から
 市バス46番 祗園・平安神宮行「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車
市バス他系統ご利用の方
 「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩約5分、または「東山二条・岡崎公園口」下車徒歩約10分
地下鉄ご利用の方
 地下鉄東西線「東山駅」下車徒歩約10分
駐車場 会場に駐車場はなし。 岡崎公園駐車場(地下)をご利用の有料入館者は駐車場の割引(1台1回)を受けられますので、駐車券をお持ちの上お越し下さい。
料金 一般1,500(1,300)円 大学生1,100(900)円 高校生600(400)円
※( )は前売り/20名以上の団体 
※中学生以下は無料*。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料*
※母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*
(*入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※ 前売り券は11月21日~1月5日までの期間限定販売
※ チケット販売所:チケットぴあ(Pコード:685-427)、ローソンチケット(Lコード:53827)、セブンチケット(セブンコード:086-791)ほか、主要プレイガイド、コンビニエンスストアなど (チケット購入時に手数料がかかる場合があります)
お問合せ先 京都国立近代美術館 075-761-4111
ホームページ

https://www.momak.go.jp/

補足情報

《関連イベント》

  • 過渡期の時代を考える
    シンポジウム「分離派建築会 ─ モダニズム建築への道程」

日時:2021年1月9日(土) 14時~16時30分

登壇者:田路貴浩(京都大学教授)、足立裕司(神戸大学名誉教授)、加藤耕一(東京大学教授)、梅宮弘光(神戸大学教授)

会場:京都国立近代美術館1階講堂+ウェブ配信

定員:講堂は先着50名・事前申込制(同館HPにて、12月1日より受付開始)

参加費:無料

お申し込み、またウェブでの配信の詳細につきましてはホームページでご案内いたします。

  • ことばの後ろに回り込む
    講演会「「ことば」をもった大正時代の建築家たち」

日時:2021年1月16日(土)午後2時~4時

講師:本橋仁(京都国立近代美術館 特定研究員)

会場:京都国立近代美術館1階講堂+ウェブ配信

定員:講堂は先着50名・事前申込制(同館HPにて、12月1日より受付開始)

参加費:無料

お申し込み、またウェブでの配信の詳細につきましてはホームページでご案内いたします。

  • いまの時代に再考する
    ネット連載「建築はホントに芸術か? 100年目のエスキース」

講評者:中村裕太(美術家)、小田原のどか(彫刻家)、大室佑介(建築家)

3人の作家とともに、関東平野のなかに分離派建築会の残欠を探す二日間の旅。
建築が芸術としてある道を模索した分離派建築会。いまの芸術家たちの目にどう写るか。
ネットでの連載企画。12月頃より当館ウェブサイトにて随時発信を予定。

  • 建築展を気楽に楽しむ
    「マンガで見る!分離派建築会の実録エピソード」

分離派建築会会員の出会いとエピソードをマンガで紹介致します。
当館ホームページで公開します。
制作=Y田Y子(漫画エッセイスト)

地図

このページのURLをコピーする

@DigistyleKyotoをフォロー

同じカテゴリのイベント京イベント

このイベントに関連する記事京マガジン

このイベントに関連する記事はありません

世界遺産 下鴨神社の森を守る 糺の森財団
Digistyle kyoto magazine

デジスタイル京都

閉じる